ジェームズ・ゴールドスミス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
James Goldsmith
ジェームス・ゴールドスミス
生誕 ジェームス・ミシェル・ゴールドスミス
1933年2月26日
フランスの旗 フランスパリ
死没 1997年7月18日(満64歳没)
スペインの旗 スペイン
死因
国籍 フランスの旗 フランスイギリスの旗 イギリス
民族 ユダヤ人
出身校 イートン校(中退)
職業 実業家投資家
宗教 カトリック
配偶者 下記参照
子供 下記参照
フランク・ゴールドスミス(父)
マルセル・モーリエ(母)
公式サイト
http://sirjamesgoldsmith.com/

ジェームス・ゴールドスミスJames Michael "Jimmy" Goldsmith1933年2月26日 - 1997年7月18日)は、フランス生まれで、フランスとイギリスの国籍を持つ実業家 、投資家である。 ユダヤ人であり、ロスチャイルド家の血縁である[1]

生い立ち[編集]

イギリス人ではあるが、第二次世界大戦前の1933年にフランスのパリで、ユダヤ人の実業家(高級ホテル群のオーナー)で国会議員でもあるフランク・ゴールドスミス英語版フランス人マルセル・モーリエの間に生まれた。祖父のアドルフ・ゴールドシュミット(GoldschmidtまたはGoldsmid)はドイツのフランクフルトの出身で、イギリスに渡ってからゴールドスミス(Goldsmith)と名乗った。 イギリスの名門校として知られるイートン校に進学したものの、1949年に退学する。

家族[編集]

3度の結婚歴がある。最初の妻はアンデスのロスチャイルドと呼ばれ、世界屈指の大富豪だったボリビアの鉱山王シモン・パティーニョの孫で、スペイン王家の親戚筋にあたる少女のマリア・イサベル・パティーニョと恋仲になるが、ユダヤ人であることを理由にパディーニョ家側に大反対され二人は駆け落ちをしたが、彼女は1954年に長女のイサベルを早産で出産した後に脳出血で急逝した。 その後に再婚した2度目の妻のジャネット・レイリーとの間には、長男と次女の2人をもうけた。

すでにビュート侯爵家に嫁いでいた第3代ロンドンベリー侯爵の娘アナベル・ヴェイン=テンペスト=ステュアート英語版とは長く不倫の関係にあり、1978年に2人は正式に結婚した。三女ジェマイマ英語版1974年生、ユネスコ大使)は、クリケット界のスーパースター で、現在はパキスタンの政治家であるイムラン・カーンと離婚後に、人気俳優のヒュー・グラントと婚約するなど(のち解消)、イギリスの社交界や芸能ゴシップ誌を騒がせる美人セレブとして有名な存在である。次男ザカリアス英語版1975年生、環境活動家から保守党の国会議員へ転身)は、シーシェパードへの最大級の寄付金を援助する支援者として知られている。三男ベンジャミン英語版1980年生、ファイナンシャー)はアナベルとの間の子供である。

1980年以降、ジェームズは愛人であるフランス貴族のロール・ブレイとアメリカのニューヨークへ移住。彼女との間にジェスロとシャルロットの二子をもうけた。亡くなるまで、ロールを公私ともに妻として扱っていた。

大富豪[編集]

親の資産を受け継ぎ数多くの企業を経営するほか、ニューヨークのウォール街やロンドンのシティーをまたにかけた投資家大富豪としても知られ、1986年アメリカタイヤメーカーであるグッドイヤーに対して行った買収劇、世界最大のタバコ会社にであるブリティッシュ・アメリカン・タバコの買収劇、フランスの雑誌「レクスプレスフランス語版」の買収、エッフェル塔の25%を買収など、自らが率いる投資会社による数多くの仕手戦で、その名が世界のビジネスマンの間で取りざたされた。 また、ヨーロッパ第3位の食品会社であるカヴェナム・フーズ英語版をまたたく間に創り上げ、アメリカの貴金属商のハンディー・ハーマンを動かし、イギリスのマーチャント・バンカーとして南アメリカに巨大な利権を持つハンブローズ銀行英語版をパートナーとしていた。 世界の富豪が脱税のために利用するカリブ海のケイマン諸島で、「ケイマン・アイランズ社」の社長として君臨した。1987年のウォール街「ブラックマンデー」の株価大暴落においても絶妙のタイミングで売りに出て莫大な利益を手にした。[1] アラブ・ブリヴェ銀行の経営者とは、30年来のビジネスパートナーであった。

また、ヨーロッパのみならず、世界を驚愕させた大スキャンダルであるバチカンの資金管理を行う銀行であったアンブロシアーノ銀行の頭取で、秘密結社「ロッジP2」の主要メンバーであったロベルト・カルヴィの暗殺事件においても関与が噂された。 ゴールドスミスの個人資産は、見えているだけで数千億になるが、それも氷山の一角であると言われている。 晩年は政治活動に力を置いたものの、1997年ににより64歳でスペイン病院で死去した。

発言[編集]

  • ジェームズが若いころ資金が苦しくなり、ある銀行家に金を借りに行ったところ、断られた言葉に対して「我が家は500年も銀行家をやってきた」と反論した。
  • 原子力産業との関わりが深いながら、なぜか原子力発電に反対し、フランスが原子力に猛進する様を「聖母マリアの顔に唾を吐く吐きかけるようなものだ」と語った。
  • 「私は、ユダヤ人に対するときはカトリックである。カトリックに対するときはユダヤ人である」と語った。[1]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c 広瀬隆 『赤い楯1』 集英社、1996年