黒河市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アイグンから転送)
移動: 案内検索
中華人民共和国 黒竜江省 黒河市
黒河市付近のアムール川、対岸はロシア領の街並み
黒河市付近のアムール川、対岸はロシア領の街並み
旧称:
黒竜江省中の黒河市の位置
黒竜江省中の黒河市の位置
簡体字 黑河
繁体字 黑河
Hēihé
カタカナ転記 ヘイホー
国家 中華人民共和国
黒竜江
行政級別 地級市
建置 1945年
改制 1980年
面積
- 総面積 66,802.7 km²
人口
- 総人口(2004) 173 万人
経済
電話番号 0456
郵便番号 164300
行政区画代碼 231100
公式ウェブサイト http://www.heihe.gov.cn/

黒河市(こくか-し)は中華人民共和国黒竜江省に位置する地級市

省北部のアムール河の岸辺にあり、対岸のロシア連邦アムール州を望む北辺の町である。

地理[編集]

黒河市は黒竜江省北部の黒竜江沿岸に位置し、358キロにわたる国境により下部行政区画である愛輝区、孫呉県城、遜克県城がそれぞれロシアと接する。愛輝区の対岸はロシア極東地区第3の町でアムール州州都のブラゴヴェシチェンスクで、その距離は僅か750メートルである。

歴史[編集]

黒河の旧称は満州語で「恐ろしい」を意味する琿である。1858年には清朝ロシア帝国の間の国境策定条約であるアイグン条約が締結されている。

黒河に行政区画が設置されたのは清初である。ロシア勢力の南下が進む中、清朝は1683年康熙22年)12月13日に黒竜江左岸旧琿城に黒竜江将軍衙門を設置、1685年(康熙24年)に黒竜江右岸新琿城(現在の愛輝鎮)に移転、更に1690年(康熙29年)には墨爾根(現在の嫩江県)に移転、琿副都統留守が琿新城に設置され、現在の黒河市全域を管轄していた。

中華民国が成立すると黒河道の管轄とされた、満州国成立後は1934年12月1日に黒河省が設置されている。

満州国崩壊後は1945年11月19日に黒河地区行政弁事処が設置され嫩江省の管轄とされたが、12月14日には黒河地区行政弁事処は黒竜江省に移管されている。1946年9月7日、黒河専区が成立、翌年には両省の合併により黒嫩省へと移管された。1947年2月7日、黒河専区は第五専区に改称されたが、黒嫩省解体に伴い9月17日に再び黒河専区に改編されている。

1967年4月に一時期黒河地区革命委員会と改称されたが、1979年2月8日に黒河地区行政公署に改編され、更に1993年2月8日に黒河地区は地級市の黒河市に改編され現在に至っている。

行政区画[編集]

1市轄区・2県級市・3県を管轄する。

年表[編集]

黒河地区[編集]

黒河市[編集]

  • 1993年2月8日 - 黒河地区が地級市の黒河市に昇格。(1区2市4県)
    • 黒河市が区制施行し、愛輝区となる。
  • 1996年1月31日 - 徳都県が五大連池市に編入。(1区2市3県)

交通[編集]

黒河の交通は次の通り。 [1]

経済[編集]

アムール河の中洲、大黒河島は中露辺境貿易の基地となり、黒河口岸を通して対ロシアとの貿易が活発に行われ、市内には国家級経済開発区が設置されている。

観光[編集]

観光地は、 [2]

  • 黒龍江公園、、ロシア商品街、大黒河島国際商貿城
  • 黒龍江の遊覧船
  • 愛輝歴史陳列館・愛輝(璦琿)古城:アイグン条約の締結地
  • 少数民族オロチョン族ダウール族居住地
  • 五大連池天然火山地質博物館

教育[編集]

  • 黒河学院(大学)

姉妹都市[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 黒河市の基本情報
  2. ^ 「地球の歩き方、大連・瀋陽・ハルビン、東北地方の自然と文化 2007/2008」(ダイヤモンド・ビッグ社、2006年)

外部リンク[編集]