コゲラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コゲラ
木に留まるコゲラ
木に留まるコゲラ
保全状況評価[1]
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: キツツキ目 Piciformes
: キツツキ科 Picidae
: アカゲラ属 Dendrocopos
: コゲラ D. kizuki
学名
Dendrocopos kizuki
Temminck, 1836[2]
和名
コゲラ
英名
Japanese Pygmy Woodpecker
Pygmy Woodpecker
亜種

 詳細は本文参照

  • エゾコゲラ D. k. ijimae [3]
  • コゲラ D. k. seebohmi [3]
  • ミヤケコゲラ D. k. matsudairai
  • シコクコゲラ D. k. shikokuensis
  • ツシマコゲラ D. k. kotataki
  • キュウシュウコゲラ D. k. kizuki [3]
  • アマミコゲラ D. k. amamii [3]
  • リュウキュウコゲラ D. k. nigrescens
  • オリイコゲラ D. k. orii

コゲラ小啄木鳥学名Dendrocopos kizuki あるいは Picoides kizuki )はキツツキ目キツツキ科に分類される鳥類の一種。英名は "Japanese Pygmy Woodpecker" で、日本にいる小さなキツツキの意。学名の内、種名の「kizuki」は、本種を記録した時の標本の採集地が豊後の杵築(大分県杵築市)だったことからつけられた。

形態[編集]

全長15 cm[4][5](13-15 cm[6][7]) で、スズメと同じくらいの大きさ。翼開長は約27 cm[5]。体重18-26 g[6]。日本に生息するキツツキとしては最も小さい。オスよりメスがやや大きい。灰褐色と白のまだら模様の羽色をしている。南方に分布するものほど体色が濃くなる傾向がある。雌雄の羽色の違いは後頭部にある赤い斑の有無(雄にある)程度だが、野外ではほとんど見えないため、羽色で雌雄を区別することは困難なことも多い。足には前指2本と後指2本がある[8]

分布[編集]

ロシア南東部、サハリン朝鮮半島北部、中国東北部、日本列島など、東アジアの限られた地域に分布している。

日本では一部離島を除く全国の亜寒(亜高山)帯針葉樹林から亜熱帯照葉樹林まで広く分布する。基本的には留鳥だが、寒冷地に生息する個体は、冬季には暖地へ移動するものもいる。東京都小平市の「市の鳥」に指定されている。

生態[編集]

の木に穴を掘り巣造りをするコゲラ

天然林から雑木林都市公園内の樹木など、木立のある場所ならば普通に観察される[9]。本来は平地から山地の林に生息する鳥であるが、近年は都市の近郊にも定着しており、市街地に近い街路樹や人家の庭木、公園の樹木などでもよく見られる。1980年代以降、東京のなどの都市部でも繁殖するようになった[9]

つがいや家族がいっしょにいることが多く、お互いの確認をするため「ギー、ギー」という声を出す。なわばりの主張や、遠方への自分の位置の伝達、巣立ったヒナが親鳥に給餌をねだるときなどには、「キッキッキ」という強い声を出す。嘴で木を強く連続して叩いて音を出すドラミングも行う。ドラミング音は、アカゲラなどの大型のキツツキに比べ小さく短い場合が多い。

小さい体の割には、20 ha ほどの広いなわばりを持っており、一度繁殖を始めると同じ場所に生息し続ける。つがいの絆も、片方の鳥が死ぬまで続くことが多いようだ。また、単独やつがいでいる場合のほか、シジュウカラなどと混群をつくる場合もある[5]。枯れ木や生きた木の枯れ枝などに巣穴を作る。巣穴は毎年新しく掘る。

食性は雑食だが、主に昆虫などの節足動物を捕食し、木の実を食べることもある。樹皮につかまり、縦横にこまかく移動しながら、表面からつまみとったり、つついて小さい穴を開け、長い舌を隙間や昆虫の掘った穴に差し入れて摂食する。

亜種[編集]

基亜種のキュウシュウコゲラを含め、下記の 9亜種が記載されている(順序は北から南の順)[10]。ただし、本州・四国・九州の亜種どうしは連続して変化しており、境界は不明瞭または未確認。南へ行くほど体色が濃くなる傾向があるものの、形態だけで亜種を判別することは困難な場合もある。

エゾコゲラ(国立科学博物館の展示)
エゾコゲラ
Dendrocopos kizuki ijimae (Taka-Tsukasa, 1922)
北海道南千島に分布する。[11]
桜の木に留まるコゲラ
コゲラ
Dendrocopos kizuki seebohmi (Hargitt, 1884)
主に東北関東中部(滋賀県、福井県、京都府以東)に分布する。[11]
ミヤケコゲラ
Dendrocopos kizuki matsudairai (Kuroda, 1921)
伊豆諸島(大島、三宅島、御蔵島、八丈島)に分布する。[11]
シコクコゲラ
Dendrocopos kizuki shikokuensis (Kuroda, 1922)
主に近畿(三重県、奈良県、兵庫県)、中国(鳥取県)および四国に分布する。[11]
ツシマコゲラ
Dendrocopos kizuki kotataki (Kuroda, 1922)
対馬隠岐諸島に分布する。[11]
キュウシュウコゲラ
Dendrocopos kizuki kizuki (Temminck, 1835)
九州付近に分布する。[11]
アマミコゲラ
Dendrocopos kizuki amamii (Kuroda, 1922)
奄美群島固有亜種[12]奄美大島加計呂麻島請島与路島徳之島)。[11]
リュウキュウコゲラ
Dendrocopos kizuki nigrescens (Seebohm, 1887)
沖縄本島周辺(沖縄島、屋我地島)に分布する。[11]
オリイコゲラ
Dendrocopos kizuki orii (Kuroda, 1923)
八重山諸島西表島)で確認されている。[11]

Sibley分類体系上の位置[編集]

シブリー・アールキスト鳥類分類

近縁種[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ IUCN 2011. IUCN Red List of Threatened Species. Version 2011.2. (Dendrocopos kizuki)” (英語). IUCN. 2012年2月8日閲覧。
  2. ^ Dendrocopos kizuki (Temminck, 1836)” (英語). ITIS. 2012年2月8日閲覧。
  3. ^ a b c d Clements, James (2007). The Clements Checklist of the Birds of the World (6th ed.). Ithaca, NY: Cornell University Press. p. 250. ISBN 978-0-8014-4501-9. 
  4. ^ 高野伸二 『フィールドガイド 日本の野鳥 増補改訂版』、日本野鳥の会2007年、214頁。ISBN 978-4-931150-41-6
  5. ^ a b c ひと目でわかる野鳥 (2010)、156頁
  6. ^ a b Brazil, Mark (2009). Birds of East Asia. Princeton University Press. p. 282. ISBN 978-0-691-13926-5. 
  7. ^ Hans Winkler, David A. Christie, David Nurney, WOODPECKERS an identification guide to the Woodpeckers of the World, (1995) p. 257-258. ISBN 0-395-72043-5.
  8. ^ 野山の鳥 (2000)、44-45頁
  9. ^ a b 庭で楽しむ野鳥の本 (2007)、66-67頁
  10. ^ 日本のレッドデータ検索システム(コゲラ)”. エンビジョン環境保全事務局. 2012年2月8日閲覧。
  11. ^ a b c d e f g h i 日本鳥類目録編集委員会 『日本鳥類目録 改訂第6版』、日本鳥学会、2000年、174-176頁。
  12. ^ 鳥類レッドリスト (環境省)2006年版でのランク変更

参考文献[編集]

  • 高木清和 『フィールドのための野鳥図鑑-野山の鳥』 山と溪谷社、2000年8月ISBN 4635063313
  • 大橋弘一 『庭で楽しむ野鳥の本』 山と溪谷社、2007年11月1日ISBN 978-4635596190
  • 『ひと目でわかる野鳥』 中川雄三(監修)、成美堂出版、2010年1月ISBN 978-4415305325

外部リンク[編集]