LGA 2011

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
LGA 2011
Socket 2011 IMGP3918.jpg
ソケット形式 LGA(ランド・グリッド・アレイ)
チップ形状 FC-LGA
コンタクト数 2011ピン
バスプロトコル QPI
採用プロセッサ
[LGA2011]
Core i7 (3800/3900/4800/4900番台)
Xeon E5 (1600/2600/4600番台)
Xeon E5 (1600/2600/4600番台) v2
( Xeon E5 (4600番台) v3 )
Xeon E7 (2800/4800番台)
Xeon E7 (2800/4800/8800番台) v2
( Xeon E7 (4800/8800番台) v3 )
[LGA2011-v3]
Core i7 (5800/5900/6800/6900番台)
Xeon E5 (1600/2600番台) v3
Xeon E5 (1600/2600番台) v4

LGA 2011は、ランド・グリッド・アレイ (Land grid array) を採用したインテルCPUソケットで、LGA1366LGA1567の後継にあたる規格である。別名は、Socket R、及び、Socket R3

概要[編集]

LGA2011は、Sandy BridgeマイクロアーキテクチャIvy Bridgeマイクロアーキテクチャ、LGA2011-v3は、HaswellマイクロアーキテクチャBroadwellマイクロアーキテクチャに対応しており、ハイエンドデスクトップ向け市場用、及び、サーバ向け市場用CPUとなる。外観は、LGA1366と比較した場合、切欠きの位置やソケットの大きさが異なり、ランド(=平たい接点)の数が645増えて、2011本のコンタクトピンを持つ。LGA2011は、LGA2011以外のソケットとの互換性はない。LGA2011-v3は、LGA2011-v3以外のソケットとの互換性はない。「Socket R」のR"はPatsburg(製品名X79)チップセットベースのプラットフォームに与えられた開発コードネーム、"Romley"に由来する。

採用CPU[編集]

・メモリコントローラとPCI-ExpressコントローラをCPUに内蔵し、プロセッサ間通信にIntel QuickPath Interconnect(QPI)、プラットフォームコントローラーハブ(PCH)との通信にDMI2.0を利用するのはLGA 1366採用のCPUと同様。

LGA2011

・ LGA2011は、LGA 2011-v3との互換性はない。

  • Core i7 3800/3900 番台 (SandyBridge-E)
  • Core i7 4800/4900 番台 (Ivy Bridge-E)
  • Xeon E5 1600/2600/4600 番台 (SandyBridge-EP)
  • Xeon E5 1600/2600/4600 番台 v2 (Ivy Bridge-EP)
  • ( Xeon E5 4600 番台 v3 (Haswell-EP4S) ) ※[インテル(株) ホームページ] 製品の仕様情報(ark.intel.com)は、LGA2011に属する.
  • Xeon E7 2800/4800 番台 (SandyBridge-EP)
  • Xeon E7 2800/4800/8800 番台 v2 (Ivy Bridge-EP/Ivy Bridge-EX)
  • ( Xeon E7 4800/8800 番台 v3 (Haswell-EX) ) ※[インテル(株) ホームページ] 製品の仕様情報(ark.intel.com)は、LGA2011に属する.
LGA2011-v3

・ LGA 2011-v3は、LGA2011との互換性はない。

  • Core i7 5800/5900 番台 (Haswell-E)
  • Core i7 6800/6900 番台 (Broadwell-E)
  • Xeon E5 1600/2600 番台 v3 (Haswell-EP)
  • Xeon E5 1600/2600 番台 v4 (Broadwell-EP)

対応チップセット[編集]

LGA2011
  • インテル x79 Express
  • インテル C602J/C602/C604/C606/C608

など。

LGA2011-v3

など。

脚注[編集]

出典[編集]

関連項目[編集]


外部リンク[編集]