LGA1155

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
LGA 1155
Intel Socket 1155.jpeg 
ソケット形式 LGA(ランド・グリッド・アレイ)
チップ形状 FC-LGA
コンタクト数 1155ピン
バスプロトコル DMI
採用プロセッサ Intel Core i7
Intel Core i5
Intel Core i3
Intel Pentium G
Celeron Dual-Core

LGA1155は、ランド・グリッド・アレイ (Land grid array) を採用したインテルCPUソケットで、LGA1156の後継にあたる規格である。別名は、Socket H2

概要[編集]

Sandy BridgeマイクロアーキテクチャIvy Bridgeマイクロアーキテクチャに対応しており、メインストリームCPU用となる。2011年の第1四半期に発表された。外観は、LGA1156と比較した場合、切欠きの位置が異なり、ランド(=平たい接点)の数が一つ減り、1155個である。LGA1155以外のLGA115x系(LGA1156LGA1150LGA1151)との互換性はない。ただし、CPUファンヒートシンクの取り付け穴の配置は、LGA115x系と同一であり、互換性を持つ。

対応CPU[編集]

  • Intel Core i7 3700/2000 番台 (IvyBridge/SandyBridge)
  • Intel Core i5 3000/2000 番台 (IvyBridge/SandyBridge)
  • Intel Core i3 3000/2000 番台 (IvyBridge/SandyBridge)
  • Pentium G2000~G2100番台/G800~G600番台 (IvyBridge/SandyBridge)
  • Celeron G1600番台/G500~G400 番台 (IvyBridge/SandyBridge)
  • Xeon E3 1200番台 v2/1200番台 (IvyBridge/SandyBridge)

対応チップセット[編集]

脚注[編集]

出典[編集]

関連項目[編集]




外部リンク[編集]