D中間子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

D中間子(D meson)は、チャームクォークを含む最も軽い粒子である。弱い相互作用を研究するためにしばしば用いられる[1]。ストロングD中間子(Ds)は、1986年以前は、F中間子と呼ばれていた。

概観[編集]

D中間子は、1976年にSLAC国立加速器研究所のマーク1加速器を用いて発見された[2]

D中間子は、1つのチャームクォーク(または反チャームクォーク)を含む最も軽い粒子であるため、崩壊の際には、(反)チャームクォークをその他の(反)クォークか別の素粒子に変換する。そのため、粒子内部のチャームは保存されず、弱い相互作用のみが働く。D中間子では、チャームクォークは、Wボソンの交換により優先的にストレンジクォークに変換され、そのためD中間子は、K中間子またはパイ中間子に優先的に崩壊する[1]

2011年11月、欧州原子核研究機構で行われたLHCb実験で、電荷の無いD中間子の崩壊において、標準模型を超える可能性のあるCP対称性の破れを直接観測したと発表した[3]

D中間子の一覧[編集]

D mesons
粒子名 粒子の記号 反粒子の記号 クォーク組成[4] 静止質量 (MeV/c2) IG JPC S C B' 半減期 (s) 崩壊

(>5% of decays)

D中間子[5] D+ D- \mathrm{c \bar{d}} 1,869.62 ± 0.20 12

</noinclude>

0 0 +1 0 1.040 ± 0.007 × 10−12 See D+ decay modes
D meson[6] D0 D0 \mathrm{c \bar{u}} 1,864.84 ± 0.17 12

</noinclude>

0 0 +1 0 4.101 ± 0.015 × 10−13 See D0 decay modes
Strange D meson[7] D+s D-s \mathrm{c \bar{s}} 1,968.47±0.33 0 0 +1 +1 0 5.00±0.07×10−13 See D+s decay modes
D meson[8] D*+(2010) D*-(2010) \mathrm{c \bar{d}} 2,010.27.62 ± 0.17 12

</noinclude>

1 0 +1 0 6.9 ± 1.9 × 10−21[a] D0 + π+
D+ + π0
D meson[9] D*0(2010) D*0(2010) \mathrm{c \bar{u}} 2,006.97 ± 0.19 12

</noinclude>

1 0 +1 0 >3.1 × 10−22[a] D0 + π0
D+ + γ

出典[編集]

  1. ^ a b D Meson
  2. ^ http://www.kudryavtsev.staff.shef.ac.uk/phy466/charmed-mesons_files/charmed-mesons.ppt
  3. ^ http://blogs.discovermagazine.com/cosmicvariance/2011/11/14/new-physics-at-lhc-an-anomaly-in-cp-violation/
  4. ^ C. Amsler et al.. (2008): Quark Model
  5. ^ C. Amsler et al.. (2008): Particle listings – D+-
  6. ^ C. Amsler et al.. (2008): Particle listings – D0
  7. ^ N. Nakamura et al. (2010): Particle listings – Strange D+-
  8. ^ C. Amsler et al.. (2008): Particle listings – D*+-(2010)
  9. ^ C. Amsler et al.. (2008): Particle listings – D*0(2007)

関連項目[編集]