Criterion Games

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
クライテリオン・ゲームズ
Criterion Games
企業形態 子会社
業種 コンピュータゲーム開発
設立 1996年1月(24年前) (1996-01
創業者
  • アレックス・ウォード[1]
  • フィオナ・スペリー
本社 イギリスの旗 イギリスサリー州ギルフォード
主要人物 マット・ウェブスター (GM, EP)
製品
従業員数 90人 (2017年)
親会社 エレクトロニック・アーツ (2004年 - 現在)
ウェブサイト criteriongames.com
テンプレートを表示

Criterion Games(クライテリオン・ゲームズ)は、イギリスサリー州ギルフォードにあるコンピュータゲーム開発企業1996年1月に設立され、レースゲーム作品であるバーンアウトシリーズニード・フォー・スピードシリーズを開発した企業として知られている。

歴史[編集]

2018年まで使用されていた旧ロゴ

1993年12月、3Dグラフィックスレンダリング技術を商業化するためにCriterion Softwareとして設立。デイビッド・ラウキーとアダム・ビリーヤードによってキヤノンのヨーロッパ研究所内に設立された後、キヤノンが所有するスタートアップとして独立した。Criterion Softwareは、コンピュータグラフィックス人工知能、オーディオおよび物理コンポーネントを含むミドルウェアRenderWare」ファミリーの開発を専門としていた。Criteron Games(当初はCriterion Studiosと呼ばれていた)は、1996年1月にCriterion Softwareの一部門として設立され、RenderWareエンジンを使用したコンピュータゲームの開発を行っていた[2]。RenderWareは自社開発の作品だけでなく、Rockstar Northが開発した『グランド・セフト・オートIII』や『グランド・セフト・オート・バイスシティ』、『グランド・セフト・オート・サンアンドレアス』などの作品で使用されている。

2004年8月、エレクトロニック・アーツはCriterion GamesおよびCriterion Softwareを買収したことを発表した。その後、バーンアウトシリーズの特徴であるアクション映画のような要素を取り入れたファーストパーソン・シューティングゲームBLACK』がリリースされた。買収後、Criterionとエレクトロニック・アーツは、RenderWareをサードパーティの顧客に提供することを宣言した。しかし、競合他社の技術に頼るのはリスクが高すぎると判断した顧客もおり、エレクトロニック・アーツはその後、RenderWareを商用ミドルウェア市場から撤退させた。

2006年半ば、同社はダービーのサテライトオフィスを閉鎖し、プログラマーとサポートスタッフ全員を余剰人員にした。2007年3月上旬、エレクトロニック・アーツはチャーツィーを拠点とするイギリスの開発スタジオとCriterion Gamesをギルドフォード中心部の新社屋に統合した。しかし、両チームの統合は実現せず、Bright Lightが2011年に閉鎖されるまで、Criterion GamesとEA Bright Lightの2つの開発スタジオが存在していた。

2010年6月14日、Criterionは、『ニード・フォー・スピード ホット・パースート』を2010年11月に発売すると発表した[3]。この作品には新しいゲームエンジン「カメレオン」が採用されている[4]

2012年6月1日、エレクトロニック・アーツはCriterionの2作目となる『ニード・フォー・スピード モスト・ウォンテッド』を2012年10月30日に発売すると発表した[5]。これまでのニード・フォー・スピードシリーズの開発は、エレクトロニック・アーツ傘下の複数のスタジオが手掛けていたが、Electronic Entertainment Expo 2012(E3 2012)において、Criterionが独占的に開発を行う権利を取得したと発表した[6]

2013年4月28日、共同創業者の1人であるアレックス・ウォードはTwitterを介し、スタジオが伝統的なレースゲームの開発から離れ、代わりとして将来のプロジェクトのために他のゲームジャンルに焦点を合わせていると発表した[7]。同年の9月13日、社員の数を合計17人にまで削減、スタジオの約8割にあたる70人がGhost Games UKに移籍し、ニード・フォー・スピードシリーズの開発を継続した[8][9]2014年1月3日、アレックス・ウォードとフィオナ・スペリーがスタジオを退社した[1][10][11]

CriterionはE3 2014において、新たなレースゲームプロジェクトを進めていると発表[12][13]。しかし、Criterionは他のEAスタジオへの追加サポートを提供することに注力しているため、このプロジェクトはキャンセルされた。Criterionは『スターウォーズ バトルフロント』の制作に取り組み、バーチャルリアリティミッション「X-Wing VR Mission」を手掛けた[14]

2015年6月、ニュースサイト「Nintendo Life」は、2011年初頭に任天堂が、同年のE3で当時発売されていなかったWii Uと一緒に発表し、ローンチ期間中に発売する可能性のあるF-ZEROシリーズの新作を担当するようCriterionに打診したという。しかし、当時の開発者は『ニード・フォー・スピード:モスト・ウォンテッド』の開発に多くのリソースを割いていたため、担当することができなかった。同サイトは匿名ながらも“信頼できる”情報源からの情報提供を受けていたが、Criterionの共同創業者であるアレックス・ウォードは、任天堂がWii UでのF-ZEROの可能性を求めて同社にアプローチしたことを認めた[15]

2020年、Criterionがニード・フォー・スピードシリーズの開発に復帰することが発表された[16]

作品[編集]

発売年 作品名 対応プラットフォーム 備考
1996 Scorched Planet DOS
Microsoft Windows
1997 Speedboat Attack
Sub Culture
1998 Redline Racer
1999 Dreamcast
Suzuki Alstare Extreme Racing
Trickstyle
Microsoft Windows
2000 Deep Fighter Dreamcast
Microsoft Windows
Suzuki Alstare Extreme Racing
2001 Burnout PlayStation 2
2002 AirBlade
Burnout GameCube
Xbox
Burnout 2: Point of Impact PlayStation 2
Xbox
2003 GameCube
2004 Burnout 3: Takedown PlayStation 2
Xbox
2005 Burnout Legends PlayStation Portable
Burnout Revenge PlayStation 2
Xbox
2006 Black PlayStation 2
Xbox
Burnout Revenge Xbox 360
2008 バーンアウト パラダイス PlayStation 3
Xbox 360
2010 ニード・フォー・スピード ホット・パースート Microsoft Windows
PlayStation 3
Xbox 360
2011 バトルフィールド3 Microsoft Windows Assisted DICE
PlayStation 3
Xbox 360
Burnout Crash! PlayStation 3
Xbox 360
2012 iOS
ニード・フォー・スピード モスト・ウォンテッド (2012) Microsoft Windows
PlayStation 3
PlayStation Vita
Xbox 360
2013 Need for Speed: Most Wanted U Wii U
2015 バトルフィールド ハードライン Microsoft Windows Assisted Visceral Games
PlayStation 4
Xbox One
ニード・フォー・スピード (2015) Microsoft Windows Assisted Ghost Games
PlayStation 4
Xbox One
2017 スター・ウォーズ バトルフロントII (2017) Microsoft Windows Assisted DICE
PlayStation 4
Xbox One
2018 バトルフィールドV Microsoft Windows
PlayStation 4
Xbox One
2019 ニード・フォー・スピード ヒート Microsoft Windows Assisted Ghost Games
PlayStation 4
Xbox One
Sea of Solitude Microsoft Windows Assisted Jo-Mei
PlayStation 4
Xbox One

脚注[編集]

  1. ^ a b Criterion Gamesの共同設立者Alex Ward氏とFiona Sperry氏が退社、新たな会社を設立へ”. Game*Spark (2014年1月6日). 2020年3月23日閲覧。
  2. ^ About Us at Criterion Studios”. Criterion Studios (1997年). 2020年3月25日閲覧。
  3. ^ Electronic Arts revs up new Need for Speed: Hot Pursuit”. GameSpot (2010年6月14日). 2012年7月28日閲覧。
  4. ^ Tech Interview: Need for Speed: Hot Pursuit”. Eurogamer (2010年7月31日). 2012年7月28日閲覧。
  5. ^ Most Wanted is out today”. 2012年10月30日閲覧。
  6. ^ “Criterion Takes Over Entire Need For Speed Series”. Game Informer. (22 June 2012). http://www.gameinformer.com/b/news/archive/2012/06/22/criterion-takes-over-entire-need-for-speed-series.aspx 2012年7月28日閲覧。. 
  7. ^ Criterion Games not planning new a 'Need For Speed' or 'Burnout'”. 2013年4月28日閲覧。
  8. ^ Criterion Games staff reduced to 17 as 60-65 people move over to Ghost Games”. VG247.com. 2020年3月23日閲覧。
  9. ^ Scamell, David. “The Ghost Of Criterions past.”. 2013年10月21日閲覧。
  10. ^ Crecente, Brian (2014年1月3日). “Co-founders of Criterion Games, creators of Burnout, leave studio [update]”. Polygon. Vox Media. 2014年1月3日閲覧。
  11. ^ EAの組織再編により、『Need for Speed』シリーズの今後は『Burnout』開発元Criterion Gamesに託される。理由は場所の問題”. AUTOMATON (2020年2月13日). 2020年3月23日閲覧。
  12. ^ [E3 2014「Battlefield: Hardline」や「Star Wars: Battlefront」「Dragon Age: Inquisition」などが登場したElectronic Artsのプレスカンファレンス]”. 4Gamer.net (2014年6月10日). 2020年3月23日閲覧。
  13. ^ 【E3 2014】Criterion Games新作の一部映像がチョイ見せ、ヘリが激突する激しいシーンも”. インサイド (2014年6月10日). 2020年3月23日閲覧。
  14. ^ Makuch (2016年6月21日). “Burnout Dev's Extreme Sports Game Canceled and Here's Why”. GameSpot. 2016年6月21日閲覧。
  15. ^ Robertson (2015年6月23日). “Exclusive: We Almost Got A Wii U F-Zero Created By Burnout Studio Criterion”. Nintendo Life. 2015年6月23日閲覧。
  16. ^ https://www.gamesindustry.biz/articles/2020-02-12-ea-will-move-need-for-speed-development-back-to-criterion

外部リンク[編集]