Socket P

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Socket P
Socket P-above.png
ソケット形式 PGA
チップ形状 FC-PGA
コンタクト数 478
FSB 400MT/s, 533MT/s, 667MT/s, 800MT/s, 1066MT/s
採用プロセッサ Intel Core 2 Duo (T5xx0, T7xx0, T8x00, T9x00)
Intel Core 2 Quad (Q9100, Q9000)
Intel Celeron M
Intel Pentium Dual-Core (T23x0, T2410, T3x00, T4200)

インテルSocket Pは、モバイル向けCore 2CPUソケットを改版したものである。Santa Rosaプラットフォームの一部として、MeromPenrynと合わせて2007年5月9日に発売された。

技術仕様[編集]

Socket Pは800MT/sまたは1066MT/sのFSBであり、消費電力を抑えるために400MT/sに「動的に」切り替えることが出来る。Socket Pは478ピンであるが、Socket MSocket 478とピン互換性は無い。Socket Pは、478ピンMicro FCPGAやμFCPGA-478とも呼ばれ、インテルではPPGA(Plastic PGA)と称している。

外部リンク[編集]