1458

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1457 1458 1459
素因数分解 2×36
二進法 10110110010
八進法 2662
十二進法 A16
十六進法 5B2
二十進法 3CI
ローマ数字 MCDLVIII
漢数字 千四百五十八
大字 千四百五拾八
算木 Counting rod h1.pngCounting rod v4.pngCounting rod h5.pngCounting rod v8.png

1458千四百五十八、せんよんひゃくごじゅうはち) は、自然数および整数において、1457 の次で 1459 の前のである。

性質[編集]

  • 1458は合成数であり、約数1, 2, 3, 6, 9, 18, 27, 54, 81, 162, 243, 486, 729と1458である。
    • 約数の3279。約数の和が奇数になる64番目の数である。1つ前は1444、次は1521
  • 320番目のハーシャッド数である。1つ前は1455、次は1476
  • 素因数分解すると2×36であり、2×n6の形で表される。
    • 2×n6の形で表される数は小さい順に
      2,128,1458,8192
    • であり、3番目に小さい数である。
  • 1458の各桁のは 1 + 4 + 5 + 8 = 18であり、18とそれを逆順に並べた81の積は 18×81 = 1458 である。
    • このような性質を持つ自然数は、1, 81, 1458, 1729の4つだけである(藤原正彦)。

その他 1458 に関すること[編集]

関連項目[編集]