シェーンブルンの和約

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

シェーンブルンの和約(シェーンブルンのわやく, 仏:Paix de Schönbrunn, 英:Peace of Schönbrunn, 1809年10月14日)は、ナポレオン戦争の途中に、オーストリアの首都ウィーンシェーンブルン宮殿において、フランスオーストリアとの間で結ばれた講和条約である。シェーンブルン講和条約(シェーンブルンこうわじょうやく, 仏:Traité de Schönbrunn, 英:Treaty of Schönbrunn)とも呼ばれる。

概要[編集]

イベリア半島戦争でのナポレオン1世のつまづきを目の当たりにしたオーストリアは、1809年4月9日にイギリス第五次対仏大同盟を結成してバイエルンへ侵攻し、1805年プレスブルクの和約で失った領土の奪還へと乗り出した。しかし、逆にナポレオンによってウィーンを占領され、7月5日から6日にかけて行われたヴァグラムの戦いにも敗北して、7月12日には停戦が成立した。

10月14日に締結された講和条約はオーストリアにとって屈辱的な内容であった。フランスにはトリエステダルマチアを、バイエルン王国にはザルツブルクチロルを、ワルシャワ公国には北部ガリツィアルブリンを割譲した。ロシア帝国に対しては、オーストリアと戦わなかったにも関わらず、東部ガリツィアを割譲した。オーストリアはこれらの領土と共に、全人口の6分の1に相当する400万人の人口を失った。そのうえ、陸軍の総兵力は15万人に制限され、8,500万フランの賠償金を課せられた。また、ジョゼフ・ボナパルトスペイン国王として承認するとともに、大陸封鎖令の遵守を確約させられた。

参考文献[編集]

  • 本池立(著), 『ナポレオン―革命と戦争』, 世界書院, 1993/1, ISBN 4792721113