イータ中間子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

イータ中間子(Eta meson、η)及びイータプライム中間子(eta prime meson、η′)は、アップクォークダウンクォークストレンジクォークとそれらの反クォークから構成される中間子である。チャームクォークボトムクォークを含むチャームイータ中間子(ηc)とボトムイータ中間子(ηb)は、イータ中間子と同じスピンパリティを持つクォーコニウムである。トップクォークは、質量が大きすぎて崩壊が速いため、同じような中間子(トップイータ中間子、ηt)を作らない。

イータ中間子は、1961年、ベバトロンでのパイ中間子核子の衝突実験の際に発見された。

イータ中間子とイータプライム中間子の質量の差は、クォークモデルが予測するよりも大きくなる。この「η-ηパズル」は、インスタントンの導入によって解決された。

外部リンク[編集]