Intel Quick Sync Video

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

Intel Quick Sync Video(QSV)とはIntelによって開発されたハードウェアによるビデオエンコードデコード技術の名称である。2011年1月9日にリリースされたSandy Bridgeにて初めて搭載され、以降の製品で採用されている。"Quick Sync"の名前はDVDBlu-ray Disc等のビデオをスマートフォン向けの形式に高速に変換できることに由来する。QSVはCPUGPGPUを利用したエンコーダとは異なりCPUのダイに専用の回路を持ち、低消費電力で高速な処理ができる。[1][2]

パフォーマンス[編集]

QSVはパフォーマンスが優れている事が報告されている。[3] The eighth annual MPEG-4 AVC/H.264 video codecs comparison showed that Quick Sync is comparable to x264 superfast preset in terms of speed, compression ratio and quality (SSIM);[4] tests were performed on an Intel Core i7 3770 (Ivy Bridge) processor. A benchmark from Tom's Hardware showed in 2011 that Quick Sync could convert a 449 MB, four-minute 1080p file to 1024×768 in 22 seconds. The same encoding using only software took 172 seconds but it is not clear what software encoder was used and how it was configured. The same encoding took 83 or 86 seconds GPU-assisted, using an Nvidia GeForce GTX 570 and an AMD Radeon HD 6870, respectively, both of which were at that time (five years ago) contemporary high-end GPUs.[5] Quick Sync encoding can produce image quality which varies based on how well the software is written.

QSVのバージョン[編集]

QSVは2010年9月13日に発表され、Clarkdaleプラットフォームから実装が行われた[1]。また、QSVの一部機能はIntel Clear Videoの名前で5年前にリリースされたCantigaチップセットから一部機能が実装が開始されていた[3]

バージョン1 (Sandy Bridge)
Sandy Bridge世代のCPUに搭載されたバージョン。一方で同世代のPentium、及び、Celeronには搭載されなかった。[6]
H.262/MPEG-2 Part 2VC-1のデコード、H.264/MPEG-4 AVCのエンコード、及び、デコードがサポートされた。[1]
バージョン2 (Ivy Bridge)
Ivy Bridge世代のCPUに搭載されたバージョン。Quick Syncの実装が新しい世代に更新されている。[7]
また、JPEGのデコードがサポートが追加された。
バージョン3 (Haswell)
Haswell世代のCPUに搭載されたバージョン。Ivy Bridgeと比べて同程度の時間でより高品質なエンコードを目標に設計された。[要出典]最高品質(TU1)設定でのエンコードではIvy Bridgeと同程度の速度でより高品質に、最高速度(TU7)設定でのエンコードではIvy Bridgeに比べてより高速でより高品質な結果となる。[要出典]また、Ivy Bridgeと比べて消費電力が削減された。
バージョン4 (Broadwell)
Broadwell世代のCPUに搭載されたバージョン。GT3のGPUでは、独立した2つのビットストリームデコーダーが搭載され、エンコードを実行中であってもハードウェアによる再生支援ができるようになった。[8]
VP8のデコードに対するサポートが追加された[9]
バージョン5 (Skylake)
Skylake世代のCPUに搭載されたバージョン。
H.265/HEVC 8bitメインプロファイルのエンコード・デコード、及び、H.265/HEVC 10/10-bitメインプロファイル、VP9のデコードのサポートが追加された。
また、JPEGデコードの対応サイズが16,000px×16,000pxに拡張された。[10]
バージョン6 (Kaby Lake, Coffee Lake)
Kaby Lake世代のCPUに搭載されたバージョン。
H.265/HEVC 10/10-bitメインプロファイル、VP9のエンコード、及び、VP9 10bitのデコードのサポートが追加された。[11][12]

OSによるサポート[編集]

QSVを使用するにはハードウェアのサポートの他にデバイスドライバによるサポートが必要となる。デバイスドライバは複数のAPIを提供しており、ビデオのデコードにはVDPAUVA APIDirectX Video Acceleration、ビデオエンコードにはOpenMAX IL、VA API等が存在する。アプリケーションとしてはVLC media playerGStreamer等がQSVを利用している。

Linux[編集]

Linuxでは、2013年11月現在Intel Media SDKを通じて[13]Wowza Streaming Engine (旧称:Wowza Media Server))にてサポートされている。[14] VA APIで、デコード及びサポートの両方がサポートされている。[15]

Microsoft Windows[編集]

Windows 7以降ではWindows Media Foundation(WMF)及びDirectShow/DirectXを通じて多くのアプリケーションがQSVをサポートしている。また、Windows VistaについてはQAVのバックポートが行われ使用が可能である。

macOS[編集]

macOSではOS X Mountain Lion以降でAirPlay Mirroring、FaceTime、QuickTime X、[16] iMovie 10、Final Cut Pro Xにてサポートしている。サードパーティーのアプリケーションではMacX Video Converter Pro[17]ScreenFlow[18]がサポートしている。

Hardware decoding and encoding[編集]

Support for Quick Sync hardware accelerated decoding of H.264, MPEG-2, and VC-1 video is widely available today. One common way to gain access to the technology on the Microsoft Windows platform is by use of the free ffdshow filter. Some other free software like VLC media player (since 2.1.0 "Rincewind") support Quick Sync as well. However, many commercial applications also benefit from the technology today, including CyberLink PowerDVD, CyberLink PowerDirector and MacroMotion Bogart "gold" edition.

It has been claimed that in testing it keeps the CPU at its lowest possible frequency to reduce power consumption in order to maximize battery life for mobile devices while being about twice as fast as libavcodec.[19]

Support for hardware-assisted media encoding tailored for Quick Sync is widely available. Examples of such software with Quick Sync support during encoding processes are Badaboom Media Converter, CyberLink MediaShow, CyberLink MediaEspresso, ArcSoft MediaConverter, MAGIX Video Pro X, Pinnacle Studio (since version 18), Roxio Toast, Roxio Creator, XSplit Broadcaster,[20] XSplit Gamecaster[21] (all commercial) and projects like HandBrake (windows build only),[22] or Open Broadcaster Software.[23]

The following table shows fixed-function (ie. non-GPU-assisted) encode/decode support for various Intel CPU generations:[24]

Fixed-function Quick Sync Video format support
Cantiga Ironlake Sandy Bridge Ivy Bridge Haswell Broadwell Braswell Skylake Broxton Kaby Lake
MPEG-2 デコードのみ デコードのみ デコードのみ デコードのみ デコードのみ デコードのみ デコードのみ デコードのみ デコードのみ デコードのみ
H.264 非対応 デコードのみ 対応 対応 対応 対応 対応 対応 対応 対応
VC-1 非対応 非対応 デコードのみ デコードのみ デコードのみ デコードのみ デコードのみ デコードのみ デコードのみ デコードのみ
JPEG 非対応 非対応 非対応 デコードのみ デコードのみ デコードのみ 対応 対応 対応 対応
VP8 非対応 非対応 非対応 非対応 非対応 デコードのみ 対応 対応 対応 対応
H.265 非対応 非対応 非対応 非対応 非対応 非対応 デコードのみ 対応 対応 対応
H.265 10-bit 非対応 非対応 非対応 非対応 非対応 非対応 非対応 非対応 デコードのみ 対応
VP9 非対応 非対応 非対応 非対応 非対応 非対応 非対応 非対応 デコードのみ 対応[25]
VP9 10-bit 非対応 非対応 非対応 非対応 非対応 非対応 非対応 非対応 非対応 デコードのみ

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c Intel's Second-Gen Core CPUs: The Sandy Bridge Review - Sandy Bridge's Secret Weapon: Quick Sync”. Tom's Hardware. 2011年8月30日閲覧。
  2. ^ The Sandy Bridge Review: Intel Core i7-2600K, i5-2500K and Core i3-2100 Tested”. AnandTech. 2014年4月5日閲覧。
  3. ^ a b The Sandy Bridge Review: Intel Core i7-2600K, i5-2500K and Core i3-2100 Tested”. Anandtech. 2011年9月23日閲覧。
  4. ^ Eighth MPEG-4 AVC/H.264 Video Codecs Comparison.”. MSU Graphics & Media Lab (Video Group). pp. 135–137 (6.4 Speed/Quality Trade-Off). 2017年9月16日閲覧。
  5. ^ Intel's Second-Gen Core CPUs: The Sandy Bridge Review - Quick Sync Vs. APP Vs. CUDA”. Tom's Hardware. 2011年8月30日閲覧。
  6. ^ Intel Pentium Processor G620”. 2017年9月16日閲覧。
  7. ^ Intel's Roadmap: Ivy Bridge, Panther Point, and SSDs”. Anandtech. 2011年8月30日閲覧。
  8. ^ Intel Broadwell GT3 Graphics Have Dual BSD Rings”. Phoronix.com. 2014年4月17日閲覧。
  9. ^ VA-API 1.3 Readies Broadwell Support, Adds VP8 Decoding”. Phoronix.com (2014年3月18日). 2015年6月10日閲覧。
  10. ^ Cutress, Ian. “The Intel 6th Gen Skylake Review: Core i7-6700K and i5-6600K Tested”. 2015年8月6日閲覧。
  11. ^ Harsh Jain (2016年6月6日). “What's New in Intel® Media SDK 2016 R2”. Intel. 2016年7月27日閲覧。
  12. ^ Intel® Media Software Development Kit 2016, R2, Release Notes Version (7.0.0.358)”. Intel (2016年6月6日). 2016年7月27日閲覧。
  13. ^ Intel® Media SDK 2013 R3 for Linux Servers now available for download”. 2017年9月16日閲覧。
  14. ^ Wowza Delivers Accelerated Streaming Performance with Intel Media SDK 2013 for Servers”. 2017年9月16日閲覧。
  15. ^ GStreamer VA-API README”. 2017年9月16日閲覧。
  16. ^ Apple - OS X Mountain Lion”. Apple. 2012年6月11日閲覧。
  17. ^ https://www.macxdvd.com/mac-video-converter-pro/
  18. ^ https://www.telestream.net/screenflow/versions.htm
  19. ^ H.264/AVC”. Codecs. ffdshow-tryout.sourceforge.net. 2017年9月16日閲覧。
  20. ^ XSplit Broadcaster”. 2018年5月28日閲覧。
  21. ^ XSplit Gamecaster”. 2018年5月28日閲覧。
  22. ^ HandBrake 0.10.0 Released”. handbrake.fr. 2014年11月22日閲覧。
  23. ^ Open Broadcaster Software”. 2018年5月28日閲覧。
  24. ^ Intel VA-API driver readme”. 2018年5月28日閲覧。
  25. ^ VA-API 1.7.1 changelog”. 2018年5月28日閲覧。

外部リンク[編集]