超分子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

超分子(ちょうぶんし、英語:supramolecule)とは、複数の分子共有結合以外の結合(配位結合水素結合など)や比較的弱い相互作用により秩序だって集合した化合物単体のことを指す。

超分子の概念は、ジャン=マリー・レーンらによって提唱された。初期にはクラウンエーテルシクロデキストリンなど、分子間相互作用によって分子やイオンを内包する「ホストゲスト」化合物が特に研究された。近年では、複数ユニットから構成されるタンパク質LB膜、自己組織化膜、液晶腐植酸なども超分子として研究されている。

分子間相互作用を利用して、複雑な構造を持つ超分子であるロタキサンカテナン分子カプセルなどが合成されている。

クラウンエーテルの発見者であるチャールズ・ペダーセンおよびドナルド・クラム、ジャン=マリー・レーンらは「高選択的に構造特異的な相互作用をする分子の開発と応用」によりノーベル化学賞を受賞した。