Train Simulator Real THE 京浜急行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Train Simulator Real THE 京浜急行
ジャンル 電車運転シミュレーション
対応機種 PlayStation 2
開発元 音楽館
発売元 音楽館・ソニー・コンピュータエンタテインメント
人数 1人
メディア PlayStation 2専用メモリーカード
発売日 2002年10月31日
対象年齢 なし
テンプレートを表示

Train Simulator Real THE 京浜急行(トレインシミュレーター リアル ザ けいひんきゅうこう)は、2002年10月31日音楽館からTrain Simulator Realシリーズとして発売された、京浜急行電鉄を舞台とするPlayStation 2用の鉄道運転シミュレーションゲームである。

特徴[編集]

Train Simulator Realシリーズ第2弾として発売されたこのゲームは、試験をクリアするに従い運転可能な車両が増えていくというシステム。 前作の『Train Simulator Real THE 山手線』より精巧な仕上りになっている。

『THE 山手線』にはなかった色灯式信号機、列車種別表示灯、列車選別確認灯、列車種別確認板、停止目標までも画像内に埋め込む事が可能になったため、かつそれぞれの表示パターンをリアルに再現、遠目に見える信号機の色の輝き方はとても素晴らしい仕上がりとなっている。 また運転台からの風景は実写が使用されている。そのため、臨場感溢れる運転をする事が出来る。 天候は晴天と曇天の間。一部ダイヤでは、夕日を浴びた風景も存在する。

しかし、その実写という性質上、自分の操作する電車が停止すると周りにいる走行中の電車や自動車、歩行者等も停止してしまう。これは、映像を一時停止しているために起こってしまう現象である。また、これと同様に電車が120km/hといった高速で走行すると周りに見える自動車が一般道にも関わらずそれ以上のスピードで走っていることがある。これは映像が早送りされているために起こってしまう現象である。他にも電車がオーバーラン等で後退すれば、映像が巻戻しされるため周りに見える自動車や歩行者等も後退するありえない現象が起こる。 しかし、本作では駅での旅客が少ないこともあり特に目立たない。

さらに快特や特急などが通過する通過駅からでもチャプターすることができる。逸見駅など待避線がある駅では通過線からのチャプターである。

なお、このゲームの終着は品川であるが、時々泉岳寺方面の信号が注意現示になっているときがある。そのときにオーバーランして泉岳寺方面へ冒進しようとしても数十メートルで運転中止になる。(更にその先は泉岳寺方面でなく品川の車庫へ映像が続いている。)

停止信号を通過した場合、勾配のある駅で客扱い時にブレーキをかけずに列車を前後50cm以上転動させた場合、大幅にオーバーランした場合、制限速度を大幅に超過した場合、その瞬間画面が切り替わり運転中止となる。 セクション内で停車しても運転中止になる。大森海岸駅通過の列車で12両編成でこの駅からチャプターしようとするとセクションを抜けていなくても発車できる。当然すぐ停車したら運転中止になる。

かつて、この京急本線・久里浜線は既にWindows95版・Macintosh版において『Train Simulator 京浜急行電鉄本線久里浜線』として製品化を果たしている。その際は下りの品川→三崎口間を600形で運行するという内容になっており、今作はその逆方向の運転(上り : 品川方面)を「空港線」や「京浜急行の全車種による運転」という要素を付加した形で製品化したリメイク版といえる。

DEMO[編集]

なお今作には3分ほどのDEMOがついており、たくさんの風景が高速で鑑賞できる。

下記はそれに出てくる区間[1]

  • 制限100…京急久里浜 - 北久里浜
  • 制限95…同じく
  • 制限90…京急川崎 - 六郷土手
  • 制限85…弘明寺 - 井土ヶ谷
  • 制限80…立会川 - 鮫洲
  • 制限75…井土ヶ谷 - 南太田
  • 制限70…京急安浦 - 横須賀中央
  • 制限60…鮫洲 - 青物横丁
  • 制限55…大鳥居 - 糀谷
  • 制限50…黄金町 - 日ノ出町
  • 旧1000形の前面アングル…前方に三浦海岸
  • 低位置のカメラ…大森海岸 - 立会川
  • アングルを左右に振るシーン…三崎口 - 三浦海岸
  • トンネルの中…羽田空港 - 天空橋
  • 鮫洲のアングル
  • 制限115…平和島
  • 旧1000形が3つに分裂するシーン…北品川

※ここからはDEMOのみのシーンです

  • 三浦半島から始まる…三崎口
  • 京浜急行全車種網羅…京急久里浜~北久里浜
  • 特急神奈川新町行きです (1) …上大岡 - 弘明寺
  • 特急神奈川新町行きです (2) …子安 - 京急新子安
  • 特急神奈川新町行きです (3) …神奈川通過
  • 特急神奈川新町行きです (4) …大鳥居 - 糀谷
  • 緊張感溢れる速度制限…日ノ出町通過
  • 画面表示をパワーアップ…京急蒲田
  • 京浜急行全面協力…京急川崎 - 六郷土手
  • 抜群のスピード感…雑色 - 京急蒲田

使用可能な専用コントローラ[編集]

以下はシリアル - USB変換ケーブルを用いれば使用できる。

  • TSマスコン2…力行5段・常用5段にセットで使用可能。
  • TSマスコン…Cタイプ(力行5段・制動6段、但し制動段は非常を含む)にセット、ソフト起動後にN位置でS・A・B・C各釦を押してから使用可能。

運転可能な路線[編集]

運転可能な車両[編集]

  • ツーハンドル運転台車両
    1000形のうち、初期に登場した方向幕が白地の車両を「白幕車」と呼ぶ。減速時15km/h以下になると、ブレーキ力(ブレーキシリンダの圧力)が半減するため、非常に扱いづらい。OK-18系台車を装備した車両を再現しており、発車、停車時に独特な唸りを聞くことができる。
    • 1000形黒幕車
    1000形のうち、後期に増備され方向幕が黒地のものに交換された車両を「黒幕車」と呼ぶ。チョッパ車や新鋭のVVVF車と比べると見劣りするが、白幕車よりは素直な性能で扱いやすい。教習10番はこれを使って神奈川新町→京急川崎を走行する。
    京急初の4扉車両。加速、減速性能が非常に低いのが特徴。4両編成のみが存在する。
  • ワンハンドル運転台車両
    普通列車用に設計された界磁チョッパ制御車。そのため起動加速性能は非常に高いが、中高速域での加速に難がある。6両編成のみが存在する。
    界磁チョッパ制御を採用した元快特用車両。その名残か低速域よりも中高速域での加速を重視した性能になっている。
    界磁チョッパ制御を採用。都営浅草線直通の快特から支線の普通列車まで、京急線全線で幅広く活躍するオールマイティ車。
    京急で初めてVVVFインバータ制御を採用した1500形のマイナーチェンジ車。性能はチョッパ車に比べ飛躍的に向上している。本作品では三菱製のインバータを採用した車両を再現している。
    • 1500形更新車
    スカートの装着やバリアフリーなどに対応した1500形のリニューアル車。性能自体は未更新車とほぼ同じ。[2]
    前作『Train Simulator 京浜急行電鉄本線久里浜線』にも登場したオールクロスシート車両。線内普通列車や快特のほか、空港アクセスのエアポート快特の専用車としても活躍する。
    快特や「京急ウィング号」などで活躍する、京急を代表する2扉オールクロスシート車両。起動時に独特の音階を奏でるため、「ドレミファインバータ車」の異名を持つ。
    • 新1000形1・2次車(シーメンス製GTOインバータ搭載車)[4]
    本作品発売当時の最新型車両。2100形と同様、起動時に音階を奏でる。当時登場していなかった4両編成のほか、現時点でアルミ車では存在しない6両編成も運転可能。[5]

12両編成のダイヤでは、増結された車両の性能によって自車の性能もやや変化する。例として、2000形4両編成の後部に新1000形8両編成を増結すると性能がやや上昇する。逆に2000形8両を連結した状態の新1000形4両を運転すると、性能がやや低下してしまう。

運転可能なダイヤ[編集]

本作品のダイヤは2001年9月15日改正時のものを使用している。その後、本作品発売直前の2002年10月12日に改正されたため、このダイヤは現存しない。

  • 1211A 快特 品川行き 三崎口 - 品川
    • 京急線内のみを走る快特列車。2100形が優先的に運行される。試験では横浜~品川間を2100形で運転する。難易度は初級。
  • 951SH 快特 青砥行き 三崎口 - 品川
  • 775H 特急 高砂行き 京急久里浜 - 品川
    • 通勤時間帯に走る特急列車。金沢文庫で前4両の増結を行う。試験では神奈川新町~品川間を1500形で運転する。難易度は中級。
    次作『Train Simulator 京成・都営浅草・京急線』ではダイヤ改正によって押上行きとなり、品川~押上間の運転となっている。
  • 715C 特急 神奈川新町行き 京急久里浜 - 神奈川新町
    • 通勤時間帯に走る特急列車。金沢文庫で前4両の増結を行う。試験では京急久里浜~神奈川新町間を2000形で運転する。難易度は上級。
    このダイヤと上記775Hは当初、連結イベントを収録する予定だった。[6]
  • 675H 特急 品川行き 京急久里浜 - 品川
    • 早朝に走る特急列車。先行列車と離れているため、信号機は京急鶴見 - 京急川崎間を除いてほとんど変化しない。車両選択時には本来この列車には使用しない2000形も選択可能(品川までの運転のため)。試験では金沢文庫~品川間を1500形で運転する。難易度は上級。
  • 709B 特急 金沢文庫行き→快特 品川行き 京急久里浜 - 金沢文庫 - 品川
    • 通勤時間帯に走る快特列車。金沢文庫で増結後、種別を特急から快特に変更する。試験では全区間を2000形で運転する。京急本線の卒業試験。
  • 571 普通 京急川崎行き 神奈川新町 - 京急川崎
    • 早朝に走る普通列車。優等列車を先にやり過ごすための待避を行わない。4両編成と6両編成が選択可能。トレーニングモードでも使用されるダイヤで、旧1000形黒幕車を使って行われる。
  • 1761HX 普通 京急蒲田行き 羽田空港 - 京急蒲田
    • 夕方に走る普通列車。羽田空港 - 京急蒲田間でピストン輸送を行う。試験では全区間を600形で運転する。難易度は初級。
  • 1669H 急行[7] 印旛日本医大行き 羽田空港 - 品川
    • 夕方に走る急行列車。乗車率は全区間にわたってほぼ平均的。試験では全区間を旧1000形黒幕車で運転する。難易度は中級。
  • 601C 特急 品川行き 羽田空港 - 品川
    • 早朝に走る特急列車。乗車率は全区間にわたって低い。試験では全区間を2100形で運転する。難易度は上級。
    なお実際のダイヤも2100形限定運用であった。ゲーム発売後のダイヤ改正でこのダイヤは消滅した(近似した時刻に同じ区間で「急行 615H」として運転されるようになった)。
  • 1185SH エアポート快特 成田空港行き 羽田空港 - 品川
    • 羽田空港と成田空港を結ぶエアポート快特列車。泉岳寺から先は都営地下鉄浅草線と京成本線を経由する。試験では全区間を600形で運転する。空港線の卒業試験。
    ちなみに当時は京成線内は「エアポート特急」であり、エアポート快特は京急蒲田に停車していた[8]。(現在の「エアポート快特」は京成線内アクセス特急となっている。)
  • 699C 回送 三崎口 - 品川
    • このゲームの映像を撮影するための列車でもある。途中、YRP野比・金沢文庫・神奈川新町に運転停車する。

試験モードで全ての試験をコンティニューなしで「優」評価でクリアすると、運転モードのすべてのダイヤで車両を自由に選ぶことができるようになる。例として、普通列車に2100形を使用したり、エアポート快特に700形などを使用することが可能。また、増結を行うダイヤでも車両の組み合わせが自由に選べるようになるため、実際には見られなかった新1000形と旧1000形の併結や、併結を行わない800形を使った12両編成運転が可能になる。

脚注[編集]

  1. ^ ちなみに前半に出てくる映像の場所は、声が流れる速度制限と同じ速度制限が設けられている。
  2. ^ 当時、改造でVVVFインバータ制御になった編成は登場していない。
  3. ^ 当時、国産VVVFへの換装車は登場していない。
  4. ^ 当時、4両編成に加え、シーメンス製IGBT搭載車、VVVF換装車とステンレス車は登場していない。
  5. ^ 1次車は、8両編成1本と4両編成1本を組み替えて、6両編成2本にできるように設計されている。
  6. ^ 音楽館公式ブログ『レールファン音楽館 スタッフの部屋』の「制作うらばなし:THE京浜急行編」に詳細が記されている。
  7. ^ 現在、急行はエアポート急行となっている。
  8. ^ 2010年5月16日のダイヤ改正以降、エアポート快特は京急蒲田駅を通過している。

関連項目[編集]