Socket M

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Socket M
Socket mPGA478MT Socket M.jpg
ソケット形式 PGA
チップ形状 FC-PGA
コンタクト数 478 (以前のSocket 479とは異なる)
FSB 533 MT/s, 667 MT/s, 800MT/s
採用プロセッサ Intel Core Solo
Intel Core Duo
Intel Core 2 Duo (T5x00, T7x00, T8x00)
Intel Celeron M

Socket M(Micro-FCPGA)は、2006年にインテルがIntel Coreシリーズのモバイルプロセッサ向けに導入したCPUソケットである[1]。Socket Mは、全てのIntel Core製品と、Coreから派生したDual-Core Xeon(コードネームSossaman)で使われた。また、最初の世代のモバイル向けIntel Core 2、具体的にはT5x00とT7x00のMeromシリーズ(Napa Refreshとも呼ばれる)で使われ、2007年Socket P(Santa Rosa)に切り替えられた。Socket Mは、最大667MHzのFSBをサポートするIntel 945PM/945GMチップセットと、最大800MHzのFSBをサポートするIntel 965PM/GM965チップセットで使われる。

類似のCPUソケット[編集]

Socket Mは、古いモバイル向けのSocket 479、古いデスクトップ向けのSocket 478、 新しいモバイル向けのSocket Pと、同一のように見えるが互換性は無い。

参照[編集]

  1. ^ Intel's multiple Meroms pin-incompatible - report | Register Hardware