アブキールの戦い (1801年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アブキールの戦い(1801年)
戦争エジプト・シリア戦役フランス革命戦争
年月日1801年3月8日
場所アブキールエジプト
結果:イギリスの勝利
交戦勢力
イギリスの旗 イギリス フランスの旗 フランス
指揮官
ラルフ・アバークロンビー ルイ・フリアン
戦力
5,000 2,000
損害
死傷1,100 不明(ただし甚大)

1801年アブキールの戦いまたは第二次アブキール会戦: Second Battle of Abukir)は、フランス革命戦争におけるエジプト・シリア戦役中に、ナイル・デルタに近い地中海岸のアブキールで起きた2回目の戦いである。夜間戦闘であったためアブキール夜戦: Night Battle of Abukir)とも言う。

1801年3月8日ラルフ・アバークロンビー将軍率いる5,000のイギリス軍は塹壕に立てこもるフリアン将軍指揮下の2,000のフランス軍を排除するために、海岸に上陸した。彼らは1,100の死傷者を出しつつ、その目的を達成した。

戦闘[編集]

関連項目[編集]