ハインケル・カビーネ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハインケル・カビーネ
ハインケル・カビーネ
Heinkel Kabine vl red.jpg
2006 05 01 AmCarFosnavåg012.JPG
ハインケル・カビーネのエンジン
IMG 3631a.jpg
製造国 西ドイツの旗 西ドイツアイルランド共和国の旗 アイルランドイギリスの旗 イギリス
販売期間 ハインケル(1956年 - 1958年)[1]
ダンドーク・エンジニアリング(1958年)[1]
トロージャン(1960年 - 1966年)[2]
エンジン 空冷 単気筒エンジン
変速機 4速MT
駆動方式 RR
全長 2,550mm
全幅 1,370mm
全高 1,320mm
ホイールベース 1,760mm
車両重量 243kg
-自動車のスペック表-

カビーネKabine )は、ハインケル航空機で設計されたミニカーであり、1956年から1958年にかけて生産された。1958年にライセンス生産権がアイルランドのダンドーク・エンジニアリング(Dundalk Engineering Company )に譲渡されたが、品質管理の低さからライセンスは直ぐに引きあげられた[1]。生産は1960年英国のトロージャン(Trojan Cars Ltd. )で「トロージャン・200」の名称で再びライセンス生産として始まり、1966年まで続いた[2]

1959年から1962年の間にアルゼンチンのロス・セドロス(Los Cedros S.A )でもスチュードベーカーピックアップトラックと並行して「ハインケル」のブランド名でライセンス生産が行われた[3] [4]

ハインケル・ツーリスト スクーターの174cc、9.2hp単気筒 4ストロークエンジンを搭載したカビーネ150の生産が1956年3月に始まり[5]、1956年10月に198ccエンジンを搭載したカビーネ153(3輪)と204ccエンジンを搭載したカビーネ154(4輪)が発売された。カビーネ154(4輪)に搭載された204ccエンジンは、後に保険の関係で198ccに排気量を縮小された[1]

カビーネは鋼製ユニットボディ[1]、車内への出入りには車体前面ドアを介して行なったが、BMW・イセッタが使用していたBMW特許を侵害しないようにステアリング・ホイールがドアと連動して移動する機構は有していなかった。しかし、他の幾つかのバブルカーとは異なり後退用のギアを持つ変速機を備えていた。

諸元[編集]

型式: Typ 150 (3輪) Typ 154 (4輪) Typ 153 (3輪)
生産期間 1956年 3月 - 1958年2月 1956年10月 - 1958年6月 1956年10月 - 1958年6月
エンジン 単気筒 空冷エンジン 4ストローク
Valvetrain OHV
ボア x ストローク 60x61.5mm 65x61.5mm(64x61.5mm 1957年3月以降) 64x61.5mm
排気量 173cc 204cc(1957年3月以降198cc) 198cc
出力 6.8kW (9.2PS)
/5,500rpm
7.4kW (10PS)
/5,500rpm
7.4kW (10PS)
/5,500rpm
最大トルク 12.9Nm/4,450rpm 13.2Nm/4,700rpm 13.2Nm/4,700rpm
Compression 7.4:1 6.8:1(1957年3月以降7.2:1) 7.2:1
電装 12ボルト
Transmission 4-speed shifter with inside left (Kulissenschaltung)
車体構造 前部ドア付「モノコック
総重量 243kg 285kg 245kg
GVWR 475kg 510kg 475kg
全長 x 全幅 x 全高 2551x1370x1320mm(1957年2月以降2660x1370x1320mm)
ホイールベース 1760mm
軸間距離 前輪/後輪 1225 mm / 0 1225 mm / 220mm 1225 mm / 0
最小回転円径 8m
タイヤ・サイズ 4.40–10" 4.40–10" 4.40–10"
燃料消費率 ca. 3.5L/100km
最高速度 86km/h 86km/h 86km/h

関連項目[編集]

出典[編集]