Socket 603

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Socket 603
ソケット形式 PGA-ZIF
チップ形状 PGA
コンタクト数 603ピン
採用プロセッサ Intel Xeon

Socket 603は、インテルXeonプロセッサ用のCPUソケットである。

技術仕様[編集]

Socket 603 は、ワークステーションやサーバプラットフォーム向けとしてインテルが設計した ZIF ソケットである。Socke 603 は、ソケットの中央に格子状に配置された 603 個の接点を持つ。それぞれの接点は 1.27 mm ピッチの規則的なピン配列であり、603 ピンパッケージのプロセッサと接合する。インテルの設計は、低価格・低リスク・堅牢・単純な構造で、Socket 603 と Socket 604 を区別することができた。[1]

全ての Socket 603 のプロセッサは 400 MHz のバス速度で動作し、180 nm プロセス、又は 130 nm プロセスで製造された。Socket 603 のプロセッサは Socket 604 を使用したマザーボードに挿入することが出来たが、Socket 604 のプロセッサは、1つのピンが余分にあるため、Socket 603 を使用したマザーボードに挿入することが出来なかった。Socket 603 用のプロセッサは 1.4 GHz から 3 GHz の範囲に存在した。

インテルの "MP" 用として製造された Socket 604 用プロセッサは存在しないが、いくつかの Socket 603 用プロセッサは "MP" 用とされた。プロセッサ名にクロック数と並んで付与された "MP" は、マルチプロセッサ(「マルチプロセッサ」は 3 個以上の CPU を持つことを意味する)の性能を向上させるL3キャッシュを内蔵していることを意味する。しかし現在では、いくつかの Socket 604 用のプロセッサは、最大 16 MB の L3 キャッシュを内蔵して製造されている。

参照[編集]

  1. ^ Microsoft Word - 603 Pin Socket DG.doc

http://www.intel.com/Assets/PDF/designguide/249672.pdf This is the new link old one "Not Found"

外部リンク[編集]