シッコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シッコ Sicko
SiCKO
監督 マイケル・ムーア
脚本 マイケル・ムーア
製作 メーガン・オハラ
マイケル・ムーア
製作総指揮 キャスリーン・グリン
ボブ・ワインスタイン
ハーヴェイ・ワインスタイン
出演者 マイケル・ムーア
撮影 クリストフ・ヴィット
編集 クリストファー・スウォード
ダン・スウィエトリク
ジェフリー・リッチマン
配給 日本の旗 ギャガ
公開 フランスの旗 2007年5月19日(プレミア)
アメリカ合衆国の旗 2007年6月22日
日本の旗 2007年8月25日
上映時間 113分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

シッコ SiCKO』は、アメリカ合衆国医療制度とキューバなどの医療制度との対比を行った、医療問題をテーマとしたドキュメンタリー調の映画。なお「シッコ (sicko)」とは、「狂人」「変人」などを意味するスラングであり、「病気の」「病気にかかる」という意味の単語「シック(sick)」と掛けている。

監督は、社会問題を扱ったドキュメンタリー作品で物議を醸すマイケル・ムーア。アメリカでは2007年6月に公開、キューバでは「医療制度の描写が事実と異なる」為にカストロ政権により上映が禁止された[1]日本では「テロより怖い、医療問題」というキャッチコピーで同年8月25日より公開された。

概要[編集]

作品では、マイケル・ムーアがアメリカの医療制度の問題をWEBサイトで募り、実際に寄せられた話をもとにシュールコメディー調のドキュメンタリー展開される。

医療保険未加入者が約5,000万人に達し、また保険加入者に対しても、あらゆる手段を講じて保険金の支払拒否をおこない、利益を上げる営利主義一辺倒の医療保険会社製薬会社。それに癒着、取り込まれた政治家(アメリカではかつて民主党ヒラリー・クリントン議員がファーストレディとしての立場(当時)から公的医療皆保険制度の整備を求めたが、議会の反対により頓挫したことがある。医療保険制度改革 (アメリカ)を参照のこと)という構造を暴き、事実上、崩壊に瀕している状況のアメリカ医療制度に対して、イギリスフランスカナダキューバなどの医療制度と対比させ、保険会社に関係する女性医師からショッキングな告発があるなど、これまで公然と触れられることの少なかった米国医療の暗部を赤裸々に描き出している。また、本編とは別に、発売された映画DVDの特別編ではノルウェーでの取材の模様も収録されている。

作品中のマイケル・ムーアのスタンスは、よその国では当たり前のことが、「なぜアメリカができないのか」である。

作品中で示されているアメリカ医療制度の問題の実例[編集]

  • アメリカ合衆国ユニバーサルヘルスケア制度がない唯一の先進国である。民間の医療保険に入れない人がおよそ5000万人いる。貧困層でなくても、過去のわずかな疾患を緻密に探査され保険への加入を拒否されたり、保険金の支払いを拒否される人は多い。
  • 大多数の米国人はこの映画の中で、国民皆保険制度はソビエト型のような社会主義であるとしてアレルギーと恐怖を感じ、いざというときの状況に対する危機意識が低く、政治については無関心あるいは条件反射的な反応しかせず、相互扶助や弱者を助けようとする精神にも乏しいとされている(これはマイケル・ムーアの一貫したスタンスでもあり、華氏911ボウリング・フォー・コロンバインマイケル・ムーア in アホでマヌケな大統領選(出演作品)においても共通している)。この事は、国民皆保険制度があり、さらに医療費が無料のカナダイギリスフランスなどの国民の意識と対比され、危機意識については、ちょっとの旅行にも保険をかけていくカナダ在住のマイケル・ムーアの親戚の事例も対比として示される。
  • 医療費が払えず病院にかかれないので、自分で傷口を縫う人。
  • 仕事中に誤って指を二本切断。指をくっつける手術費用が薬指は12,000USドル、中指なら60,000USドルと言われ、中指は諦めざるを得なかった人。
  • 医療費があまりに高額で家を売りに出し、こどもたちの家に世話になり静かな諍いが起こる老婦人。
  • 高齢であってもなお、自分の医療費を払うために働かざるを得ない老人。
  • 交通事故により病院に運ばれ一命を取り留め、保険会社に保険金を支払ってもらおうと連絡したら、当時は意識不明の重態であったにもかかわらず「救急車が使用される場合には、事前に連絡が無ければ保険は適用されない」と言われた人(ちなみにアメリカでは、救急隊を派遣させるだけでも日本円にして数万円単位の請求が来る。救急隊は日本のような消防所属ではなく、独立した機関)。
  • 複数の医師からなる病院の医療チームが「この検査と手術が必要」と言っているにもかかわらず、保険会社はそんな検査や手術は必要ないとして保険金の支払いを拒否し、結果として治療を受けられずに亡くなった人。
  • 上記の例のように医師が必要と判断している治療への保険金の支払いを拒否していた保険会社に、「マイケル・ムーアが映画のために、このことについて社長へのインタビューを要求している」という嘘の手紙を、マイケル・ムーア本人には知らせずに出して、即座に保険金の支払いが認められた人。
  • 保険金の支払いを(相手の命に関わる場合であっても)徹底的に減らそうとする保険会社のエージェント。
  • 貧困層向けの医療保険制度メディケイド(medicaid)やHMOによる治療において、治療費用が安く済めばボーナスをもらえるので、患者が検査を受けないかもしれないことを見計らって、わざと遠方の病院を検査のために指定する医師。
  • 医療費の支出を抑えるため、命に関わる場合であっても十分な検査治療を認めないことに同意し、それによって多額の献金を得て昇進した医師の、議会における証言。
  • 複数骨折をしているのに入院治療費が払えずに病院を強制的に追い出され、車で貧民街まで運ばれて路上に放り捨てられる女性の患者。
  • 議会における医療・保険業界との癒着や寄付金の実態。
  • ヒラリー・クリントンがすすめていた国民皆保険制度が頓挫したのは医療・保険業界の献金を受けた共和党の反対によるという疑惑。
  • ニクソン大統領の、医療保険に関する会話の盗聴テープ。ニクソン大統領の「健康保険制度になど興味は無い」という主旨の発言に対して、「民間の保険会社だからお金になる」と述べる側近。それに「悪くない」と応じるニクソン大統領。
  • 9.11のとき、瓦礫(がれき)の山を取り除く救援作業にボランティアとして参加したが、その影響で肺を悪くし、多額の医療費がかかるようになってしまった人。米政府はそういうボランティアには治療費を全額出すと明言しているが、それを示す証拠や条件が厳しすぎて、払ってもらえていない人も大勢いる。この事例は映画の中で、手厚い医療看護を受けるテロリスト容疑者達や、キューバの医療福祉制度と強く対比される。「9.11の英雄」であるそのボランティアが、アメリカで苦労しながら多額のお金を出して買っていた薬は、発展途上国であるはずのキューバでは…。

反響[編集]

2007年のカンヌ国際映画祭では特別招待上映された。撮影のため米国政府に申請の上キューバを訪問したが、米国財務省が同申請書の渡航目的記載に問題があるとして調査し、カンヌでの上映直前に同省から通告書を受け取ったことを記者会見の席で明らかにしていた。ムーアはこれをブッシュ政権の妨害行為と断じ、フィルムを没収されないように、カナダに隠したとも言及した。

アメリカでの公開では、ドキュメンタリー史上第2位の動員を得た。同時期に公開された「ダイ・ハード4.0」を上回る数字であったこともあり、直後に200館での拡大上映となった。

キューバでの上映禁止[編集]

キューバの医師達を対象に上映したところ、キューバの医療制度をあからさまに歪めた描写に困惑して席を立った者もいたという。映画内で描写されている医療サービスを受けるためには病院経営陣へのコネもしくは賄賂が必要であり、劣悪な医療サービスしか受けられない一般国民の怒りを買うことを避けるためにカストロ政権は公開を禁止した[2]。(このguradianの記事には後日訂正記事…そのURLは元記事中にあり…が同じくguradianにより発表されている。)

日本での上映[編集]

海外での反響と比較して、日本での反響は少なく、マスコミでの報道も皆無に等しい状態であった[要出典]。一部の医師会での自主的な上映会なども行われた。また題名も<シッコ>と排尿を連想するような判りにくいものだったことも影響した[要出典]。(sickoの発音はむしろ「スィコウ」に近い)

シッコのDVDは、日本では2008年4月4日に発売された。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]