TOYOTA LONGPASS EXPRESS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
TOYOTA LONGPASS EXPRESS
東海道本線を名古屋南貨物駅方面へ向かう列車(大高 - 共和間)
東海道本線名古屋南貨物駅方面へ向かう列車(大高 - 共和間)
日本の旗 日本
運行者 日本貨物鉄道
名古屋臨海鉄道
列車種別 高速貨物列車
始発 名古屋南貨物駅
終着 盛岡貨物ターミナル駅
経由線区 名古屋臨海鉄道南港線東港線
東海道本線東北本線
所要時間 15 - 20時間
運行頻度 1日2往復
使用車両 コキ100系コンテナ車
最高速度 100 km/h
運行開始 2006年11月15日
線路所有者 名古屋臨海鉄道
東海旅客鉄道
東日本旅客鉄道
テンプレートを表示
名古屋臨海鉄道南港線を名古屋南貨物駅方面へ向かう列車
東北本線小牛田駅(運転停車)を発車する盛岡貨物ターミナル駅行き列車

TOYOTA LONGPASS EXPRESS(トヨタ・ロングパス・エクスプレス)は、日本貨物鉄道(JR貨物)および名古屋臨海鉄道2006年11月15日より運転している、トヨタ自動車の製品を運ぶために専用に組成されたコンテナ貨物列車愛称である。通称「ロンパス」。

概要[編集]

同列車は、愛知県を初めとした中京圏に所在するトヨタ系諸工場で生産された部品を、トヨタ自動車東日本(旧・関東自動車工業)岩手工場がある岩手県胆沢郡金ケ崎町に運ぶため、名古屋南貨物駅盛岡貨物ターミナル駅の間を1日2往復運行しており、同工場への部品輸送量の約8割を担っている。

自動車部品の工場間輸送は従来内航海運に多くを委ねてきたが、各種情勢の変化から輸送力が飽和しつつあり、増産分を鉄道輸送に移管する方針が採られたために設定された列車である。モーダルシフトの一環としての意義も有するが、厳密には本来のモーダルシフト(トラック輸送から鉄道・船舶輸送への移行)とは趣旨が異なるものである。

運行体系[編集]

名古屋南貨物駅(名古屋臨海鉄道) - 盛岡貨物ターミナル駅東海道本線東北本線経由で運行する。列車種別は最高速度100km/h高速貨物列車で、所要時間は15 - 20時間である。

コキ100系コンテナ車コキ105形を主体とし必要に応じてコキ104形を増解結して組成する編成で、専用コンテナ(U55A形)を最大40個積載する。牽引する機関車は、東海道本線・新鶴見信号場まではEF210形電気機関車を用い、新鶴見信号場以北・武蔵野線・東北本線はEH500形電気機関車を用いる。

運行経路は、名古屋南貨物駅 - (名古屋臨海鉄道南港線東港線) - 笠寺駅 - (東海道本線) - 新鶴見信号場 - (武蔵野線) - 大宮操車場 - (東北本線) - 盛岡貨物ターミナル駅 である。現運行列車はすべて武蔵野線経由である[注 1]。途中停車駅は、運転停車を除き存在しない。運行開始時では両側の駅を深夜に出発し翌日午後に相手側に到着するダイヤと、両側の駅を午前中に出発し、翌日早朝に相手側に到着するダイヤが組まれた。

運転開始当時は土休日(発駅基準)を除いて1日1往復の運行となっていたが、2007年10月22日からは土休日を除き1日2往復となった。その後、世界的な不況による工場の減産のため2009年3月からは1往復を運休扱いとした[1]が、エコカー減税などの優遇措置や生産体制の再編により2009年から2往復運行に戻った[2]。 2016年には再び1往復が臨時列車となり、盛岡ターミナル行きは12両と8両の2便とされ、1本は定期列車、もう1本は八戸貨物駅行き定期列車4083レ後部に併結されて終着していた。 2017年には、コンパクトクロスオーバーSUV車C-HR増産のため、再び増解結なしの2往復運行に戻った[3][4]。同年9月からは佐川急便が北東北向けの宅配便にコンテナ1個を占有し混載にて輸送を始めている[5]

現列車番号は名古屋南貨物駅発の列車は、新鶴見までと新鶴見から先が2050・4051(深夜発)と2052・4053(昼発)で、盛岡貨物ターミナル駅発の列車は、新鶴見までと新鶴見から先が4052・2051(午前発)と4054・2053(深夜発)である。

コンテナは盛岡貨物ターミナル駅で専用トレーラーに積み替え、国道4号経由で岩手工場まで運ばれている。

その他[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 盛岡ターミナル駅行きのうち1本(2052・4053列車)は新鶴見信号場 - 大宮操車場間において品鶴線山手貨物線田端信号場駅経由で運行した時期があった。

出典[編集]

外部リンク[編集]