カール・ハインリヒ・グラウン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カール・ハインリヒ・グラウン
Carl Heinrich Graun
Carl Heinrich Graun.jpg
基本情報
出生 1704年5月7日
プロイセン王国の旗 プロイセン王国 ヴァーレンブリュック
死没 1759年8月8日(満55歳没)
プロイセン王国の旗 プロイセン王国 ベルリン
ジャンル クラシック音楽
職業 作曲家
声楽家

カール・ハインリヒ・グラウンCarl Heinrich Graun, 1704年5月7日 - 1759年8月8日)はドイツ人作曲家声楽家ハッセと並んで、イタリア・オペラの卓越した作曲家として同時代に知られていた。兄ヨハン・ゴットリープ・グラウン作曲家で、ヴァイオリンヴィルトゥオーソとしても知られた。

略歴[編集]

ドイツのヴァーレンブリュックに生まれる。ドレスデン宮廷歌劇場の合唱団に加わった後、ブラウンシュヴァイクに転居、オペラ団のために6つの歌劇を作曲した。1740年フリードリヒ大王が即位すると、グラウンはベルリン宮廷楽長に招かれ、没年までその地位に就いた。

グラウンは数多くの歌劇を作曲したが、中でもプロイセンフリードリヒ2世の台本による《モンテズマMontezuma1755年)は有名であるが、作曲者の死後にもドイツ語圏で人気のあった受難オラトリオ《イエスの死Der Tod Jesuを除いて(1755年)、こんにち演奏される楽曲はない。協奏曲トリオ・ソナタなども遺している。

グラウン兄弟は、後期バロック音楽から古典派音楽への過渡期に活躍した作曲家で、その作風は、ギャラント様式による繊細な表現、ひたすらな旋律美の追究など、18世紀中ごろのドイツにおける新しい音楽思潮を反映している。

作品[編集]

  • 『ロデリンダ』 (1741年)
  • 『シーザーとクレオパトラ』 (1742年)
  • 『アルタセルセ』 (1743年)
  • 『ミトリダーテ』 (1750年)
  • 『モンテズマ』 (1755年)
  • 『イエスの死』 (1755年)

外部リンク[編集]

参考文献[編集]

  • Graun, Carl Heinrich by E Eugene Helm, in 'The New Grove Dictionary of Opera', ed. Stanley Sadie (London, 1992) ISBN 0-333-73432-7