LGA1366

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
LGA 1366
LGA Socket 1366.jpg
ソケット形式 LGA(ランド・グリッド・アレイ)
チップ形状 FC-LGA
コンタクト数 1366
バスプロトコル インテル QuickPath インターコネクト
FSB 1× から 2× QuickPath
プロセッサの寸法 1.77 × 1.67 インチ (44.958mm x 42.418mm) [1]
採用プロセッサ Intel Core i7 (9xx 番台)
Intel Xeon (35xx, 36xx,
55xx, 56xx 番台)
Intel Celeron P1053

LGA1366とは、インテルCPUソケットの一つで、Core i7で初めて採用された。Socket Bとも呼ばれる。"B"は第一世代のCore i7の開発コードネーム"Bloomfield"に由来する。Bloomfieldは1366個のランド(=平たい接点)を持つLGAパッケージを採用しており、適合する本ソケットの名称起源となった。

採用したCPU[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Intel Core i7 Processor Datasheet”. 2013年6月1日閲覧。