130

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
129 130 131
素因数分解 2×5×13
二進法 10000010
六進法 334
八進法 202
十二進法 AA
十六進法 82
二十進法 6A
ローマ数字 CXXX
漢数字 百三十
大字 百参拾
算木 Counting rod v1.pngCounting rod h3.pngCounting rod 0.png

130(ひゃくさんじゅう)は、自然数、また整数において 129 の次で 131 の前の数である。

性質[編集]

  • 130 は合成数であり、約数1, 2, 5, 10, 13, 26, 65と130である。
  • 130 = 12 + 22 + 52 + 102  130はその最初の4つの約数をそれぞれ2乗した数の和になる唯一の整数である。
  • 10番目の楔数である。1つ前は114、次は138
  • ハーシャッド数でない10の倍数のうち最小の数である。
  • 130 = 32 + 112 = 72 + 92 と2つの平方数として2通りの表し方がある。
  • 1/130 = 0.00769230…(下線部は循環節でその長さは6)
  • 1302 + 1 = 16901であり、n2 + 1の形で素数を生む。
  • 130番目の素数:733
  • 各位の和が4となる9番目の数。1つ前は121、次は202

その他 130 に関連すること[編集]

「アダムは百三十歳になったとき、自分に似た、自分にかたどった男の子をもうけた。アダムはその子をセトと名付けた。」(創世記 5章 3節)

関連事項[編集]