メクレンバーグ郡 (ノースカロライナ州)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ノースカロライナ州メクレンバーグ郡
メクレンバーグ郡の位置を示したノースカロライナ州の地図
郡のノースカロライナ州内の位置
ノースカロライナ州の位置を示したアメリカ合衆国の地図
州のアメリカ合衆国内の位置
設立 1762年11月6日
郡名の由来 シャーロット・オブ・メクレンバーグ=ストレリッツ
郡庁所在地 シャーロット
最大の都市 シャーロット
面積
 - 総面積
 - 陸
 - 水

1,414 km2 (546 mi2)
1,362 km2 (526 mi2)
52 km2 (20 mi2), 3.65%
推計人口
 - (2010年)
 - 密度

919,628人
677.5人/km2 (1,755人/mi2)
標準時 東部: UTC-5/-4
ウェブサイト www.charmeck.nc.us

メクレンバーグ郡: Mecklenburg County)は、アメリカ合衆国ノースカロライナ州の西部に位置するである。2010年国勢調査での人口は919,628人であり、2000年の695,454人から10.0%増加した[1]。州内では人口と人口密度で最大の郡である。郡庁所在地シャーロット市(人口731,424人[2])であり、同郡でも州内でも人口最大の都市である。

歴史[編集]

メクレンバーグ郡は1762年にアンソン郡の西部が分離して設立された。郡名はイギリス王ジョージ3世シャーロット・オブ・メクレンバーグ=ストレリッツの結婚を祝した命名である。郡設立のときに領域が不確定だったために、南部と西部は後にサウスカロライナ州の一部となる領域まで広がっていた。1768年、カトーバ川より西側の領域の大半がトライアン郡(現在は廃郡)に指定された。この西部の領域はノースカロライナとサウスカロライナの間で境界を確定されるまで、さらに10年の年月を要した。1792年、郡北部がカバラス郡となった。最後は1842年、郡南部とアンソン郡の西部を組み合わせ、ユニオン郡が設立された。

メクレンバーグ独立宣言は1775年5月20日に署名されたとされている。もしこの文書が真正のものであれば、メクレンバーグ郡は13植民地の中で最初にイギリスからの独立を宣言した所となる。

1945年から1972年、優生学と呼ばれる遺伝子操作の実験で、メクレンバーグ郡は403人を不妊化した。この数字は州内のどの郡よりも遙かに多かった[3]

1971年、郡内で「スワン対シャーロット・メクレンバーグ教育委員会裁判」が行われ公民権運動の中でも重要な判決が出された[4]

地理[編集]

アメリカ合衆国国勢調査局に拠れば、郡域全面積は546平方マイル (1,415 km2)であり、このうち陸地526平方マイル (1,363 km2)、水域は20平方マイル (52 km2)で水域率は3.65%である[5]

交通[編集]

空港[編集]

郡内の主要商業空港はシャーロット・ダグラス国際空港である。

鉄道[編集]

メクレンバーグ郡はワシントンD.C.アトランタを結ぶノーフォーク・サザン鉄道の本線が通り、またトラックで大量の貨物が出入りすることから、1日25編成の貨物列車が運行され、鉄道貨物輸送の中心になっている。

アムトラックの旅客列車3系統も毎日運行されている。クレセント号はシャーロットと北はニューヨーク市、フィラデルフィア市、ボルティモア市、ワシントンD.C.、シャーロッツビル市、グリーンズボロ市、南はアトランタ市、バーミングハム市ニューオーリンズ市とを結んでいる。カロリニアン号はシャーロットとニューヨーク市、フィラデルフィア市、ボルティモア市、ワシントンD.C、リッチモンド市ローリー市ダーラム市、グリーンズボロ市とを繋いでいる。ピードモント号はシャーロットとローリー市、ダーラム市、グリーンズボロ市とを繋いでいる。シャーロットのアムトラック駅はトライアン通り北1914にある。

新しくマルチモードの駅としてゲイトウェイ駅が計画されてきた。リンクスのパープルライン駅、グレイハウンド・バスの新しい停留所、またシャーロットのアップタウンを通るクレセント号の停車駅が予定されている。

シャーロットとワシントンD.Cを結ぶ南東高速鉄道回廊の当初区間では、南の終着駅も計画されている。現在は構想段階であり、最終的にはワシントンD.Cからジョージア州メイコンを繋ぐ予定である。

ライトレールと大量輸送機関[編集]

郡内のライトレールはリンクス高速輸送サービスが運行している。シャーロット・アップタウンからパインビルまでの9.6マイル (15.4 km) が運行されており、全線開通は2034年の予定である。

シャーロット地域交通システムがシャーロット市とデイビッドソン、ハンターズビル、コーネリアス、マシューズ、パインビル、ミントヒル各地自体を含む郡全域でバス便を運行している。

昔ながらのシャーロット・トロリーはシャーロット地域交通システムとの共同運行を行っている。

貨物輸送[編集]

メクレンバーグ郡は工業地帯であり、東部シーボードの中心にあることや主要州間高速道路2本の交差点にあることから、トラック輸送のハブにもなっている。

主要高規格道路[編集]

  • I-77.svg 州間高速道路77号線
  • I-85.svg 州間高速道路85号線
  • I-277.svg 州間高速道路277号線
  • I-485.svg 州間高速道路485号線
  • US 21.svg アメリカ国道21号線
  • US 29.svg アメリカ国道29号線
  • US 74.svg アメリカ国道74号線
  • US 521.svg アメリカ国道521号線
  • NC 16.svg ノースカロライナ州道16号線
  • NC 24.svg ノースカロライナ州道24号線
  • NC 27.svg ノースカロライナ州道27号線
  • NC 49.svg ノースカロライナ州道49号線
  • NC 51.svg ノースカロライナ州道51号線
  • NC 73.svg ノースカロライナ州道73号線
  • NC 115.svg ノースカロライナ州道115号線
  • NC 218.svg ノースカロライナ州道218号線
  • Charlotte Route 4 shield.svg シャーロット4号線

隣接する郡[編集]

経済[編集]

メクレンバーグ郡の失業率(1990年1月 - 2009年11月)
メクレンバーグ郡の労働力(1990年1月 - 2009年11月)

メクレンバーグ郡の主要産業は金融、製造と、特に金融と医療を支える専門職サービスである。フォーチュン500に入る企業は、9位のバンク・オブ・アメリカを含め7社ある[6]

メクレンバーグ郡に本社があるフォーチュン500企業

企業名 分野 売上高 順位
1. バンク・オブ・アメリカ 金融 1,192 億米ドル 9
2. ニューコア 金属 166 億米ドル 151
3. デューク・エナジー 公共事業 131 億米ドル 204
4. ソニック・オートモーティブ 自動車販売 88 億米ドル 298
5. ファミリー・ドラー 小売り 68 億米ドル 358
6. グッドリッチ 航空・防衛 65 億米ドル 375
7. SPX 電子部品 51 億米ドル 466

以前にフォーチュン500に入っていたワコビアがシャーロットに本社を置いていたが、ウェルズ・ファーゴに151億米ドルで買収された。ウェルズ・ファーゴはシャーロットでのワコビアの機能の大半を維持している。連邦準備制度委員会はその合併を2008年10月12日に承認した[7]

メクレンバーグ郡最大の雇用主は従業員数26,283人のカロライナズ医療システムであり、その次はウェルズ・ファーゴの2万人、バンク・オブ・アメリカの13,960人が続いている[8]

人口動態[編集]

人口推移
年度 人口 変動率
1790 11,395
1800 10,439 −8.4%
1810 14,272 36.7%
1820 16,895 18.4%
1830 20,073 18.8%
1840 18,273 −9.0%
1850 13,914 −23.9%
1860 17,374 24.9%
1870 24,299 39.9%
1880 34,175 40.6%
1890 42,673 24.9%
1900 55,268 29.5%
1910 67,031 21.3%
1920 80,695 20.4%
1930 127,971 58.6%
1940 151,826 18.6%
1950 197,052 29.8%
1960 272,111 38.1%
1970 354,656 30.3%
1980 404,270 14.0%
1990 511,433 26.5%
2000 695,454 36.0%
2010 919,628 32.2%
2012(推計) 969,031 39.3%
U.S. Decennial Census
2011 estimate
人口推移(1970年-2008年)、年率は2,5%

以下は2000年国勢調査による人口統計データである。

基礎データ

  • 人口: 695,454人
  • 世帯数: 273,416 世帯
  • 家族数: 174,986 家族
  • 人口密度: 510人/km2(1,322人/mi2
  • 住居数: 292,780軒
  • 住居密度: 215軒/km2(556軒/mi2

人種別人口構成

年齢別人口構成

  • 18歳未満: 25.1%
  • 18-24歳: 9.7%
  • 25-44歳: 36.4%
  • 45-64歳: 20.3%
  • 65歳以上: 8.6%
  • 年齢の中央値: 33歳
  • 性比(女性100人あたり男性の人口)
    • 総人口: 96.5
    • 18歳以上: 93.6

世帯と家族(対世帯数)

  • 18歳未満の子供がいる: 32.1%
  • 結婚・同居している夫婦: 47.7%
  • 未婚・離婚・死別女性が世帯主: 12.4%
  • 非家族世帯: 36.0%
  • 単身世帯: 27.6%
  • 65歳以上の老人1人暮らし: 5.9%
  • 平均構成人数
    • 世帯: 2.49人
    • 家族: 3.06人

収入[編集]

収入と家計

  • 収入の中央値
    • 世帯: 50,579米ドル
    • 家族: 60,608米ドル
    • 性別
      • 男性: 40,934米ドル
      • 女性: 30,100米ドル
  • 人口1人あたり収入: 27,352米ドル
  • 貧困線以下
    • 対人口: 9.2%
    • 対家族数: 6.6%
    • 18歳未満: 11.5%
    • 65歳以上: 9.3%

都市と町[編集]

メクレンバーグ郡には7つの法人化自治体がある。市はシャーロット1つ、町はコーネリアス、デイビッドソン、ハンターズビル(以上シャーロットの北)、マシューズ、ミントヒル、パインビル(以上シャーロットの南と南東)の6町である。ストーリングスの町の小部分が郡内に入っているが、大半はユニオン郡内である。郡内の未編入領域は、十分な集中度に達すれば自治体に併合されている。

政治[編集]

大統領選挙の結果 1960年-2012年[9]
民主党 共和党
2012年 60.7% 272,262 38.2% 171,668
2008年 61.8% 253,958 37.4% 153,848
2004年 51.6% 166,828 48.0% 155,084
2000年 48.2%126,911 51.0% 134,068
1996年 48.6% 103,429 45.9% 97,719
1992年 42.5% 97.065 43.6% 99,496
1988年 40.2% 71,907 59.4% 106,236
1984年 37.1% 63,190 62.7% 106,754
1980年 46.8% 66.995 47.8% 68,384
1976年 50.4% 63,198 49.2% 61,715
1972年 29.8% 33,730 68.5% 77,546
1968年 28.9% 31,102 52.4% 56,325
1964年 51.6% 49,582 48.4% 46,589
1960年 44.9% 39,362 55.1% 48,250

メクレンバーグ郡は地域のセントラニナ自治体委員会のメンバーである。

郡には2つの政体がある。メクレンバーグ郡政委員会とシャーロット・メクレンバーグ教育委員会である。どちらも委員は9人であり、6人が小選挙区から選出され、3人が郡全体を選挙区に選ばれている。

救急サービスはメクレンバーグ救急医療サービス機関であるMEDICが行っている[10]

2012年アメリカ合衆国大統領選挙では、バラク・オバマに60.65%の支持を与え、対するロムニーとライアンは38.24%だった[11]

教育[編集]

公共教育学区[編集]

シャーロット・メクレンバーグ教育学区が全郡の公共教育を管轄している。

高等教育機関[編集]

  • ノースカロライナ大学シャーロット校
  • シャーロット法科学校
  • デイビッドソン・カレッジ
  • キングス・カレッジ
  • クイーンズ大学シャーロット校
  • セントラル・ピードモント・コミュニティカレッジ
  • ジョンソン&ウェールズ大学
  • ジョンソン・C・スミス大学
  • シャーロット美術学校

図書館[編集]

シャーロット・メクレンバーグ郡公共図書館が郡民へのサービスを行っている。どの支所で発行された利用者カードでも、20か所すべての支所で利用できる。蔵書は150万件以上あり、DVD、CD、ベストセラー、ダウンロード、書籍など人気のある資料もある。

ビリー・グラハム図書館に20世紀の福音伝道者ビリー・グラハムの経歴に関する資料が収められている。

見どころ[編集]

博物館[編集]

  • イマジンオン
  • ディスカバリープレース
  • ディスカバリープレース・キッズ、ハンターズビル
  • シャーロット自然博物館
  • カロライナズ航空博物館
  • シャーロット歴博物館
  • シャーロット自然史博物館
  • ビリー・グラハム図書館
  • NASCAR殿堂
  • ベクトラー現代美術館
  • マッコール美術センター
  • ミント美術館
  • ミント現代美術館、2010年秋開館
  • ミント工芸品とデザイン博物館
  • レバイン・ニューサウス博物館
  • ハーベイ・B・グラント・アフリカ系アメリカ人芸術文化センター

スポーツ[編集]

音楽と芸能の会場[編集]

  • アクターズ・シアター・オブ・シャーロット
  • ボジャングルズ・コロシアム
  • カロライナ・アクターズ・スタジオ・シアター
  • イマジンオン
  • ナイト・シアター
  • ニーバーフッド・シアター・イン・ノダ
  • ノースカロライナ・ブルーメンソール芸能センター
  • オーブンズ公会堂
  • スピリット・スクエア
  • シアター・シャーロット
  • タイム・ワーナー・ケーブル・アリーナ
  • アップタウン円形劇場、NC音楽ファクトリー
  • ヴェライズン・ワイアレス円形劇場シャーロット

アミューズメントパーク[編集]

  • カロウィンズ
  • グレート・ウルフ・ロッジ

その他の見どころ[編集]

著名な出身者[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯35度15分 西経80度50分 / 北緯35.25度 西経80.83度 / 35.25; -80.83