英露戦争

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

英露戦争(えいろせんそう, Anglo-Russian War)は、ナポレオン戦争と並行し、1807年1812年イギリスロシアとの間で行われた散発的な戦争である。

概要[編集]

1807年7月、ロシアは、皇帝ナポレオン1世支配下のフランスティルジットの和約を締結した。これにより、ロシアとフランスとの間に協調関係が成立し、イギリスとロシアとは敵対関係に立つことになった。

1807年9月、イギリスがデンマークを攻撃すると、ロシア皇帝アレクサンドル1世はイギリスへ宣戦布告した。10月にはドミトリー・セニャーヴィン指揮下のロシア艦隊が、地中海からの回航中にリスボンで拿捕され、戦争終結までの間ポーツマスで拘禁された。第二次ロシア・スウェーデン戦争(フィンランド戦争)に際しては、イギリス艦隊はスウェーデンを支援し、1808年7月と1809年8月にフィンランド湾における戦いでロシア艦隊を破った。しかし陸戦においてはロシアが勝利し、スウェーデンは1809年にロシアと、1810年にフランスと講和条約(パリ条約)を結んで大陸封鎖令に参加した。

1810年以降、フランスとロシアの関係は再び悪化し、イギリスとロシアとの敵対関係は終息に向かった。1812年4月にはイギリス、ロシア、スウェーデンの3国は対ナポレオンの秘密協定を結んだ。同年、ナポレオンのロシア遠征が開始されると、英露両国は正式に講和条約を締結した。

関連項目[編集]