アポロA-103

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アポロA-103
Apollo program insignia.png
ミッション名 アポロA-103
発射基地 ケープ・カナベラル
37B発射台
発射日時 1965年2月16日
14:37:03 (UTC)
大気圏再突入 1978年9月17日
飛行時間 4,961日
地球周回回数 75,918周
近地点 495km
遠地点 743km
地球周回時間 94.1分
軌道傾斜角 31.7度
飛行距離 3,114,579,139km
総重量 1451.5kg(ペガサスA)

アポロA-103アメリカ合衆国アポロ計画において打ち上げられた、8基目のサターンI 型ロケットである。アポロ司令・機械船の模型を軌道上に乗せるのは、これが3度目になる。このロケットはまた、宇宙から飛来する宇宙塵(微少隕石)が衛星の船体に及ぼす影響を調べるペガサスA(Pegasus A)衛星を搭載していた。

目的[編集]

A-103の飛行計画には12の目的があり、そのうちの2つはペガサスAに関わるもの、8つはロケットの性能試験に関わるもの、1つは緊急脱出用ロケット(launch escape system, LES)の切り離しに関わるもの、1つは司令船の切り離しに関わるものであった。ペガサスAの目的は、

(1) 機体の構造や電気的システムの機能に関する試験

(2) 低軌道において宇宙塵が機体に及ぼす影響の調査

であった。ペガサスAを軌道に乗せるミッションが加わったため、今回の軌道はアポロA-101アポロA-102とは違ったものになった。

構造[編集]

A-103は一段目にS-I、二段目にS-IV を使用し、ペガサスAは二段目の上部に搭載されていた。S-IVの上部 とペガサスAは一体化されていた。さらにその上には模擬のアポロ司令・機械船とLESが搭載されており、LESは上昇中に、司令・機械船は軌道投入後に投棄された。ペガサスAは重量およそ1,805kgで、計測用の翼を広げたときの幅は29.3mになる。

飛行[編集]

A-103は1965年2月16日14:37:03(UTC)、ケープ・カナベラル37B発射台から打ち上げられた。飛行は正常に行われ、ペガサスAはおよそ10分半後に近地点495km、遠地点743kmの楕円軌道上に乗った。軌道は当初計画されていたのに極めて近いものであった。

発射から804秒後に保護カバーが開かれ、その1分後には微少隕石観測用の翼が展開を開始した。ペガサスの寿命は当初1188日と予想されていたが、実際にはそれよりも若干長く、3年半後の1968年8月29日に消息を絶った。いくつかの小さな故障はあったものの、A-103計画は成功裏に終わった。

ペガサスA(NASA)
ペガサスA概要(NASA)
A-103の発射(NASA)

外部リンク[編集]