アレクサンドル・オステルマン=トルストイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アレクサンドル・オステルマン=トルストイ伯爵、1825年

アレクサンドル・イヴァーノヴィチ・オステルマーン=トルストーイ伯爵ロシア語: Алекса́ндр Ива́нович Остерма́н-Толсто́й, 1772年 - 1857年2月12日)は、ロシア帝国貴族ナポレオン戦争期の将軍。名門貴族トルストイ家の一員。

トルストイは1798年に少将、1805年に中将となった。その1805年に北ドイツへの遠征から戻ると、サンクトペテルブルク総督に任命された。トルストイは有名な外交官・政治家であったアンドレイ・オステルマン伯爵の外孫にあたり、1811年に子供のない叔父イヴァン・オステルマンが死ぬと、オステルマン家の家督を継承し、オステルマン=トルストイ姓を名乗った。彼は1812年ロシア戦役では、ヨハン・フォン・クレナウが全軍を統率する反ナポレオン軍の第4軍団の司令官となった。オステルマン=トルストイは1813年5月の21日から22日にかけて行われたバウツェンの戦いで負傷した。その後ドレスデンの戦いクルムの戦いライプツィヒの戦いに参加した。クルムの戦いでは負傷し左手を失ったがドミニク・ヴァンダムを捕虜とする勝利に貢献した。

1815年、オステルマン=トルストイは外交上の使命を帯びて短期間パリに滞在した。そして1817年に歩兵師団の軍司令官に就任した。彼はフランスイタリアで数年を過ごした後、1831年に探検家・歴史学者のヤーコプ・フィリップ・ファルメライヤーが率いるオリエント調査団に加わって中東に赴いた。オステルマン=トルストイは1837年、レマン湖畔に居を構え、1857年に同地で未婚のまま亡くなった。

外部リンク[編集]