エクタシアン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エクタシアン(Ectasian)は中原生代の2番目のカリミアンの終わりからステニアンの始まりまでの14億〜12億年前にあたる。クラトン上の堆積岩火山岩堆積物Platform cover)がこの時期に拡大し続けたことから、ギリシャ語で「伸展」を意味する ectasis より命名された。日本語名は決定されていないが、中国語での漢字表記では「延展纪」(延展紀)となる。

この時期、グレンヴィル造山運動Grenville orogeny)が始まり多くの山々が作られ、超大陸ロディニアが形成される切っ掛けとなった。当時生まれた山々は今日の大陸上でも見られる。

カナダサマーセット島のHunting Formationの12億年前の岩石から発見された真核生物の化石 Bangiomorpha pubescensは、知られる中で最古の有性生殖をする生物であり、そのため最初の複雑な多細胞生物とされる。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • Ectasian Period”. GeoWhen Database. 2006年1月5日閲覧。
  • 仲田崇志 (2009年10月29日). “地質年代表”. きまぐれ生物学. 2011年2月15日閲覧。