アーシャのアトリエ 〜黄昏の大地の錬金術士〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アトリエシリーズ > アーシャのアトリエ 〜黄昏の大地の錬金術士〜
アーシャのアトリエ
〜黄昏の大地の錬金術士〜
ジャンル ロールプレイングゲーム
対応機種 プレイステーション3
開発元 ガスト
発売元 日本の旗 ガスト
アメリカ合衆国の旗 日本一ソフトウェア
欧州連合の旗 コーエーテクモゲームス
人数 1人
メディア BD-ROM1枚
発売日 日本の旗 2012年6月28日
アメリカ合衆国の旗 2013年3月5日
欧州連合の旗 2013年3月8日
対象年齢 CEROB(12才以上対象)
コンテンツ
アイコン
セクシャル
その他 ダウンロードコンテンツ対応
PlayStation®Network対応
インストールデータ容量:2300MB
セーブデータ容量:1800KB以上
テンプレートを表示

アーシャのアトリエ 〜黄昏の大地の錬金術士〜』(アーシャのアトリエ たそがれのだいちのれんきんじゅつし)は、2012年6月28日ガストから発売されたプレイステーション3ロールプレイングゲーム

錬金術によるアイテム作成を主題としたアトリエシリーズの14作目(外伝的作品を除く)である。今作の物語は、錬金術で栄華をきわめた文明が衰退し、滅びを迎えつつある黄昏の大地を舞台に、薬師の少女アーシャが行方不明になった妹のニオを取り戻すために、錬金術と光る花の秘密を知る旅に出るというものである。キャラクターデザインが担当している。

ゲームシステム[編集]

システムは大きく分けてフィールドパートとワールドマップパート、戦闘パートに分かれている。街エリアで態勢を整え、ワールドマップで行きたい場所に移動し、そこで採取や戦闘をしつつ目標の達成を目指す。フィールド上にいる敵キャラクターと接触すると戦闘パートに移行する。戦闘はコマンド入力で操作し、攻撃とスキル、アイテムを使う日本製RPGではスタンダードなスタイルである。戦闘後は若干の猶予時間があり、その間は敵に触れても戦闘にはならないため、敵が密集していても安全に回復アイテムが使用できる。

仲間が2人以上いる場合、ゲージがたまると一定時間内に△、□ボタンを押すことでアクティブコマンドが使える。攻撃を行う時に追撃を加えたり、敵が攻撃してきた時に仲間をかばうことができる。2人がアクティブコマンドを使える場合、L1、R1ボタン、あるいは方向キー←→を押すことで使うキャラクターを変更できる。

仲間キャラクターはそれぞれ戦闘で使える「スキル」を持っており、それを使うことで戦闘を有利に進めることができる。レベルが上がると使えるスキルが増え、最終的に4種類の技が使えるようになる。一定のレベルに達すると強力な「必殺技」が使えるようになり、通常モンスターならほぼ一撃で倒せる上、体力の多いボスモンスターを相手にする時は重宝する。ただし、使う際は必殺ゲージが満タンになっている必要がある。

スタートボタンを押すとメインメニューが開き、アイテムの入れ替えや装備の着脱、ステータスの確認などができる。セレクトボタンを押すとノートが開き、目標を確認することができる。

各パートでは時折イベントが発生し、ストーリーや目標にかかわる重要なものもあれば、思わず笑いを誘うような変わったものもある。また、イベントがたまっていると、そのエリアから出てもう一度入ることで発生させることができる。

本作の最大の特徴として、採取や戦闘で得たアイテムを調合し、より優れたアイテムや素材を生み出す「調合」システムがある。調合は街エリアで行うことができ、これを使って強力な攻撃、回復アイテムを作ったり、納品依頼を解決することができる。調合できるアイテムはお店やフィールドで参考書を手に入れることで増えていく。特にアーシャは戦闘スキルがないため、敵が強力になる中盤以降は調合で作った攻撃アイテムが頼りになる。ストーリー進行にも関わる重要なシステムである。

従来作にあった、ストーリーにかかわる短期的なクリア目標は廃止された[1][2]:pp.22-23

本作には制限時間が設けられており、開始からちょうど3年となる4年目の4月1日にゲーム終了となる。行動できるのは前日の3月30日(このゲームではひと月が30日)までであるため注意が必要。ゲームオーバーになることはなく、状況に応じたエンディングとスタッフロールが流れる。スタッフロール後にクリアデータをセーブすることができ、このデータをロードすることで一部のデータが引き継がれた2周目がプレイできる。

物語[編集]

物語の背景[編集]

今作の物語は、錬金術で発展した文明が衰退し、人類が静かに滅びつつある黄昏の時代を舞台としている。錬金術の知識は一度失われた後に再発見されはじめているが、今作の舞台となる地域にはまだ伝わっていないという設定である。過去の錬金術によって作られた遺跡の数々の文明的な価値は失われ、建材などを切り出すための石切場や交通のための通路として使われている。遺跡は錬金術によって生み出された「スラグ」と呼ばれるモンスターや、「オートマタ」と呼ばれる人造人間によって保守されている。

プレイヤーは物語の主人公であるアーシャを操作し、物語を進めていく。このゲームではプレイヤーの選んだ行動(移動、戦闘、採取、調合、休憩)に対して1日単位で時間が過ぎていき、3年が経過すると物語の進行状況に関わらずゲーム終了となる。以下に物語の概略を示す。

あらすじ[編集]

薬師の少女アーシャ・アルトゥールは天涯孤独の身であった。最後の家族であった妹のニオは3年前、アーシャに頼まれて近所の遺跡へと薬草採取へと出かけたまま失踪し、行方不明となっていた。アーシャはニオの墓を建てて彼女を弔い、失意の彼女を支えてくれた知人に対しては表向き明るく振る舞い、亡き祖父の家業を継いで薬師として生計を立てていたが、心の内ではニオを死んだものとは割り切りきれない思いや、自分がニオをお使いに行かせてしまったことに対する悔恨を引きずり続けていた。

ところがニオが行方不明になってからちょうど3年目の日、墓参りのつもりでニオの失踪現場を訪れていたアーシャは、不可思議な光を放つ花畑に浮かぶニオの幻影を目撃する。偶然この地域を訪れていてその場に居合わせ、一部始終を目撃した錬金術士のキースグリフ・ヘーゼルダインは、それが錬金術による事象であることを見抜き、ニオの生存を示唆する。アーシャに錬金術士としての素養があることを見て取ったキースグリフは、ニオを助けて欲しいというアーシャの懇願を拒絶しつつも、真理は他人ではなく自分の力で探し出すべきだという持論を語り、錬金術と光る花について学ぶよう助言する。キースグリフの見立てでは、ニオを助けられる期限は残り3年。アーシャは、錬金術を理解するため、そしてニオを助けるために旅立つことを決意する。

アーシャは知人の紹介により有力者の支援を受け、城塞都市フィルツベルクで自分のアトリエを持つ。また、道中や街でそれまでになかった数の友人を持つようになる。アーシャはニオのことや、友人と楽しく過ごしたこと、錬金術を学んだことなどの大切な思い出を日記に書きとめていく。

手がかりを求めて遺跡などを探索するなかで、アーシャは何度かニオの幻影と出会う。ニオは少し言葉を交わしただけで消えてしまうが、そのあとには必ず普通には見られない光る花が周囲に残されていた。光る花について調査するために、古代文明の知識が保存された図書館「弐番館」を訪問したアーシャは、そこで文献上の光る花「百年に一度咲く花」「雨を待つ花」「陽を避けて咲く花」のことを知る。キースグリフは当初、自分に利がないということでアーシャを助けることを拒否していたが、しだいに真理に近づいていくアーシャに、師としての助言を与えていく。

アーシャは旅をして光る花を集め、キースグリフの指導を得て光る花に含まれている香料の成分を分析し、それが古代に繁栄していた錬金術の遺跡のシステムによって、情報伝達の媒体として用いられているものであり、ニオが古代の遺跡にとらわれていることを突き止める。キースグリフは古代文明による自然破壊の跡や巨大兵器をアーシャに示し、ニオをとらえた遺跡もそうした悪意の存在であろうと憶測する。プレイヤーが真相に迫る一連のサブストーリーを達成していない場合はキースグリフの憶測を覆す根拠は見つからず、ニオが捕らわれてしまった理由やシステムの目的には踏み込まない形の結末となるが、サブストーリーを進めた場合、アーシャはキースグリフの考えに異を唱え、遺跡の目的を理解しようとする。この場合、アーシャは冒険の末に辿り着いた古代のアトリエで発見した資料から、キースグリフと共に弐番館の奥に秘匿されていた秘密を解き明かし、ニオが活動中の遺跡「壱番館」の管理システムによって、人類の滅亡後も種を保存し、世界を存続させるための標本として保護されていたという真相を知る。アーシャは暴走していた遺跡の管理システム「イグドラシル」を破壊してニオを取り戻すが、自分の行いが正しかったか確信を持てず、古代文明の善意の遺産を無為にしたことに心を痛める。

アーシャとニオの二人は家に帰り、ここで本編は一区切りとなる。この後も期限の3年が過ぎるまでゲームは続き、ニオを連れて旅に出ることができる。また本編と並行して、アーシャが旅の中で知り合い、ニオの救出に力を貸してくれた友人たちのサイドエピソードが挿入されるが、ニオを取り戻した後にはそれぞれのエピソードの結末が語られる[2]:pp.22-23。なおアーシャがニオを自力で救出できないまま3年が経過した場合はバッドエンドとなるが、その場合もニオはキースグリフによって救出される。いずれにせよグッドエンドであれば友人と共に、バッドエンドであれば自分の無力さを痛感したことを糧に、その後のアーシャが錬金術士として大成したという結末が語られるが、アーシャがニオを救出する過程で得た人脈と錬金術の技術によって何を成したかによって、選択できるエンディングの幅が広がる。

キャラクター[編集]

アーシャ・アルトゥール(Ayesha Altugle
- 井上麻里奈
本作の主人公。ニオの姉。17歳。身長:157cm、A型。職業:薬士、のちに錬金術士。
人里離れたアトリエに住む少女。かつては祖父と妹・ニオと3人暮らしだったが、数年前に師でもあった祖父が他界し、ニオも行方不明になり、現在は1人で薬草や珍しい植物の採取をしながら、暮らしている。ある日、妹がどこかで生きていることが分かり、再会のために旅へ出ることを決意する。真面目で礼儀正しい性格。錬金術の腕は確かだが、本人はあまりそれを自覚していない(そもそも、自身の駆使する技術が錬金術であることを知らなかった)。
ニオ・アルトゥール(Nio Altugle)
声 - 伊瀬茉莉也
アーシャの妹。13歳。身長:148cm、A型。職業:家事手伝い。
数年前に薬の材料のアトリエ近くの遺跡へ採取に行ったまま行方不明となる。姉想いの優しい性格で、アーシャとは非常に仲が良かった。
レジナ・カティス(Regina Curtis
声 - 水沢史絵
女性発掘家。23歳。身長:163cm、O型。職業:遺跡発掘。
女性でありながら有能で、街の商工組合とも繋がりを持つ。社交的で面倒見が良く、しっかり者。家は、大所帯。
キースグリフ・ヘーゼルダイン(Keithgrif Hazeldine
声 - 中田譲治
古代の知識を集める旅をしている錬金術士。45歳。身長:180cm、AB型。職業:異国の錬金術士。
紳士的で冷静沈着だが、錬金術の知識の研究の為なら手段を選ばず、トラブルを起こす為、周囲からの評判は悪いものの、本人は全く気にしていない。
ユーリス・グルンデン(Juris Grunden
声 - 鳥海浩輔
獣退治をするハンターの青年。20歳。身長:182cm、O型。職業:猟師。
家族を養う為に獣を狩って暮らしている。一族のしきたりに従い、古の龍を倒して、その鱗をまとい、一人前になりたいと思っている。しきたりに囚われる傾向があるが、本来は家族想いで優しい性格。妹が1人いる。
ウィルベル・フォル=エルスリート(Wilbell voll=Erslied
声 - 瀬戸麻沙美
魔法使いの一族の少女。14歳。身長:141cm、B型。職業:魔法使い。
家訓の定めで、魔法の旅をしている。空を自由に飛ぶ魔法を探している。魔法の腕前は、知識こそ豊富な様だが、実践は不足している。小生意気で、ちゃっかりしている。
リンカ(Linca
声 - 小清水亜美
マリオンの護衛を務める女性。20歳。身長:160cm、A型。職業:護衛業。
剣の腕は確かで、常人外れの戦闘技術を持つ。しかしその一方、一般的教養は全くといっていいほど持ち合わせておらず、常識外れな言動・行動をしては周囲を困らせている。なお、彼女の服装や髪型は、全てマリオンの趣味である。
マリオン・クィン(Marion Quin
声 - 植田佳奈
22歳。身長:150cm、A型。職業:遠方から来た駐在員。
遠い地から派遣されて来た駐在員。遺跡の記録作成や、資源調査を目的としている。日々上司から無茶な依頼を受け、愚痴をこぼしながらも仕事はしっかりこなしている。DLCにて、追加パーティーキャラとして加入させることができる。
オディーリア(Odileia
声 - 佐土原かおり
年齢不明。身長:157cm、血液型不明。職業:弐番館司書。
世界最大の図書館「弐番館」の司書。その実体はかつて錬金術士によって生み出されたオートマタ(機械人形)であり、弐番館の全ての蔵書の内容を記憶している。人形らしく機械的な口調で喋るが、一方で人間のようなお茶目な一面もある。食事を摂る必要はないはずだが、甘いものには目がない。彼女を作ったマスターは、キースグリフによく似ていたらしい。DLCにて、追加パーティーキャラとして加入させることができる。
ハリー・オルソン(Harry Olson
声 - 真殿光昭
36歳。身長:175cm、O型。職業:ハリー商会経営者兼好事家。
フィルツベルクの商業に大きな影響力を持つ、ハリー商会のオーナー。かなりの変人だが、面倒見は良い。前時代の遺産を集めることに非常に熱心であり、その知識を披露することも多いが、どこまでが真実なのかはわからない。
メリエッタ・ミューア(Merietta Muir
声 - 佐藤聡美
19歳。身長:157cm、B型。職業:ハリー商会の店員。
ハリー商会の経営する雑貨店「黒猫の散歩道」の店員。オーナーのハリーが趣味に没頭しているため、実質店を取り仕切っているのは彼女である。ハリーの趣味に不満をいう事も多いが、何だかんだで結局付き合っている。
アーニー・リトルトン(Ernie Lyttelton
声 - 杉山紀彰
26歳。身長:175cm、A型。職業:交易商人。
各地を牛車で巡り、交易をしている青年。アーシャのアトリエにも薬の取引で出入りしており、アーシャとは家族のような関係を築いている。アーシャのことを常に気にかけており、アーシャからすると「お母さんのような存在」らしい。
ナナカ・グルンデン(Nanaca Grunden
声 - 大亀あすか
16歳。身長:155cm、O型。職業:遊牧民の娘。
ユーリスの妹。うし飼いとして、良いうしの餌を探すために世界を巡っている。アーシャとは旅の途中で偶然出会い、年齢も近いことと、同じうし好きとして打ち解け、友人となる。神出鬼没で、あり得ない場所に突如うしと共に現れることもしばしば。
ラナン・エッツ(Ranun Ets
声 - 松野太紀
25歳。身長:170cm、AB型。職業:放浪する人。
世界を旅しつつ、バグパイプを用いた音楽を奏でる青年。創作に生きる自由人を自称するが、言い換えればただの働く意欲のない若者である。彼とは正反対で、働くことを生きがいとするアーニーとの出会いで、彼の人生観は大きく変わることとなる。
フレッド・ロッドフォーク(Fred Rodfork
声 - 稲田徹
30歳。身長:185cm、A型。職業:パン職人。
フィルツベルクに店を構えるパン屋の店主。大柄な体型からは想像もできないような、可愛いパンを作る。出来るだけ多くの人に自分のパンを食べてもらうことが彼のモットーであり、儲けはほぼ度外視しているようだ。
カイル・タレンバート(Kyle Tarenbert
声 - 野島健児
26歳。身長:165cm、A型。職業:酒場のマスター。
ホルンハイムの酒場「白い鴉亭」の料理長兼マスター。軽い性格ですぐ女性をナンパしようとするが、かつてそのせいで仕事をクビになったことが何度もあるらしく、最近は自重している。酒場のマスターだが自身は酒が全く呑めない下戸。ユーリスとは幼馴染であり、顔を合わせれば互いに悪態をつくが、実は仲が良い。
ターニャ・フォルタ(Tanya Folta
声 - 野水伊織
11歳。身長:154cm、A型。職業:塩屋。
空の向こうに広がる大塩湖にて、塩を取って生活をしている少女。遠く離れた都会に大して憧れを持っており、都会からやってきたアーシャに対して話を聞かせてくれるように頼んでくる。

主題歌[編集]

関連商品[編集]

オリジナルサウンドトラック[編集]

オリジナルサウンドトラック
サウンドトラック
リリース 2012年6月27日
ジャンル J-POPゲームソング
時間 202分33秒
レーベル ガスト (GUSTCD-10007~9)
テンプレートを表示

2012年6月27日にガストから発売された本作のサウンドトラックアルバム。 BGMの他、オープニング・エンディングテーマやフィニッシュジングルを含む全94トラックをCD3枚に収録。 によるアーシャの描きおろしイラストのスリーブケース仕様。

作曲:阿知波大輔、下田祐、柳川和樹(順不同)

Twilight Hour[編集]

Twilight Hour
スタジオ・アルバム
リリース 2012年6月27日
録音 studio Fine, D-Sound, コーエーテクモスタジオ, FujiyamaRecordings 音泉
ジャンル J-POPゲームソング
時間 42分19秒
レーベル ガスト (GUSTCD-10010)
テンプレートを表示

2012年6月27日にガストから発売された本作のボーカルアルバム。 ゲーム内で使用されたボーカル曲9曲すべてをフル収録。 左によるニオの描きおろしイラストのスリーブケース仕様。

  1. 花標 - 野見山睦未(バンドLocal busのボーカル)
    作詞・作曲・編曲:柳川和樹
    オープニングテーマ。
  2. Mystic Pendulum - Rurutia
    作詞・作曲・編曲:Rurutia
    ワールドイメージテーマ。
  3. いばら - やなぎなぎ(元supercellのゲストボーカル)
    作詞・作曲・編曲:柳川和樹
    イベントテーマ。
  4. Stargazer - 紗也研音所属のアーティスト)
    作詞:青木香苗、作曲・編曲:阿知波大輔
    バトルテーマ。
  5. 黄昏 - 妙(バンドtaikaのボーカル)
    作詞:下田祐・青木香苗、作曲:下田祐、編曲:阿知波大輔
    ストーリーテーマ。
  6. MARIA - 霜月はるか
    作詞:青木香苗、作曲・編曲:阿知波大輔
    バトルテーマ。メイリアと読む。
  7. 宵の星 - チリヌルヲワカ(元GO!GO!7188のボーカル中島優美を中心に結成したバンド)
    作詞・作曲:中島優美
    キャラクターテーマ。
  8. 夢を織る家 - 霜月はるか
    作詞:青木香苗、作曲・編曲:阿知波大輔
    アトリエテーマ。
  9. Altair - Annabel
    作詞:青木香苗、作曲・編曲:阿知波大輔
    エンディングテーマ。アルテアと読む。

漫画[編集]

ファミ通.comにて久松ゆのみによるプレイ日記マンガ爆発!となりのアーシャちゃんを連載、単行本全1巻。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 編集部:Ky (2012年6月15日). “アーシャのアトリエ」を先行プレイ。システムの簡易化と世界観の強化によって,より間口の広い“RPG”へと成長したシリーズ最新作”. 4Gamer.net (Aetas). http://www.4gamer.net/games/150/G015067/20120613051/ 2012年7月16日閲覧。 
  2. ^ a b 、2012、「巻頭特集 アーシャのアトリエ 黄昏の大地の錬金術師」、『電撃PlayStation』(Vol.521 2012.7.22)、アスキー・メディアワークス pp. pp.18-33

外部リンク[編集]