Socket J

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Socket J (LGA771)
LGA771.png
ソケット形式 LGA
チップ形状 FC-LGA
コンタクト数 771
FSB 667 MT/s, 800 MT/s, 1066 MT/s, 1333 MT/s, 1600 MT/s
採用プロセッサ Intel Dual-Core Xeon E3xx3/5xxx
Intel Quad-Core Xeon E/X5xxx/X3xx3
Intel Core 2 Duo E6x05
Intel Core 2 Extreme QX9775
Intel Celeron 445

Socket Jは、インテルが2006年に導入したCPUソケットである。LGA771としても知られている。Socket Jは、インテル製のデュアルプロセッサに対応したサーバ向けCPUの、Dual-Core Xeon(コードネーム"Dempsey"と"Woodcrest")とQuad-Coreの"Clovertown"、および新しい世代のCore 2 Extremeプロセッサで使われた。Socket Jは、CPUの裏側の接点に触れるための、771本のピンを持っている。

LGA771という名前の通り、Socket Jは771個の接点を持つ、LGA(ランド・グリッド・アレイ)である。"Socket J"の"J"は、このソケットと同時にデビューされることになっていたがキャンセルされた、プロセッサのコードネーム"Jayhawk"に由来する。Soekct JはSocket 604の後継を意図しているが、LGA775からデザインの多くを取り入れている。