コスビー・ショー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
The Cosby Show
Cosby Show - Logo.png
番組ロゴ
フォーマット シットコム
製作者 Ed. Weinberger
Michael Leeson
Bill Cosby
主題曲作者 Stu Gardner &
Bill Cosby
オープニングテーマ "Kiss Me"
エンディングテーマ "Kiss Me" (instrumental)
United States
言語 English
シーズン数 8
話数 197
製作
製作総指揮 Marcy Carsey
Tom Werner
Bernie Kukoff (season 7)
Janet Leahy (season 8)
製作場所 ブルックリン (設定)
Kaufman-Astoria Studios,
New York City (収録)
撮影体制 ビデオテープ; マルチカメラ
放送時間 24–25 minutes (1984–1988)
23–24 minutes (1988–1991)
22–23 minutes (1991–1992)
製作会社 Carsey-Werner Productions
バイアコム・プロダクション
放送
放送局 NBC
映像 NTSC (480i)
放送期間 1984年9月20日 – 1992年4月30日
現況 Ended
年表
関連番組 A Different World (1987–1993)

コスビー・ショー (The Cosby Show)は1984年9月20日から1992年4月30日の8年間アメリカ合衆国NBCで放送されていたビル・コスビー主演のシチュエーション・コメディのテレビ番組である。ニューヨークブルックリン区に住む裕福なアフリカン・アメリカンのハクスタブル一家の物語。

『TVガイド』誌は「1980年代に最もヒットし、単独でシットコムのジャンルとNBCを立て直した」と語った。元々はABCで放送される予定だったが取りやめられた。『エンターテインメント・ウィークリー』誌は「『In Living Color』から『The Fresh Prince of Bel-Air』までの黒人中心の様々な番組が作られる礎となった」と語った。『コスビー・ショー』はビル・コスビー自身の子育て経験をヒントに制作された。この制作方法は『Home Improvement』や『HEY!レイモンド』などに引き継がれた。1987年から1993年の6年間、スピンオフA Different World』が放送された。

2011年、『The Jeffersons』、『Family Matters』に次いで黒人主要キャストで3番目に長いアメリカのコメディ番組として認められた。このシリーズは197エピソード(放送201回分)制作された。

歴史[編集]

1980年代初頭、ABC幹部マーシー・カーシーとトム・ワーナーは自身の制作会社設立のため退社した。彼らはABCでは『Mork & Mindy』、『Three's Company』、『Welcome Back, Kotter』などを制作した。

二人は駆け出しの会社で、売るためのシットコムの制作を決め、名のある俳優の起用を検討した。1970年代にシットコム2作品を失敗していたビル・コスビーはスタンダップ・コメディのアルバムの賞を獲得し、1980年代初頭は活動が控えめだった。

コスビーは他にアニメ・シリーズ『Fat Albert and the Cosby Kids』を制作したり映画やテレビに端役で出演したりしていた。カーシーとワーナーは『Bill Cosby: Himself』を見ており、コスビーのファンであったため、コスビーの身の回りのネタで番組制作を決意した。

会議後、コスビーはリムジン運転手のブルーカラーの家庭で、専業主婦と二人の息子、二人の娘がいる設定のアイデアを持ってきた。

しかし後にコスビーは父が医師で母は弁護士の裕福な家庭、という前回と違うアイデアを持ってカーシーとワーナーを説得した。裕福であることから物事が有利に運んだり色々なことに挑戦できたり、またコスビーのコメディセンスも活かされた番組作りとなった。

NBCのオリジナル放送で『227』(1985年~1990年)、『Amen』(1986年~1991年)、『コスビー・ショー』のスピン・オフ『A Different World』(1987年~1993年)、『The Fresh Prince of Bel-Air』(1990年~1996年)と並び、アフリカン・アメリカン主要キャストによる最も成功した5作品の1つとされている。

概要[編集]

ニューヨーク市、ブルックリン・ハイツ、スティグウッド大通り10番地にある、ブラウンストーンの建物に暮らす、裕福なアフリカン・アメリカンの家庭、ハクスタブル一家の話である。家長は著名なジャズ・トロンボーン奏者の息子で産婦人科医のヒースクリフ"クリフ"ハクスタブル。その妻は弁護士のクレア・ハクスタブル(旧姓ハンクス)。夫婦には4人娘と1人息子で5人の子供、サンドラ、デニス、テオドア(通称テオ)、ヴァネッサ、ルディがいる。コスビーの実の息子の失読症のエニスをモデルにしたテオの学習障害、デニスの友達(レラ・ローション)が十代で妊娠したことを扱うなど、コメディの割りにシリアスな内容も時々扱っていた。

コスビーはこの番組で高いレベルの制作能力を発揮していた。彼は番組を自身の体験をもとに教育的に作りたかった。多くの番組が制作されたロサンゼルスではなくニューヨークで制作された。ハクスタブル家の外観はマンハッタン区グリニッジ・ヴィレッジ7番街近く、セント・ルーク・プレイス10番地で撮影された。

初期のエピソードはNBCのブルックリン・スタジオ(現在JCスタジオ所有)で収録された。そのビルが売却されたためクイーンズ区のカウフマン・アストリア・スタジオへ移動した。

キャストや登場人物は主にアフリカ系アメリカ人だが『The Jeffersons』など他のシットコムに比べて人種を問題にしたエピソードは少ない。しかし公民権運動のようなテーマやジェイコブ・ローレンスマイルス・デイヴィスジェームス・ブラウンスティーヴィー・ワンダーマイケル・ジャクソンレナ・ホーンデューク・エリントンディジー・ガレスピーミリアム・マケバのようなアフリカ文化やアフリカ系アメリカ人芸術家や音楽家がゲスト出演したりした。スピンオフの『A Different World』ではより人種問題を扱っている。

人種問題が絡んだ1992年のロス暴動のさなかに最終回が放送され、コスビーは番組中で平和を願った。

キャスト[編集]

エピソード[編集]

『コスビー・ショー』のパイロット版は第1シーズン第1話にそのまま使用されたが、他のエピソードとは違いがある。

パイロット版ではハクスタブル家には4人しか子供がなかったがその後のエピソードでは第6話に長女サンドラ(サブリナ・ルブーフ)の話題が出て第10話に初登場した。ビル・コスビーが子供の大学卒業というエピソードを表したかったために追加されたキャラクターである。ホイットニー・ヒューストンもこのサンドラ役の候補にあがっていた。サブリナ・ルブーフ(1958年生まれ)は母親役のフィリシア・ラシャド(1948年生まれ)と10歳しか違わなかったため役を逃しかけた。

ビル・コスビーの役はハクスタブル邸の表札によると第1シーズンの始めの頃は『クリフォード』と呼ばれていたが、のちに『ヒースクリフ』と変更された。また、テオはダイニング・ルームのシーンでヴァネッサから『テディ』と2回呼ばれていた。

ハクスタブル邸のリビング・ルームのインテリアはのちのエピソードとは全く違っており、また、ダイニング・ルームとマスター・ベッドルームではカラーが違っていた。その後のエピソードではダイニング・ルームはよりフォーマルなものとなった。

オープニング曲[編集]

番組のオープニング曲『Kiss Me』はステュ・ ガードナーとビル・コスビーによって作曲された。7バージョンあるこの曲は8シーズン通して使用され、いくつかのバージョンがある同じ曲をテーマ曲として使用した数少ないテレビ番組のうちの一つとされている。

法的問題により第7シーズンは第6シーズンの曲をそのまま使用することになり、第7シーズンのために作られた曲は若干の変更を加えて第8シーズンに使用された。

60分放送の最終回では第2~7シーズンの映像を編集して新しいバージョンの『Kiss Me』が使われた。

評判[編集]

この番組はアフリカ系アメリカ人社会を描いた作品であるが、アフリカ系アメリカ人のステレオタイプではなく教養があり社会的に成功した家庭像を描いている。

放送歴および視聴率[編集]

『コスビー・ショー』は8年間に渡り木曜夜8時より放送されていた。

この番組はニールセン社調べの視聴率で『All in the Family』『アメリカン・アイドル』と並び5年連続第1位を獲得した。

シーズン 放送開始 放送終了 放送年 順位 数百万世帯中の
視聴世帯
第1シーズン 1984年9月20日 1985年5月9日 1984年~1985年 第3位[1] 20.546 (24.2%)[1]
第2シーズン 1985年9月26日 1986年5月15日 1985年~1986年 第1位[2] 28.948 (33.7%)[2]
第3シーズン 1986年9月25日 1987年5月7日 1986年~1987年 第1位[3] 30.503 (34.9%)[3]
第4シーズン 1987年9月24日 1988年4月28日 1987年~1988年 第1位[4] 30.503 (34.4%)[4]
第5シーズン 1988年10月6日 1989年5月11日 1988年~1989年 第1位[5] 23.14 (25.6%)[5]
第6シーズン 1989年9月24日 1990年5月3日 1989年~1990年 第1位
(『Roseanne』と同率)[6]
21.27 (23.1%)[6]
第7シーズン 1990年9月20日 1991年5月2日 1990年~1991年 第5位[7] 15.92 (17.1%)[7]
第8シーズン 1991年9月19日 1992年4月30日 1991年~1992年 第18位[8] 13.81 (16.13%)[8]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b TV Ratings: 1984–1985”. ClassicTVHits.com. 02-12-2010閲覧。
  2. ^ a b TV Ratings: 1985–1986”. ClassicTVHits.com. 02-12-2010閲覧。
  3. ^ a b TV Ratings: 1986–1987”. ClassicTVHits.com. 02-12-2010閲覧。
  4. ^ a b TV Ratings: 1986–1987”. ClassicTVHits.com. 02-12-2010閲覧。
  5. ^ a b TV Ratings: 1988–1989”. ClassicTVHits.com. 02-12-2010閲覧。
  6. ^ a b TV Ratings: 1987–1988”. ClassicTVHits.com. 02-12-2010閲覧。
  7. ^ a b TV Ratings: 1990–1991”. ClassicTVHits.com. 02-12-2010閲覧。
  8. ^ a b TV Ratings: 1991–1992”. ClassicTVHits.com. 02-12-2010閲覧。