サボテン・ブラザーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サボテン・ブラザース
¡Three Amigos!
監督 ジョン・ランディス
脚本 ローン・マイケルズ
ランディ・ニューマン
スティーヴ・マーティン
製作 ローン・マイケルズ
ジョージ・フォルシー・Jr
製作総指揮 スティーヴ・マーティン
出演者 スティーヴ・マーティン
チェビー・チェイス
マーティン・ショート
音楽 エルマー・バーンスタイン
撮影 ロナルド・W・ブラウン
編集 マルコム・キャンベル
配給 ワーナー・ブラザーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 1986年12月12日
日本の旗 1987年4月11日
上映時間 105分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $25,000,000
興行収入 $39,246,734[1]
テンプレートを表示

サボテン・ブラザース』(原題:¡Three Amigos!)は、ジョン・ランディス監督、スティーヴ・マーティンチェビー・チェイスマーティン・ショート主演の1986年公開のアメリカ映画

ストーリー[編集]

無声映画の時代であった1916年ハリウッドでは西部劇のヒーロー「スリーアミーゴス(サボテン・ブラザーズ)」役の俳優3人組が映画会社に対して給料の増額を求めたところ、スタジオの社長によってクビにされた。同じ頃、エル・アポ率いる盗賊集団に襲われているメキシコの小さな村では用心棒を募るため、村長の娘カルメンを町へ送り出したが、彼女が町で西部劇映画『スリーアミーゴス』シリーズの一本を見て実在の英雄の活躍を記録した映像と勘違いし、ハリウッドに住むスリーアミーゴスへの救いを求める電報を打った。

この電報を受け取った3人は、(カルメンが電報代を満額払えず内容が大幅に省略されてしまったため)エル・アポを共演者とする映画の撮影のためメキシコへ来てほしいという招待状と勘違いした。3人は衣裳を映画会社の倉庫から奪ってメキシコに赴くが、村に着いた3人は、武装した本物の危険な悪党に立ち向かうことになる。『七人の侍』や『荒野の七人』の舞台設定を借りたコメディ映画である。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
DVD テレビ東京
ラッキー・デー スティーヴ・マーティン 羽佐間道夫 田中信夫
ダスティ・ボトムズ チェビー・チェイス 大川透 田原アルノ
ネッド・ネーダランダー マーティン・ショート 高木渉 堀内賢雄
カルメン パトリス・マルティネス 日野由利加
エル・アポ アルフォンソ・アラウ
ドイツ人 カイ・ウルフ
ハリー ジョー・マンテーニャ
モーティ ジョン・ロヴィッツ 星野充昭

   

評価[編集]

脚本家の三谷幸喜は、「私が今まで見た映画のなかで、一番感銘を受けた作品は『サボテン・ブラザーズ』である」[2]と、コメントしている。テレビドラマ『合い言葉は勇気』(2000年フジテレビ系)では、"売れない役者が、最初は意図をしないが、弱い住民のために、勇気をふるって戦う”という本作品のプロット (物語)を用い、オマージュを捧げた。また、『踊る大捜査線』シリーズで、北村総一朗小野武彦斉藤暁が演じるスリー・アミーゴスは本作が元ネタとなっている。

脚注[編集]

  1. ^ Three Amigos (1986)” (英語). Box Office Mojo. 2010年2月18日閲覧。
  2. ^ 2000年7月6日放送:『合言葉は勇気番宣SP』内

外部リンク[編集]