ゲージーノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ゲージーノ (Gaugino) は、ゲージ理論超対称性理論と組合せて予測される仮想上のゲージ場超対称性パートナーであり、フェルミ粒子である。

最小超対称標準模型(minimal supersymmetric standard model, MSSM)では、以下のゲージーノが存在する。

ゲージーノはヒッグス場の自由度の超対称性パートナーであるヒグシーノと混合して、ニュートラリーノ(電荷なし)、チャージーノ(電荷あり)と呼ばれる線形結合(質量固有状態)を作る。多くのモデルで、フォティーノと呼ばれる最も軽いニュートラリーノは安定である。その場合、この粒子はWIMP (weakly interacting massive particles) であり、暗黒物質の候補である。

グラビティーノ標準模型に相当する粒子のないゲージーノであり、未確認の重力子の超対称性パートナーである。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]