東洋メディアリンクス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Verde Rayoから転送)
Jump to navigation Jump to search
東洋メディアリンクス株式会社
Toyo Media Links Co.,Ltd.
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
103-0001
東京都中央区日本橋小伝馬町10-1
CSSビルディング
設立 1962年昭和37年)8月20日
業種 サービス業
法人番号 3010001024218
事業内容 音響・映像設備等の設計・施工
音楽・BGM・映像ソフト
香りの企画・制作・販売
代表者 森永 洋一郎(代表取締役社長
資本金 5,000万円
従業員数 77名
決算期 9月
主要株主 株式会社CSSホールディングス
主要子会社 関連会社参照
外部リンク http://www.tmlg.co.jp/
テンプレートを表示

東洋メディアリンクス株式会社(とうようメディアリンクス、英称:Toyo Media Links Co.,Ltd.)は、東京都中央区に本社を置き音響設備、映像設備の施工及び音楽や映像に関するソフトの制作、業務用BGM、さらに香りの提供によって、総合的に空間プロデュースを行う企業である。また監視カメラ等のセキュリティ設備の設計・施工にも30年以上の実績があり、金融機関をはじめ商業施設等にも多数納入している。

沿革[編集]

発車メロディ[編集]

  • Water Crown(水の冠)
    • 横浜線とりんかい線で多く使われているメロディで、様々なVerがある。
  • Gota Del Vient(一滴の風)
    • 総武線で多く使われてるメロディで、様々なVerがある
  • Verde Rayo(緑の光線)
    • 横浜線で多く使われていて、様々なverがある
  • Cielo Estrerado(星空)
    • 大船、上田で使われてる標準verとりんかい線で多く使われている低音Verがある。代表的な4曲の中で、この曲だけエンドレスバージョン存在しない。
  • 近郊地域17番(別名:拝島1番)
    • 武蔵野線で多く使われている。それ以外では藤沢駅、安中榛名駅で使用
  • 近郊地域18番
    • 現在不使用 津田沼駅、拝島駅、成東駅で使用されていた。[1]
  • 近郊地域19番(別名:南武1番)
  • 近郊地域20番(別名:相模1番)
    • 相模線の一部のみ(橋本など)で使用[3]
  • 近郊地域20-1番(別名:相模1-1番)
    • 近郊20番の音色違い。宮山駅などで使用されている。
  • 東海道3番
    • 藤沢駅で使用されている。[4]
  • 東海道4番
    • 藤沢駅で使用されており、一ノ関駅の接近メロディーとしても使用されている。[5]発車メロディー導入初期の武蔵境駅でも使用されていた
  • 成田空港1番
    • 成田空港駅と空港第2ビル駅で使用されている。[6] [7]
  • 東海道5番
  • 川越1番
  • 長野3番

関連会社[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 成東駅は音が高かった
  2. ^ 稲田堤では低音Verがあった
  3. ^ かつては佐倉で低音Verがあった
  4. ^ http://hassya.net/bell/kyoku.php?tokaido3
  5. ^ http://hassya.net/bell/kyoku.php?tokaido4
  6. ^ http://hassya.net/bell/kyoku.php?airport1
  7. ^ 東海道3番・4番・成田空港1番をまとめて「Humpty Dumpty」ともいう。
  8. ^ http://hassya.net/bell/kyoku.php?tokaido5
  9. ^ http://hassya.net/bell/kyoku.php?kawagoe1
  10. ^ http://hassya.net/bell/kyoku.php?nagano3

外部リンク[編集]