ミューニュートリノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミューニュートリノ
組成 素粒子
粒子統計 フェルミ粒子
グループ レプトン
世代 第二世代
相互作用 弱い相互作用
重力相互作用
反粒子 反ミューニュートリノ (ν 
μ
)
理論化 (1940年代)
発見 レオン・レーダーマン
メルヴィン・シュワーツ
ジャック・シュタインバーガー (1962年)
記号 ν 
μ
質量 非ゼロだが、非常に小さい(ニュートリノ質量.)
電荷 0
色荷 持たない
スピン 12
弱アイソスピン LH: ?, RH: ?
弱超電荷 LH: ?, RH: ?

ミューニュートリノ(muon neutrino)は、素粒子標準模型における第二世代のニュートリノである。レプトン三世代構造において、同じく第二世代の荷電レプトンであるミュー粒子と対をなすため、ミューニュートリノと名付けられた。

1940年代初頭に何人かの研究者によって理論的に予測され、1962年にレオン・レーダーマンメルヴィン・シュワーツジャック・シュタインバーガーらによって検出された。ニュートリノとしては、2番目に発見された。この発見によって彼らに1988年のノーベル物理学賞が授与された。

発見[編集]

1962年、レオン・レーダーマン、メルヴィン・シュワーツ、ジャック・シュタインバーガーらはミューニュートリノの反応を検出し、複数の世代のニュートリノが存在することを初めて示した[1]。(neutrettoという名前が付けられていた。[2])この発見により、彼らは1988年のノーベル物理学賞を受賞した[3]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ G. Danby, J.-M. Gaillard, K. Goulianos, L. M. Lederman, N. B. Mistry, M. Schwartz, J. Steinberger (1962). “Observation of high-energy neutrino reactions and the existence of two kinds of neutrinos”. Physical Review Letters 9: 36. doi:10.1103/PhysRevLett.9.36. http://www.slac.stanford.edu/spires/find/hep/www?j=PRLTA,9,36. 
  2. ^ I.V. Anicin (2005年). “The Neutrino - Its Past, Present and Future”. arXiv:physics/0503172 [physics.hist-ph]. 
  3. ^ The Nobel Prize in Physics 1988”. The Nobel Foundation. 2010年2月11日閲覧。

参考文献[編集]