キャピタリズム〜マネーは踊る〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キャピタリズム〜マネーは踊る〜
Capitalism: A Love Story
監督 マイケル・ムーア
脚本 マイケル・ムーア
製作 マイケル・ムーア
アン・ムーア
製作総指揮 キャスリーン・グリン
ボブ・ワインスタイン
ハーヴェイ・ワインスタイン
音楽 ジェフ・ギブス
撮影 ダニエル・マラシーノ
ジェイミー・ロイ
編集 ジョン・ウォルター
コナー・オニール
パブロ・プロエンザ
T・ウディ・リッチマン
アレックス・メリアー
タニア・メリアー
ジェリカ・ブルネット
配給 日本の旗 ショウゲート
公開 アメリカ合衆国の旗 2009年9月23日 (限定)
アメリカ合衆国の旗 2009年10月2日 (拡大)
日本の旗 2009年12月5日 (限定)
日本の旗 2010年1月9日 (拡大)
上映時間 120分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $17,436,509[1]
テンプレートを表示

キャピタリズム〜マネーは踊る〜』(原題:Capitalism: A Love Story)は、2009年アメリカ映画

概要[編集]

ボウリング・フォー・コロンバイン』、『華氏911』などのドキュメンタリー映画を監督していることで知られるマイケル・ムーアが、資本主義経済に切り込んだ作品である。

2009年11月23日日本で行われた試写会では、来場者に「定額給付金」と称して現金を配った。

スタッフ[編集]

  • 監督/製作/脚本:マイケル・ムーア
  • 録音:フランシスコ・デ・ラ・トレ、マーク・ロイ、ヒラリー・スチュワート

キャスト[編集]

  • マイケル・ムーア(本人)

吹き替え[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Capitalism: A Love Story (2009)”. Box Office Mojo. 2010年3月25日閲覧。

外部リンク[編集]