異種原子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

異種原子(いしゅげんし)あるいはエキゾチック原子 (exotic atom) は、通常の原子を構成する電子陽子中性子以外の粒子を含んだ原子である。ここでの原子とは、電荷の力によって粒子が結合した状態を指す。主に原子核物理学の分野で使われる。

例えば、原子の中の電子は、μ粒子π のような1価の負電荷を持つ粒子で置き換えることができる。また、条件は厳しくなるが、陽子も、1価の正電荷を持つ粒子で置き換えることができる。

ただし、陽電子反陽子反中性子からなる反原子反物質を構成する原子)は、通常の原子の電荷対称な系にすぎず、異種原子とはしない。

異種原子の例[編集]

同種の粒子と反粒子の組み合わせ[編集]

異種粒子の組み合わせ[編集]