LGA 2011

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
LGA 2011
Socket 2011 IMGP3918.jpg
ソケット形式 LGA(ランド・グリッド・アレイ)
チップ形状 FC-LGA
コンタクト数 2011ピン
バスプロトコル QPI
採用プロセッサ
[LGA2011]
Core i7 (3800/3900/4800/4900番台)
Xeon E5 (1600/2600/4600番台)
Xeon E5 (1600/2600/4600番台) v2
( Xeon E5 (4600番台) v3 )
Xeon E7 (2800/4800番台)
Xeon E7 (2800/4800/8800番台) v2
( Xeon E7 (4800/8800番台) v3 )
[LGA2011-v3]
Core i7 (5800/5900/6800/6900番台)
Xeon E5 (1600/2600番台) v3
Xeon E5 (1600/2600番台) v4

LGA 2011は、ランド・グリッド・アレイ (Land grid array) を採用したインテルCPUソケットで、LGA1366LGA1567の後継にあたる規格である。別名は、Socket R、及び、Socket R3

概要[編集]

LGA2011は、Sandy BridgeマイクロアーキテクチャIvy Bridgeマイクロアーキテクチャ、LGA2011-v3は、HaswellマイクロアーキテクチャBroadwellマイクロアーキテクチャに対応しており、ハイエンドデスクトップ向け市場用、及び、サーバ向け市場用CPUとなる。外観は、LGA1366と比較した場合、切欠きの位置やソケットの大きさが異なり、ランド(=平たい接点)の数が645増えて、2011本のコンタクトピンを持つ。LGA2011は、LGA2011以外のソケットとの互換性はない。LGA2011-v3は、LGA2011-v3以外のソケットとの互換性はない。「Socket R」のR"はPatsburg(製品名X79)チップセットベースのプラットフォームに与えられた開発コードネーム、"Romley"に由来する。

採用CPU[編集]

メモリコントローラとPCI-ExpressコントローラをCPUに内蔵し、プロセッサ間通信にIntel QuickPath Interconnect(QPI)、プラットフォームコントローラーハブ(PCH)との通信にDMI2.0を利用するのはLGA 1366採用のCPUと同様。

LGA2011

LGA2011は、LGA 2011-v3との互換性はない。

  • Core i7 3800/3900 番台 (SandyBridge-E)
  • Core i7 4800/4900 番台 (Ivy Bridge-E)
  • Xeon E5 1600/2600/4600 番台 (SandyBridge-EP)
  • Xeon E5 1600/2600/4600 番台 v2 (Ivy Bridge-EP)
  • ( Xeon E5 4600 番台 v3 (Haswell-EP4S) ) ※[インテル(株) ホームページ] 製品の仕様情報(ark.intel.com)は、LGA2011に属する.
  • Xeon E7 2800/4800 番台 (SandyBridge-EP)
  • Xeon E7 2800/4800/8800 番台 v2 (Ivy Bridge-EP/Ivy Bridge-EX)
  • ( Xeon E7 4800/8800 番台 v3 (Haswell-EX) ) ※[インテル(株) ホームページ] 製品の仕様情報(ark.intel.com)は、LGA2011に属する.
LGA2011-v3

LGA 2011-v3は、LGA2011との互換性はない。

  • Core i7 5800/5900 番台 (Haswell-E)
  • Core i7 6800/6900 番台 (Broadwell-E)
  • Xeon E5 1600/2600 番台 v3 (Haswell-EP)
  • Xeon E5 1600/2600 番台 v4 (Broadwell-EP)

対応チップセット[編集]

LGA2011はインテル X79 Express、C602J/C602/C604/C606/C608など。LGA2011-v3はインテル X99 Express など。

名称 X79[1][2] X99 C602J[3] C602[4] C604[5] C606[6] C608[7]
対応CPU Sandy Bridge-E, Ivy Bridge-E[8] Haswell-E, Broadwell-E Sandy Bridge-EP (Xeon E5 1600/2600/4600シリーズ), Ivy Bridge-EP (Xeon E5 1600/2600/4600 v2シリーズ)
対応メモリとスロット数 DDR3、4チャネル×2スロット DDR4、4チャネル×2スロット DDR3、1CPUあたり4チャネル×3スロット[9][10]
オーバークロック Yes Yes N/A
GPU内蔵 No No No
RAID 0/1/5/10 Yes Yes Yes[11]
最大 USB ポート数 (USB 3.0) 14 (0)[12] 14 (6) 14 (0)[11]
最大 SATA ポート数 (SATA 3.0, 6 Gbit/s) 6 (2)[12] 10 (10) 6 (2)[11] 6 (2) + 4 SCU SATA[11] 6 (2) + 4 SCU SAS/SATA[11] 6 (2) + 8 SCU SAS/SATA[11]
CPU PCIe レーン構成 PCIe 3.0 40レーン[13] PCIe 3.0 40レーン; 2 ×16 + 1 ×8, または 5 ×8 1CPUあたり40レーン[9]
チップセット PCIe レーン構成 PCIe 2.0 × 8 PCIe 2.0 × 8[11]
PCI Yes No Yes[11]
Intel Rapid Storage Technology Yes v13.1 Enterprise edition
Smart Response Technology No Yes No
Intel vPro No No Yes
チップセット TDP 7.8W 6.5W 8W 12W
チップセット製造プロセス 65nm 32nm 65nm
リリース日 2011-11-14 2014-08-29 2012年第1四半期

脚注[編集]

  1. ^ X79 Express And Another New Processor Interface”. Tom's Hardware (2011年9月12日). 2011年9月12日閲覧。
  2. ^ X79 Express Chipset Specifications
  3. ^ Intel C602J Chipset Specifications
  4. ^ Intel C602 Chipset Specifications
  5. ^ Intel C604 Chipset Specifications
  6. ^ Intel C606 Chipset Specifications
  7. ^ Intel C608 Chipset Specifications
  8. ^ Intel Ivy Bridge-E Slated For Q4 2012, Compatible with Sandy Bridge-E”. Vr-zone.com (2011年11月18日). 2011年11月18日閲覧。
  9. ^ a b Intel Xeon Processor E5 v2 Family: Datasheet, Vol. 1”. Intel Corporation. 2016年11月23日閲覧。
  10. ^ M. Schneider (2014年1月8日). “Memory Configuration Guide for X9 Series DP Motherboards – Revised Ivy Bridge Update (Socket R & B2) (PDF)”. Supermicro. 2014年9月22日閲覧。
  11. ^ a b c d e f g h Intel C600 Series Chipset and Intel X79 Express Chipset Datasheet”. Intel Corporation. 2016年11月23日閲覧。
  12. ^ a b Intel Core i7-3960X Review: Sandy Bridge-E And X79 Express”. Tom's Hardware (2011年11月14日). 2011年11月14日閲覧。
  13. ^ Intel Sandy Bridge-E "Core i7 3960X" Benchmarks and Slides Unveiled”. Wccftech.com (2011年11月12日). 2011年11月12日閲覧。

関連項目[編集]


外部リンク[編集]