エルンスト・ハインケル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エルンスト・ハインケル

エルンスト・ハインケルErnst Heinkel1888年1月24日 - 1958年1月30日)はドイツ航空機の設計者であり製造者である。 ドイツの航空機産業に多大な貢献をした。

幼少期[編集]

彼はグルンバッハ (Grunbach) に生まれた。彼は1909年フランクフルト航空ショーツェッペリンの飛行船を見て航空機に興味を抱くようになった。後にアンリ・ファルマンの設計図に基づく飛行機を製作した。

経歴[編集]

まもなく、彼は航空株式会社 (LVG, Luft Verkehrs Gesellschaft)に勤務するようになった。アルバトロス社 (Albatros Flugzeugwerke) に行き、ハインケルは アルバトロスB-IIを設計した。第一次世界大戦の初期に活躍した。アルバトロス社での仕事を離れてから彼はハンザ・ブランデンブルク社 (Hansa-Brandenburg) 向けに複数の飛行艇を設計した。

1922年、ハインケルはヴァーネミュンデ (Warnemünde) にハインケル航空機会社 (Heinkel-Flugzeugwerke) を設立した。ヴェルサイユ条約により航空機の製造を禁止されていたのでハインケルは飛行艇の設計図を持ってスウェーデンに渡った。そして、日本海軍向けにHD-25水上機を製造した。ドイツに戻った彼は客船「ブレーメン号」に搭載する同様の射出式の郵便配達用の水上機を製作した。

ヒトラーが力を持つようになると、ハインケルの会社は空軍の拡張のために第二次世界大戦まで年々、拡大していった。この時期に He 59、He 115He111 が生産された。1938年にはノーベル賞に対抗してナチス・ドイツが制定した「ドイツ芸術科学国家賞」を受賞する。

ハインケルは高速機の開発に情熱を注いだ。そして飛行機の生産にも鋭い感性を示し、切り開いていった。その一例がターボジェット機の研究でハンス・フォン・オハインを援助した事である。ジェットエンジンは当初、イギリスホイットルによって開発されたが、先見性のあるハインケルの方が早く飛行した。

しかし、ハインケルはナチ党に入党せず、またヒトラーにも批判的であった。このハインケルの政治的姿勢によってハインケル個人だけではなくハインケル社全体が冷遇され、He100He280の不採用の一因ともなった。また政治的理由だけではなく、ハインケル社の機体には常に「機体性能を追求するあまり技術的に複雑になりすぎ、量産性や実用面に問題がある」という欠陥があったことも不採用の理由であり、He 177のように採用されても失敗に終わった機体もあった。

戦後の1956年、彼はハインケル車体を設立した、多数の欧州バブルカーハインケル・カビーネを生産した、1958年の生産終了時までに5000台以上が生産された。アルゼンチンでは1961年までライセンス生産された。しかし、アイルランドでは品質管理に悩まされ、頓挫した。

関連書籍[編集]

外部リンク[編集]