Socket 8

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Socket 8
Socket 8.jpg
ソケット形式 ZIF
チップ形状 CPGA
コンタクト数 387
バスプロトコル AGTL
FSB 60~66 MHz
電圧範囲 3.1~3.5 V
採用プロセッサ Pentium Pro, Pentium II OverDrive
希少な、エンジニアリングサンプル版のPentium II Overdrive CPUの底面

Socket 8は、インテルPentium ProPentium II Overdriveプロセッサで使われたCPUソケットである。インテルはPentium II導入時にSlot 1を採用し、Socket 8の使用を中止した。

Socket 8は387ピンのユニークな矩形のソケットである。Socket 8は60~66MHzのFSB速度と、3.1~3.5Vの電圧であり、Pentium ProとPentium II OverDriveプロセッサをサポートした。Socket 8はピンの配列もユニークである。ソケットの一部はPGAグリッドを使用しているが、別の部分はSPGAグリッドを使用している。