アイラウの戦い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アイラウの戦い
"Napoléon on the field of Eylau" by Antoine-Jean Gros
アイラウの戦いでのナポレオン1世
(作:Antoine-Jean Gros)
戦争ナポレオン戦争
年月日1807年2月7日 - 2月8日
場所東プロイセン南部のアイラウ
結果:フランス軍の辛勝
交戦勢力
フランスの旗 フランス帝国 プロイセン王国の旗 プロイセン王国
ロシア帝国の旗 ロシア帝国
指揮官
ナポレオン・ボナパルト ベニグセン
戦力
75,000(砲200) 76,000(砲450)
損害
22,000 23,000

アイラウの戦い(アイラウのたたかい)は、1807年2月7日から2月8日にかけて東プロイセン南部の小さな町アイラウ(現:バグラティオノフスク)の郊外でおこなわれた会戦

イエナの戦いアウエルシュタットの戦いプロイセン軍を撃破した後、ナポレオン・ボナパルトは6万の兵でポーランドへ逃げたプロイセンロシア連合軍7万に決戦を挑んだ。しかし、吹雪や情報不足でフランス軍は苦戦を強いられた。吹雪の中、シャルンホルスト率いるプロイセンの軍団がフランス軍の側面を衝こうとしたので、あやうく大敗北になるところであった。オージュロー元帥も重傷を負い全滅しそうになったが、ミシェル・ネイ元帥の援軍が到着し逆転勝利した。プロイセン・ロシア連合軍は2万3000名の死傷者を出し敗走。しかし、フランス軍も2万2000名の死傷者を出し辛勝であった。

その後ナポレオンは軍を立てなおし、6月14日フリートラントの戦いで大勝した。この戦いの結果、7月7日ティルジットでロシアと講和した(ティルジット条約)。一方プロイセンは巨額の賠償金を課せられ、多くの領土を失った。