アポロ7号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Apollo 7
徽章
AP7lucky7.png
ミッションの情報
ミッション名 Apollo 7
司令船 CM-101
機械船 SM-101
質量 司令機械船 14,781 kg
乗員数 3 名
コールサイン 司令船:
Apollo 7
打上げ機 サターンIB SA-205
発射台 フロリダ州ケープカナベラル空軍基地
LC-34発射台
打上げ日時 1968年10月11日
15:02:45 UTC
着陸または着水日時 1968年10月22日
11:11:48 UTC
27° 38' N - 64° 09' W
ミッション期間 10日20時間9時間3秒
周回数 163周
遠地点 297 km
近地点 231 km
公転周期 89.78 分
軌道傾斜角 31.63
乗員写真
Apollo7 Prime Crew (May 22, 1968).jpg
左から:アイズル、シラー、カニンガム

アポロ7号は、アポロ計画において初の有人飛行を行った、11日間の地球周回軌道滞在ミッションである。またサターンIBロケットによる最初の有人飛行船打上げであり、3人の宇宙飛行士が搭乗した初のアメリカのミッションでもあった。

乗員[編集]

このチームはもともと、不幸な事故に見舞われたアポロ1号のバックアップ・クルーだった。

バックアップ[編集]

サポート[編集]

集計[編集]

  • 重量: 14,781 kg

軌道諸元[編集]

S-IVBロケット(サターンIBロケット第2ステージ)とのランデヴー[編集]

ミッションのハイライト[編集]

アポロ7号から見たS-IVBロケット (NASA)

アポロ7号は、使用機材の信頼性の確立を目的としていた。1967年アポロ1号炎上事件の後、アポロ司令船は大幅に改設計された。マーキュリー計画、ジェミニ計画、アポロ計画のすべてに搭乗した唯一の宇宙飛行士であるシラーには、司令機械船の地球周回軌道における慣熟飛行を託されていた。この飛行には月着陸船を伴わなかったので、より大型で強力なサターンVではなく、サターンIBロケットで打上げることができた。

アポロ宇宙船のハードウェアとミッション上の諸操作はさしたる問題もなく完了し、月軌道への投入と離脱に用いられる補助推進システム(SPS: Service Propulsion System)およびすべての重要なエンジンは8回の噴射で完全な作動を示した。アポロ宇宙船の船室はジェミニのそれよりも大きく快適であったが、それでも11日間の軌道滞在は宇宙飛行士にとって辛いものだった。食事はひどく、 3人の乗員は風邪をひいてしまった。その結果、船長のシラーはミッション・コントロールからの指令に対して過敏に反応するようになり、通信主任に対して、3人は口々にこれ以上のミッション続行は出来ないと返答するようになった。しかし、このミッションによって、基本的なアポロ宇宙船が耐航宙性を備えていることが成功裡に証明されたのである。

このミッションの目標には、アメリカの宇宙船から初のテレビ生中継による放送を行うこと(1963年、マーキュリー9号のゴードン・クーパー飛行士が生中継放送を行っているが、このとき使われたのは通常のテレビではなく低速スキャン・テレビ (en:slow-scan television) であった)、および、月着陸船とのドッキング運動のテストが含まれていた。

展示[編集]

Frontiers of Flight Museumに展示されているアポロ7号司令船

アポロ7号司令船は、オタワカナダ)のカナダ科学技術博物館に、シラーの着用していた宇宙服とともに(2年ごとの契約更新で)30年近くにわたって貸与されていた。2003年11月スミソニアン協会は、協会の新たな博物館(en:Steven F. Udvar-Hazy Center)での展示のために、返還を要請した。

アポロ7号は現在のところ、テキサス州ダラス市ラヴフィールドにあるFrontiers of Flight Museumで、スミソニアン協会から貸与されて展示されている。

アポロ7号は、アポロ宇宙船の有人飛行では唯一、ケープ・カナヴェラル空軍基地の第34発射台から発射された。この後に続くすべてのアポロ計画(アポロ・ソユーズ計画やスカイラブを含む)は、ケネディ宇宙センターの第39発射台から打上げられている。

ミッションバッジ[編集]

アポロ7号のミッションバッジは、主エンジンを噴射する司令機械船の飛行を表現している。エンジンから伸びた噴射炎は地球を一周し、バッジの縁を出て広がっている。シラーはこのバッジに月を入れなかった理由を「月に行く奴らのためにとっておこう」と語っている。ローマ数字の7(VII)が南太平洋に書き込まれ、クルーの名前が外周に沿って記されている。

参照[編集]

外部リンク[編集]