ガブリエーレ・ヴェネツィアーノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ガブリエーレ・ヴェネツィアーノGabriele Veneziano1942年9月7日 - )は、イタリア物理学者である。1960年代後半、ひも理論の創始者のひとりとなった。

フィレンツェに生まれ、フィレンツェ大学イスラエルワイツマン研究所マサチューセッツ工科大学で学んだ。1968年ヨーロッパ素粒子物理学研究所(CERN)で研究中にオイラーベータ関数素粒子の相互作用を満足する性質を備えていることを発見した。1972年からワイツマン研究所の教授、1976年からCERNのスタッフとなった。

1999年、Institute of Theoretical and Experimental Physics(ITEP:ロシア)からポメランチュック賞、2004年ハイネマン賞(数理物理学部門)を受賞した。