ウイリアム・ポーグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
William Reid Pogue

ウイリアム・ポーグ(William Reid Pogue、1930年1月23日 - )はアメリカ合衆国宇宙飛行士評論家作家である。1974年にジェラルド・カー、エド・ギブソンとともにスカイラブ4号に84日間滞在した。

オクラホマ州オケマに生まれた。米国南東部 のインディアン部族、チャクトーの血を引き、ポーグはネィティブ・アメリカンの最初の宇宙飛行士となった。1951年にオクラホマ・バプティスト大学を卒業した。1951年アメリカ空軍に召集され、朝鮮戦争の1953年から1954年の間は第5空軍に属し、戦闘爆撃任務についた。1955年から1957年の間は、空軍の曲技飛行チーム、サンダーバーズのメンバーとなった。

1965年までの2年間、アメリカとイギリスの間の技術交換プログラムのため帝国テストパイロット学校で学び、イギリスでテスト・パイロットを務めた。1965年10月に空軍からジョンソン宇宙センターに移籍した。

ウイリアム・ポーグ(上)とジェラルド・カー(下)

1966年にNASAの選抜した19人の宇宙飛行士の1人に選ばれ、アポロ7号、11号、14号のサポートメンバーを務め、実現しなかったアポロ19号の搭乗予定メンバーであった。スカイラブ4号のパイロットに選ばれ、1973年11月16日に打ち上げられ、1974年2月8日まで宇宙に滞在した。84日間と1時間15分の宇宙滞在は、当時のもっとも長い宇宙滞在記録であった。地球を1,214周、周回しスカイラブで56の科学実験などを行った。ポーグは13時間31分の宇宙遊泳を行った。

1975年9月1日に空軍を退役し、NASAを退いた後は航空コンサルトや宇宙旅行に関するTV番組のプロデューサーなどを務めた。一般むけの著書に、"How Do You Go to the Bathroom in Space?"(1991年)などを著した。


2014年3月3日に84歳で亡くなった[1]

脚注[編集]

  1. ^ “Skylab 4 Pilot William Pogue Dies”. NASA. (2014年3月4日). http://www.nasa.gov/content/skylab-4-pilot-william-pogue-dies/index.html 2014年3月5日閲覧。