グレネード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

グレネード(grenade、擲弾(てきだん)は、兵器の一種であり、小型の榴弾(りゅうだん)を意味している。

擲弾[編集]

擲弾は元々は投擲(とうてき)して用いる爆弾の意味であり、擲弾兵が投げたが、手で投擲するものは一般に手榴弾(しゅりゅうだん)と呼ばれるようになり、擲弾は投射器を使用して遠くへ飛ばすものを指すようになった。

歴史[編集]

中国時代に黒色火薬を陶器や金属の入れ物に詰めて使われる兵器が誕生し、現在の手榴弾の原型となった。元寇で使われたてつはうもその流れを汲む。 14世紀の書籍には、茶椀ほどの大きさの球状の鉄に火薬を詰めて敵陣に投射する「飛雲落雷砲(フェイユンピーライパオ)」なる兵器が使われた記録がある。

「グレネード」という名前の兵器が生まれたのは17世紀のイギリスにおける名誉革命で、この兵器は黒色火薬が詰まったクリケットのボールほどの大きさの鉄球で、ゆっくり燃える導火線で点火された。

19世紀にアメリカで起こった南北戦争では、南軍、北軍ともにハンドグレネード(手投げ弾)を装備し、このとき使われたのは着弾の衝撃で爆発するタイプのものだった。

20世紀に入り、小銃の銃口にグレネードを装着し飛距離を伸ばすライフルグレネードが登場した。そのはしりとなった兵器は大日本帝国海軍の砲術長であった秋沢芳馬(あまざわよしま)が開発した小銃擲弾で、日露戦争における旅順港閉塞作戦に投入された。ライフルグレネードはすぐにスペインフランスに模倣され、第一次世界大戦塹壕戦で全ての戦域において使用された。

2度の世界大戦で擲弾は広く用いられ、擲弾の投射専用にグレネードランチャー(擲弾発射器、擲弾筒)やグレネードガン(擲弾銃)が開発された。また、重機関銃の機構を応用したものや、リボルバー銃に似た機構の、連射式のオートマチック・グレネードランチャーが生まれた[1][出典 1]

初期のライフルグレネードは、手榴弾に棒を付けただけのものだったが、現在のライフルグレネードやグレネードランチャーには専用の弾が使われ、「グレネード弾」や「擲弾」と呼ばれる。

グレネード弾[編集]

グレネード弾[2]は、投射される弾体に投射のための発射薬を加えて一体とし、銃弾砲弾のように薬莢に収めたものである。高低圧理論によって発射薬の圧力を徐々に解放することで発射筒を簡易に済まし、反動も小さくしている。

着弾時の衝撃によって起爆する着発信管や、発射後一定時間で起爆する時限信管、建物の薄い壁を貫通後に室内で爆発する遅延信管などを備え、用途により使い分けられる。発射時の衝撃で手元で爆発しないように安全装置があり、[3]最低有効射程がある[出典 1]

弾頭[編集]

軍用の殺傷用弾頭の他に、警察や公安が使用する非殺傷性の弾もある。

  • 軍用兵器
    • 対人榴弾
    • 多目的榴弾
    • 散弾:多数の金属粒を飛散させる
    • フレシェット弾:小さな金属の矢のようなものを多数飛散させる
    • 焼夷弾
  • 警察・公安用
    • 発煙弾
    • 催涙弾
    • ゴム弾
    • スポンジ弾
    • 照明弾

ただし、軍隊が発煙弾照明弾を使用することや、警察特殊部隊が散弾を使用することもあり、これらの境界はあいまいな部分がある[出典 1]

口径[編集]

以下、グレネード弾の代表的な口径を紹介する。

40×46mm
西側の歩兵携帯用(単発式・回転弾倉式・アドオン式)グレネードランチャーで一般的な口径。
40×53mm
西側のオートマチックグレネードランチャー(グレネードマシンガン)で使用される口径。弾頭自体は40×46mm弾のそれと互換性がある。発射薬が多い分初速が向上しているが、反動も強くなっているので個人携帯用火器には不向き。
40mmケースレス
ソ連GP-25用に開発されたグレネード弾。薬莢は無く、弾頭後端部分から推進ガス噴出口をもつなどロケット弾に近い特性を持つ。
このグレネード弾は発射器の砲口部から装填するように設計されており、グレネード弾本体には発射器のライフリングにかみ合わせるための突起が突き出ている。
30×29mm
ソ連でAGS-17用に開発されたグレネード弾。こちらは連射するという特性上、薬莢をもつ。

画像[編集]

注記[編集]

  1. ^ この他にも、オートマチック・グレネードランチャーのことをグレネード・マシンガンと呼んだり、擲弾発射筒のことをグレネード・ディスチャージャーなどと呼ぶことがある
  2. ^ グレネードに榴弾の意味が含まれているのでグレネード弾は厳密には冗長な名称である
  3. ^ M79では最低有効射程は20m程度である

出典[編集]

  1. ^ a b c 大波篤司著 『図解 ヘビーアームズ』 新紀元社 2008年9月3日初版発行 ISBN 9784775306512

関連項目[編集]