アポロ10号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Apollo 10
徽章
Apollo-10-LOGO.png
ミッションの情報[1]
ミッション名 Apollo 10
司令船 CM-106
機械船 SM-106
月着陸船 LM-4
質量 司令機械船: 28,830 kg
月着陸船: 13,941kg
乗員数 3
コールサイン 司令機械船:
チャーリー・ブラウン
月着陸船:
スヌーピー
打上げ機 サターンV SA-505
発射台 フロリダ州ケネディー宇宙センター
39B発射台
打上げ日時 1969年5月18日
16:49:00 UTC
月周回時間 61時間37分23.6秒
着陸または着水日時 1969年5月26日
16:52:23 UTC
南緯15度2分 西経164度39分 / 南緯15.033度 西経164.650度 / -15.033; -164.650
ミッション期間 192時間03分23秒
乗員写真
The three prime crew members for the Apollo 10 mission (Cernan, Stafford and Young).jpg
左よりサーナン、スタフォード、ヤング
年表
前回 次回
アポロ9号 アポロ11号

アポロ10号あぽろ10ごう)はアポロ計画の4番目の有人飛行で、39B発射台より打ち上げられる最初のミッションであった。2回目の月飛行及び、月軌道上での着陸船のテストが行われた。月面から15.6 km(8.4nm)の地点まで接近した。2001年ギネスブックによれば、アポロ10号は時速39,897km (秒速11.08 km 、24,791 mph)という有人の乗り物が到達した最高速の記録を持っている。この記録は1969年5月26日、月からの帰還に際して記録された。着陸船・司令船のコールサインはアメリカの著名な漫画ピーナッツから命名されている。

乗員[編集]

予備乗員[編集]

支援乗員[編集]

ミッション諸元[編集]

  • 質量: 司令船 28,834 kg; 月着陸船 13,941 kg

地球軌道[編集]

月軌道[編集]

月着陸船・司令船ドッキング[編集]

  • 切り離し: 1969年5月22日 - 19:00:57 UTC
  • ドッキング: 1969年5月23日 - 03:11:02 UTC

月着陸船による月面への最接近[編集]

  • 1969年5月22日 21:29:43 UTC

1969年5月22日 20:35:02 UTC に、月着陸船の降下推進システムを27.4秒間作動させ、月着陸船が 112.8km x 15.7km の軌道に投入された。最低地点は、アポロ11号の着陸地点である第2着陸地点から約15度の位置であった。最低高度を記録したのは 21:29:43 UTC で、月面から 15.6km であった。

ミッションのハイライト[編集]

このミッションは月着陸にむけた最終リハーサルであり、スタッフォードとサーナンが乗り組んだ月着陸船(通称「スヌーピー」)は月面から15.6 km(8.4nm)まで接近した。最終段階を除き、このミッションは着陸が行われるであろうときと正確に同じように宇宙と地上の両方で進行し、アポロの追跡・管制ネットワークの完全な動作が確認された。

地球の低軌道を離れてほどなく、S-IVBロケット(サターンV 型ロケットの第3段)から切り離された司令機械船は転回し、まだS-IVBに格納されたまま月着陸船とドッキングした。司令機械船と月着陸船は、月への旅に向けてS-IVBロケットから分離された。月軌道上では、スタッフォードとサーナンが月着陸船で飛行する間、ヤングは司令船 「チャーリー・ブラウン」にとどまった。彼らは月着陸船のレーダーと上昇用エンジンをチェックしたほか、あやまった設定のために誤動作を起こした姿勢制御システムのトラブルを何とか乗り切り、静かの海にあるアポロ11号の着陸予定地点を調査した。しかしながら、このミッションにおけるテスト項目には、実際の着陸は含まれていない。また、アポロ10号にはもうひとつの世界初の記録がある。すなわち、宇宙空間からのカラーテレビによる生中継放送である。

司令船はロンドンのサイエンス・ミュージアムに展示されている。

月着陸船は太陽周回軌道上にあるため、宇宙空間に送り出された全てのアポロ月着陸船のなかで唯一の完全な姿をとどめている。アポロ5号9号13号のそれは地球大気圏に突入して焼失してしまい、アポロ11号の離陸ステージは月軌道にとどまった後、月面に墜落した。また、12号から17号まで(13号を除く)の離陸ステージは、月に人工的な地震を起すために意図的に月面に墜落させられている。

ミッションバッジ[編集]

アポロ10号の盾形のバッジに描かれているのは、巨大なローマ数字の10(X)が月面に鎮座している姿である。スタッフォードの言葉によれば、これは「自分達の印を月面に残したことを示している」のだという。噴射炎を引きながら飛ぶ司令機会船は、月面近くから月着陸船の上昇ステージが上昇してくるのに合わせて、Xの上半分をくぐり抜けて飛行している。地球は背景に見えている。幅広の青い縁取りには、上部にAPOLLOの語が、下部には乗員たちの名前が記されている。このバッジの外枠は金色でととのえられている。

脚注[編集]

  1. ^ Richard W. Orloff. “Apollo by the Numbers: A Statistical Reference (SP-4029)”. NASA. ...

参考文献[編集]

外部リンク[編集]