ウォーレン郡 (ノースカロライナ州)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ノースカロライナ州ウォーレン郡
ウォーレン郡の位置を示したノースカロライナ州の地図
郡のノースカロライナ州内の位置
ノースカロライナ州の位置を示したアメリカ合衆国の地図
州のアメリカ合衆国内の位置
設立 1779年
郡名の由来 ジョセフ・ウォーレン
郡庁所在地 ウォーレントン
面積
 - 総面積
 - 陸
 - 水

1,150 km2 (444 mi2)
1,111 km2 (429 mi2)
39 km2 (15 mi2), 3.40%
人口
 - (2010年)
 - 密度

20,972人
18人/km2 (47人/mi2)
標準時 東部: UTC-5/-4
ウェブサイト www.warrencountync.com

ウォーレン郡: Warren County)は、アメリカ合衆国ノースカロライナ州の中央部北に位置するである。2010年国勢調査での人口は20,972人であり、2000年の19,972人から5.0%増加した[1]郡庁所在地ウォーレントン町(人口862人[2])であり、同郡で人口最大の町はノーライナ町(人口1,118人[3])である。

歴史[編集]

ウォーレン郡は1779年にビュート郡(現在は廃郡)の北半分から設立された。郡名はマサチューセッツ湾植民地の医者で軍人だったジョセフ・ウォーレンに因んで名付けられた。ウォーレンはアメリカ独立戦争バンカーヒルの戦いで戦死した。ウォーレン郡はタバコと綿花のプランテーションが発展し、奴隷の労働力を使って、南北戦争までかなりの富を生んだ。郡庁所在地のウォーレントンは商業の中心となり、1840年から1860年まで州内でも最大級に裕福な町となった。多くのプランテーション所有者が優美な家を建設した。

1881年、ウォーレン郡、フランクリン郡グランビル郡のそれぞれ一部を合わせてバンス郡が設立された。19世紀終盤から20世紀初期、農業に依存し続けていたウォーレン郡の発展は鈍かった。多くの住人が働くために都市部に移動した。

20世紀後半、アメリカ合衆国住宅都市開発省の資金で開発された計画都市の1つ、ソウルシティが郡内にある。企業や産業を誘致することができず、計画していたほどの住宅もできていない。

1982年からPCB(ポリ塩化ビフェニル)の埋め立て地ができた。郡民はその場所から危険な汚染物を除去し、住民の健康を改善するために長い間環境正義を追求し続けてきた。その場所が安全なものになったのは2004年になってからだった。

郡政府[編集]

ウォーレン郡は5人の委員で構成される郡政委員会で統治されている。委員は5つに等分された選挙区から選ばれ、任期は4年間であり、2年毎に半数が改選されている。

1960年代に民主党が公民権立法を支持し、アフリカ系アメリカ人が憲法で保障される権利を取り戻し、彼らに利益となる計画を支持したので、民主党は黒人票の支持を得ている。さらに白人有権者にも民主党に投票する者がいる。ウォーレン郡は共和党候補者よりも民主党候補者を選ぶ傾向にある。2004年アメリカ合衆国大統領選挙では、民主党のジョン・ケリーに65%の票を与え、共和党のジョージ・W・ブッシュは35%に留まった[4]。同年の州知事選挙では、民主党のマイク・イーズリーに74%が投票し、対する共和党のパトリック・J・バレンタインは25%しか取れなかった[5]

ノースカロライナ州議会下院と上院にも民主党員各1人を選んでいる。またアメリカ合衆国下院ではノースカロライナ州第1選挙区に属し、やはり民主党員を送り出している。

ウォーレン郡は、地域自治体の組織であるカー・タール地域自治体委員会のメンバーである。

地理[編集]

アメリカ合衆国国勢調査局に拠れば、郡域全面積は444平方マイル (1,149 km2)であり、このうち陸地429平方マイル (1,110 km2)、水域は15平方マイル (39 km2)で水域率は3.40%である[6]

主要高規格道路[編集]

隣接する郡[編集]

ウォーレン郡の自治体と郡区

人口動態[編集]

以下は2000年国勢調査による人口統計データである。

基礎データ

  • 人口: 19,972人
  • 世帯数: 7,708 世帯
  • 家族数: 5,449 家族
  • 人口密度: 18人/km2(47人/mi2
  • 住居数: 10,548軒
  • 住居密度: 10軒/km2(25軒/mi2

人種別人口構成

年齢別人口構成

  • 18歳未満: 23.5%
  • 18-24歳: 8.0%
  • 25-44歳: 26.3%
  • 45-64歳: 24.8%
  • 65歳以上: 17.4%
  • 年齢の中央値: 40歳
  • 性比(女性100人あたり男性の人口)
    • 総人口: 96.6
    • 18歳以上: 95.0

世帯と家族(対世帯数)

  • 18歳未満の子供がいる: 28.2%
  • 結婚・同居している夫婦: 49.2%
  • 未婚・離婚・死別女性が世帯主: 17.3%
  • 非家族世帯: 29.3%
  • 単身世帯: 26.2%
  • 65歳以上の老人1人暮らし: 12.2%
  • 平均構成人数
    • 世帯: 2.48人
    • 家族: 2.97人

収入[編集]

収入と家計

  • 収入の中央値
    • 世帯: 28,351米ドル
    • 家族: 33,602米ドル
    • 性別
      • 男性: 26,928米ドル
      • 女性: 20,787米ドル
  • 人口1人あたり収入: 14,716米ドル
  • 貧困線以下
    • 対人口: 19.4%
    • 対家族数: 15.7%
    • 18歳未満: 24.9%
    • 65歳以上: 20.8%

郡内には地域に深く根差した3人種混血孤立型民族の子孫であるハリワ・サポニ族が多く住んでいる。

都市と町[編集]

インディアン[編集]

  • ハリワ・サポニ族

著名な出身者[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Quickfacts.census.gov - Warren County - accessed 2011-12-06.
  2. ^ American FactFinder - Warrenton, North Carolina - accessed 2011-12-06.
  3. ^ American FactFinder - Norlina, North Carolina - accessed 2011-12-06.
  4. ^ Election 2004, CNN.com
  5. ^ 2004 Governor's Race, State Board of Elections
  6. ^ Census 2010 U.S. Gazetteer Files: Counties”. United States Census. 2013年4月13日閲覧。

外部リンク[編集]

座標: 北緯36度24分 西経78度06分 / 北緯36.40度 西経78.10度 / 36.40; -78.10