100カロール・クラブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

100カロール・クラブ(100 Crore Club)は、インド映画娯楽税英語版を控除した後の純利益が100カロール(10億ルピー)を超えた映画作品を意味する非公式の指標[1]。2012年ごろまでに、100カロール・クラブは「"ヒット作"と宣言するための新たな指標」とされるようになり[2]ボリウッドではクラブ入りした映画作品が「エリート階層」と見做されるようになった[3]。2017年には、このクラブの上位指標として1000カロール・クラブ英語版が誕生した[4]

歴史[編集]

クラブの誕生[編集]

初めて興行収入が10億ルピーを超えたインド映画は、1982年に公開されたミトゥン・チャクラボルティー英語版主演の『Disco Dancer』であり、ソビエト連邦では9億ルピーの興行収入を記録した[n 1][5]。国内興行収入が10億ルピーを超えたインド映画は、1994年に公開されたサルマン・カーンマドゥリ・ディークシット主演の『Hum Aapke Hain Koun..!』であり[6][7]、国外興行収入を合わせた合計興行収入が初めて20億ルピーを超えた作品でもある[8]。同作に続きシャー・ルク・カーンカジョール主演の『シャー・ルク・カーンのDDLJラブゲット大作戦』も国内外合計興行収入10億ルピーを記録した[9]

2008年に公開されたアーミル・カーン主演の『Ghajini』が初めて純利益10億ルピーを記録したインド映画となり[10]、この直後に100カロール・クラブが誕生した[11]。この後、アーミル主演の『きっと、うまくいく』『チェイス!』『PK』『ダンガル きっと、つよくなる』はクラブの種類を200、300、400、500、600、700カロールに拡大させた。海外興行収入が初めて10億ルピーを記録した映画作品は2010年に公開されたシャー・ルク、カジョール主演の『マイネーム・イズ・ハーン』であり[12]、翌2011年には『きっと、うまくいく』が続いた[13][14]

インフレ調整を行った場合、興行収入が初めて10億ルピーを記録した映画作品は1940年公開の『Zindagi』であり[n 2]、海外興行収入が初めて10億ルピーを超えたインド映画は1951年に公開されたラージ・カプールナルギス英語版主演の『放浪者英語版』であり、同作はソビエト連邦で大ヒットを記録している[n 3]

地位の確立[編集]

アーミル・カーン(100カロール・クラブ、200カロール・クラブの創設者[10]

2012年、ジー・シネ・アワードは興行収入が10億ルピーを記録した監督を表彰するために「パワー・クラブ・ボックス・オフィス」部門を設立した[15]。100カロール・クラブは誕生に伴い、それまでボリウッドでヒット作の指標として用いられてきた「シルバー・ジュビリー(Silver Jubilee)」(映画音楽の指標)、「ダイヤモンド・ジュビリー(Diamond Jubilee)」(上映期間が75週間以上の映画作品)に代わる新たな指標の地位を確立した[16][17]アルシャード・ワールシー英語版は100カロール・クラブについて、「私はこの100カロール・クラブはとても下らないと思っています。どうしたら全ての映画が10億ルピーの仕事を突然できるようになりますか。それよりも、私たちはより良い映画を製作することに集中する必要があると考えています」と語っている[18]

ヒンドゥースタン・タイムズは、自身の雑誌「Brunch」が最初に100カロール・クラブという用語を作ったと主張している[19]。当初、100カロール・クラブは主演男優に対してのみ用いられ[1]、コマル・ナータは「このグループから女性を排除することは、他の産業と比べて性差別を特徴付けることになる」と批判している[1]。2013年ごろまでに、100カロール・クラブは映画作品自体と監督、主演女優に対しても用いられるようになった[15][20]

その後、入場券価格の値上げや映画館の数が3倍に増加したこと、流通するフィルムの数が増加したことなどにより、国内興行収入が10億ルピーを超えることが容易になった[17]ザ・タイムズ・オブ・インディアは、「これにより映画製作者たちは自身が手掛けた映画作品を100カロール・クラブ入りさせるために興行収入の数字を操作するようになり、正確な興行成績を報じることができなくなる」として、2013年11月に興行収入記事の掲載を取り止めている[15][21]

シャーヒド・カプールは100カロール・クラブを「流行」と呼び、「100カロール・クラブ入りする映画は全てベーシックで娯楽性の高い"大規模映画"ばかりです。ですが、私たちがこの記録を達成するためだけに注力するなら、私たちは俳優としての自分を制限することになるでしょう」と述べている[2]。一方、ディバカル・バネルジー英語版はコンテンツへの影響についてシャーヒドの意見に賛同しつつ、「私はクラブが留まり、さらに多くのカロールに成長することを望んでいます。映画はより多くのビジネスを通して観客、投資家からの信頼を高め、全ての人々に利益を与えるでしょう」と述べている[22]プリヤンカー・チョープラーは「女性映画を作るためには100カロールまたは200カロール・クラブ入りする必要がある」と述べ、100カロール・クラブの必要性を主張している[23]

クラブの拡大[編集]

南インド映画で最初に興行収入10億ルピーを記録したのは、ラジニカーント主演のタミル語映画ボス その男シヴァージ』であり[24]、最初に100カロール・クラブ入りしたテルグ語映画S・S・ラージャマウリが監督した『マガディーラ 勇者転生』だった[25]。2016年5月に『Sairat』がマラーティー語映画として初めて興行収入10億ルピーを記録しており[26]、同年には『Pulimurugan』がマラヤーラム語映画として初めて100カロール・クラブ入りした[27]。2017年にはスディープ主演の『Hebbuli』がカンナダ語映画として初めて100カロール・クラブ入りを果たした。

2013年に『チェンナイ・エクスプレス 〜愛と勇気のヒーロー参上〜英語版』が興行収入40億ルピーを記録すると「400カロール・クラブ」が設立され、100カロール・クラブは複数のバリエーションに分かれ[28]、2015年には『バーフバリ 伝説誕生』が興行収入65億ルピーを記録したことで、「トリウッド600カロール・クラブ」が生まれた[29]。2017年に同作の続編『バーフバリ 王の凱旋』が興行収入100億ルピー越えを達成し、1000カロール・クラブ入りを果たした。

マイルストーン作品[編集]

合計興行収入[編集]

名目総額
作品名 マイルストーン 出典
Disco Dancer (1982) 1984 100カロール [n 1]
Hum Aapke Hain Koun..! (1994) 1994 150カロール [8]
200カロール
Ghajini (2008) 2008 230カロール [n 4]
きっと、うまくいく (2009) 2009 250カロール [n 5]
300カロール
2013 400カロール
チェンナイ・エクスプレス 〜愛と勇気のヒーロー参上〜英語版 (2013) 2013 400カロール [34]
チェイス! (2013) 2013 500カロール [35]
2014 550カロール
PK (2014) 2014 600カロール [36]
2015 700カロール [37]
800カロール
バーフバリ 王の凱旋 (2017) 2017 900カロール [38]
1,000カロール
ダンガル きっと、つよくなる (2016) 2017 2,000カロール [39]
インフレ調整総額
作品名 マイルストーン 出典
Zindagi (1940) 1940 100カロール [n 2]
Khazanchi (1941) 1941 200カロール [n 6]
Kismet (1943) 1943 300カロール [n 7]
Jugnu (1947) 1947 350カロール [n 8]
アーン (1952) 1952 370カロール [n 9]
放浪者英語版 (1951) 1954 400カロール [n 3]
500カロール
600カロール
700カロール
マザー・インディア英語版 (1957) 1957 800カロール [n 10]
900カロール
偉大なるムガル帝国英語版 (1960) 1960 1,000カロール [n 11]

国内興行収入[編集]

名目総額
作品名 純利益 合計 出典
Hum Aapke Hain Koun..! 1994 70カロール 100カロール [51]
Ghajini 2008 100カロール 150カロール [52]
きっと、うまくいく 2009 150カロール 200カロール [53]
200カロール 250カロール
チェンナイ・エクスプレス 〜愛と勇気のヒーロー参上〜 2013 200カロール 300カロール [54]
チェイス! 2013 250カロール 350カロール [55][56]
PK 2014 300カロール 400カロール [55][56]
450カロール [56]
バーフバリ 伝説誕生 2015 400カロール 500カロール [57][58]
ダンガル きっと、つよくなる 2016 400カロール 550カロール [59]
バーフバリ 王の凱旋 2017 500カロール 600カロール [60][38][61]
1,000カロール 1,000カロール [38]
インフレ調整総額
作品名 純利益 合計 出典
Zindagi 1940 100カロール 100カロール [n 2]
Khazanchi 1941 200カロール 200カロール [n 6]
Kismet 1943 300カロール 300カロール [n 7]
Jugnu 1947 350カロール 350カロール [n 8]
アーン 1952 180カロール 360カロール [n 9]
詐欺師 1955 200カロール 400カロール [n 12]
Naya Daur 1957 250カロール 500カロール [n 13]
300カロール 600カロール
マザー・インディア 1957 400カロール 700カロール [n 14]
450カロール 900カロール [n 10]
偉大なるムガル帝国 1960 500カロール 1,000カロール [n 11]
1,000カロール

海外興行収入[編集]

名目総額
作品名 マイルストーン 出典
マイネーム・イズ・ハーン (2010) 2010 100カロール [12]
きっと、うまくいく (2009) 2011 120カロール [13]
2013 150カロール [n 5]
チェイス! (2013) 2014 200カロール [n 15]
PK (2014) 2015 250カロール [37]
300カロール
ダンガル きっと、つよくなる (2016) 2017 400カロール [63]
500カロール
600カロール
1,000カロール
インフレ調整総額
作品名 指標 出典
放浪者 (1951) 1954 100カロール [n 3]
200カロール
300カロール
400カロール
Char Dil Char Rahen (1959) 1962 500カロール [n 17]
550カロール
Mamta (1966) 1969 600カロール [n 19]
ボビー (1973) 1975 600カロール [n 21]
Disco Dancer (1982) 1984 700カロール [n 1]
800カロール
900カロール
1,000カロール
ダンガル きっと、つよくなる (2016) 2017 1,000カロール [63]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ a b c Disco Dancer:
    • インド: 6,400万ルピー[30](2016年換算で9億3,000万ルピー)
    • ソビエト連邦: 6,000万ルーブル (1984年:9億4,340万ルピー=2016年:117億6,000万ルピー)
  2. ^ a b c 550万ルピー[40](2016年換算で18億1,000万ルピー)
  3. ^ a b c 放浪者: 5,750万ルピー (2016年換算で73億9,000万ルピー)
    • インド: 2,300万ルピー[46] (2016年換算で30億2,000万ルピー)
    • ソビエト連邦: 2,900万ルーブル[47] (1954年:3,450万ルピー=2016年:43億7,000万ルピー)
  4. ^ Ghajini 合計興行収入23億2,000万ルピー
    • 国内興行収入: 16億2,000万ルピー(2週間[31])
    • 海外興行収入: 7億ルピー(合計[32])
  5. ^ a b きっと、うまくいく 合計興行収入: 45億3,820万ルピー
    • 国内興行収入: 27億3,820万ルピー[33]
    • 海外興行収入: 3,050万ドル[12] (18億ルピー)
  6. ^ a b 700万ルピー[41](2016年換算で23億5,000万ルピー)
  7. ^ a b 1,000万ルピー[42] (2016年換算で30億9,000万ルピー)
  8. ^ a b 500万ルピー[43] (2016年換算で36億3,000万ルピー)
  9. ^ a b アーン 合計興行収入: 3,573万1,000ルピー (2016年換算で37億3,250万ルピー)
    • 国内興行収入: 2,800万ルピー[44](2016年換算で36億3,000万ルピー)
    • 海外興行収入: 77万3,060ルピー[45] (2016年換算で1億250万ルピー)
  10. ^ a b Mother India: 8,000万ルピー[48] (2016年換算で96億1,000万ルピー)
  11. ^ a b 偉大なるムガル帝国 国内興行収入: 1億1,000万ルピー[49] (2017年換算で200億ルピー)
    • インフレ率: 1960年の国内純利益6,000万ルピー=2017年換算で130億ルピー[50]
  12. ^ 詐欺師: 3,900万ルピー[62] (2016年換算で49億ルピー)
  13. ^ Naya Daur 国内興行収入: 5,400万ルピー[48] (2016年換算で65億2,000万ルピー)
  14. ^ Mother India 純収入: 4,000万ルピー[48] (2016年換算で48億4,000万ルピー)
  15. ^ チェイス! 海外興行収入: 3,560万ドル[12](21億7,200万ルピー=2018年換算で28億ルピー)
  16. ^ 25カペイカのチケットが3,980万枚売れている[64][65]
  17. ^ Char Dil Char Rahen ソビエト連邦: 995万ルーブル[n 16] (5,270万ルピー=2016年換算で59億1,000万ルピー)
  18. ^ 25カペイカのチケットが5,210万枚売れている[64][65]
  19. ^ Mamta ソビエト連邦: 1,302万5,000ルーブル[n 18] (1億850万ルピー=2016年換算で63億8,000万ルピー)
  20. ^ 25カペイカのチケットが6,260万枚売れている[64][65]
  21. ^ ボビー ソビエト連邦: 1,565万ルーブル[n 20] (1億9,240万ルピー=2016年換算で63億8,000万ルピー)

出典[編集]

  1. ^ a b c Nahta, Komal (2012年5月31日). “Bollywood's 100 crore club”. Hindustan Times. オリジナルの2012年6月3日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120603054117/http://www.hindustantimes.com/Brunch/Brunch-Stories/Bollywood-s-100-crore-club/Article1-864033.aspx 2016年6月1日閲覧。 
  2. ^ a b “100 crore club is just a fad: Shahid Kapoor”. Hindustan Times. PTI. (2012年6月18日). http://www.hindustantimes.com/bollywood/100-crore-club-is-just-a-fad-shahid-kapoor/story-0PcKJAKa3jAiaiezagvOWJ.html 2013年12月29日閲覧。 
  3. ^ Ganti, Tejaswini (5 March 2013). Bollywood: A Guidebook to Popular Hindi Cinema. Routledge. pp. 66–. ISBN 9781136849299. https://books.google.com/books?id=2GAdCp1VAf0C&pg=PA66 2013年12月29日閲覧。. 
  4. ^ Bahubali 2 - 1000 Cr NETT In 30 Days”. 2019年4月2日閲覧。
  5. ^ Cain, Rob (2017年10月2日). “For Indian Movies, 1,000 Crore Rupees Is The New 100” (英語). Forbes. https://www.forbes.com/sites/robcain/2017/10/02/for-indian-movies-the-%E2%82%B91000-crore-club-is-the-new-100/ 
  6. ^ The 100 Crore Worldwide Grossers: 34 Films Since 1994”. Box Office India. 2012年4月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年12月19日閲覧。
  7. ^ Boxofficeindia.com” (2013年10月14日). 2013年10月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年4月2日閲覧。
  8. ^ a b Chopra, Anupama (1996年12月15日). “The Great Gamblers”. India Today. https://www.indiatoday.in/magazine/indiascope/story/19961215-the-great-gamblers-753776-1996-12-15 2019年4月3日閲覧。 
  9. ^ “String of big flops trigger Bombay's dream merchants to struggle with changing audience”. India Today. (1996年4月30日). https://www.indiatoday.in/magazine/society-the-arts/story/19960430-string-of-big-flops-trigger-bombay-dream-merchants-to-struggle-with-changing-audience-833507-1996-04-30 
  10. ^ a b Aamir Khan's 10 BIGGEST Hits”. 2019年4月2日閲覧。
  11. ^ “The 100-crore Club”. The Times of India. (2009年1月18日). https://timesofindia.indiatimes.com/entertainment/hindi/bollywood/news/The-100-crore-Club/articleshow/3993923.cms 
  12. ^ a b c d Hooli, Shekhar (2017年5月1日). “Baahubali 2 overseas box office collection: Rajamouli's film beats Chennai Express, Kabali's lifetime record in 1st weekend” (英語). International Business Times. http://www.ibtimes.co.in/baahubali-2-overseas-box-office-collection-rajamoulis-film-beats-chennai-express-kabalis-725036 
  13. ^ a b Chumbhale, Ameya (2011年12月29日). “3 Idiots wins over Chinese, collects Rs 11 crore in two weeks”. The Economic Times. https://economictimes.indiatimes.com/industry/media/entertainment/3-idiots-wins-over-chinese-collects-rs-11-crore-in-two-weeks/articleshow/11286751.cms 
  14. ^ Three Idiots Creates History In China”. 30 December 2011. BoxOfficeIndia.Com. 2012年1月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年12月30日閲覧。
  15. ^ a b c DNA (2013年1月20日). “Directors worth Rs100 crore!”. Daily News and Analysis. http://www.dnaindia.com/entertainment/report-directors-worth-rs100-crore-1790618 2013年12月30日閲覧。 
  16. ^ Nandini Raghavendra (2012年2月11日). “Business of Bollywood: Why Rs 100 crore is the Biggest Star in Bollywood - Economic Times”. Indiatimes. オリジナルの2013年9月21日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130921054842/http://articles.economictimes.indiatimes.com/2012-02-11/news/31050052_1_box-office-collection-khans-entertainment-tax 2013年12月30日閲覧。 
  17. ^ a b Binoy Prabhakar (2012年8月28日). “Business of Rs 100-cr films: Who gets what and why”. Indiatimes. オリジナルの2013年9月22日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130922133336/http://articles.economictimes.indiatimes.com/2012-08-26/news/33386102_1_box-office-movie-rotten-tomatoes 2013年12月30日閲覧。 
  18. ^ Navdeep Kaur Marwah (2013年2月26日). “Rs 100 crore club is stupid: Arshad Warsi”. Hindustan Times. オリジナルの2013年2月27日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130227044428/http://www.hindustantimes.com/entertainment/bollywood/rs-100-crore-club-is-stupid-arshad-warsi/article1-1017742.aspx 2014年1月3日閲覧。 
  19. ^ Khanna, Parul (2013年12月6日). “The brave new world of Indie films”. Hindustan Times. http://www.hindustantimes.com/brunch/the-brave-new-world-of-indie-films/story-WCxWo5GFhiEbedltqs61eM.html 2013年12月29日閲覧。 
  20. ^ Joginder Tuteja (2013年9月3日). “Kareena, Asin, Deepika: Bollywood's Rs 100 crore club gals”. Rediff.com. http://www.rediff.com/movies/slide-show/slide-show-1-kareena-asin-deepika-bollywoods-rs-100-crore-club-gals/20130903.htm 2013年12月30日閲覧。 
  21. ^ Priya Gupta (2013年11月23日). “Box Office column discontinued”. Indiatimes. http://articles.timesofindia.indiatimes.com/2013-11-23/news-interviews/44388852_1_weekend-numbers-box-office-numbers-small-films 2013年12月30日閲覧。 
  22. ^ Aditi Pant (2012年12月27日). “I miss Delhi winter: Dibakar Banerjee”. Hindustan Times. オリジナルの2012年12月29日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20121229112005/http://www.hindustantimes.com/entertainment/tabloid/i-miss-delhi-winter-dibakar-banerjee/article1-981495.aspx 2013年12月29日閲覧。 
  23. ^ PTI (2013年12月6日). “Films cannot change society: Priyanka”. Indiatimes. http://timesofindia.indiatimes.com/entertainment/hindi/bollywood/news-interviews/Films-cannot-change-society-Priyanka/articleshow/26914624.cms? 2013年12月29日閲覧。 
  24. ^ Rajinikanth's overseas market doubles from Sivaji”. Economic Times (2010年10月23日). 2014年12月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年1月14日閲覧。
  25. ^ “7 Telugu movies which entered 100 Crore club !”. Apherald. (2016年4月28日). http://www.apherald.com/Movies/ViewArticle/125430/7-Telugu-movies-which-entered-100-Crore-club-/ 2019年4月5日閲覧。 
  26. ^ Success ka effect: Sairat to now be remade in 4 different languages! | Latest News & Updates at Daily News & Analysis” (英語). dna (2016年6月12日). 2016年6月12日閲覧。
  27. ^ It's official: Mohanlal's 'Pulimurugan' enters 100-crore club”. 2019年4月3日閲覧。
  28. ^ Anisha Francis (2013年12月1日). “Rohit Shetty dreams of a film city in Goa”. Indiatimes. http://timesofindia.indiatimes.com/entertainment/hindi/bollywood/news-interviews/Rohit-Shetty-dreams-of-a-film-city-in-Goa/articleshow/26658726.cms? 2013年12月29日閲覧。 
  29. ^ “Telugu Movie 650 Crores Bhahubali Box Office Collections”. Desiretrees. オリジナルの2017年11月7日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20171107015037/http://www.desiretrees.com/baahubali-bahubali-total-worldwide-box-office-collections/ 2016年10月25日閲覧。 
  30. ^ Boxofficeindia.com” (2013年10月5日). 2013年10月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年4月3日閲覧。
  31. ^ Meena Iyer (2009年1月8日). “'Ghajini' first Hindi movie to cross Rs200cr mark”. TimesOfIndia. TNN. http://articles.timesofindia.indiatimes.com/2009-01-08/mumbai/28028047_1_ghajini-producer-bollywood-film-hindi-film 2009年1月12日閲覧。 
  32. ^ “Ghajini collection details submitted to court” (英語). The Hindu. (2009年1月28日). http://www.thehindu.com/todays-paper/tp-national/tp-tamilnadu/Ghajini-collection-details-submitted-to-court/article16361228.ece 2019年4月3日閲覧。 
  33. ^ Top India Grossers All Time”. Box Office India. 2017年11月12日閲覧。
  34. ^ Cain, Rob (2016年3月20日). “Shah Rukh Khan's 'Fan' Aims To Continue Movie Megastar's Global Hit Streak” (英語). Forbes. オリジナルの2017年11月13日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20171113165918/https://www.forbes.com/sites/robcain/2016/03/20/shah-rukh-khans-fan-aims-to-continue-movie-megastars-global-hit-streak/ 2019年4月3日閲覧。 
  35. ^ Hungama, Bollywood (2017年1月7日). “Box Office: Aamir Khan’s Dangal eclipses Dhoom 3; becomes 3rd Highest worldwide grosser - Bollywood Hungama”. 2019年4月3日閲覧。
  36. ^ Mobhani, Suleman. (13 January 2015) Box Office: Comparison of the Top Grossers of 2014. Bollywood Hungama. Retrieved on 2017-01-01.
  37. ^ a b 10 highest worldwide grossing Bollywood movies, Asianet News, 8 June 2017
  38. ^ a b c 'Baahubali 2: The Conclusion' box-office collection: Film collects Rs 1000 crore nett in 30 days, The Times of India, 29 May 2017
  39. ^ ‘Dangal’ worldwide box-office collection: Aamir Khan-starrer crosses 1000-crore mark post release in China - Times of India”. 2019年4月3日閲覧。
  40. ^ Top Earners 1940”. Box Office India. 2011年1月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年9月26日閲覧。
  41. ^ Box Office 1941”. www.boxofficeindia.com. 2012年4月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年3月31日閲覧。
  42. ^ Archived copy”. 2013年10月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年10月16日閲覧。
  43. ^ Archived copy”. 2013年10月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年10月16日閲覧。
  44. ^ Box Office 1952”. Box Office India (2012年9月22日). 2012年9月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年4月3日閲覧。
  45. ^ Rajinder, Dudrah; Jigna, Desai (2008) (英語). The Bollywood Reader. McGraw-Hill Education. p. 65. ISBN 9780335222124. https://books.google.com/books?id=4Wz4AAAAQBAJ&pg=PA65. 
  46. ^ Archived copy”. 2012年9月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年9月22日閲覧。
  47. ^ Indian Films in Soviet Cinemas: The Culture of Movie-going After Stalin, page 211, Indiana University Press, 2005
  48. ^ a b c Box Office 1957, Box Office India, archived 22 September 2012
  49. ^ Box Office 1960”. Box Office India. 2012年9月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年6月10日閲覧。
  50. ^ “70 iconic films of Indian cinema”. Mint. (2017年8月18日). http://www.livemint.com/Consumer/bQ0uThQTjybnvoYe13twlJ/70-iconic-films-of-Indian-cinema.html 2017年10月25日閲覧。 
  51. ^ Boxofficeindia.com” (2012年9月22日). 2012年9月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年4月4日閲覧。
  52. ^ Ghajini, Box Office India, accessed 8 June 2017
  53. ^ 3 Idiots, Box Office India, accessed 8 June 2017
  54. ^ Cain, Rob (2016年3月20日). “Shah Rukh Khan's 'Fan' Aims To Continue Movie Megastar's Global Hit Streak”. Forbes. https://www.forbes.com/sites/robcain/2016/03/20/shah-rukh-khans-fan-aims-to-continue-movie-megastars-global-hit-streak/ 2019年4月4日閲覧。 
  55. ^ a b Top India Nett Grossers All Time”. www.boxofficeindia.com. 2019年4月4日閲覧。
  56. ^ a b c Bollywood 200 Crore Club Movies: Hindi Films”. Bollywood Movie Review (2017年4月3日). 2017年3月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月1日閲覧。
  57. ^ Why Business Of Dubbed Tamil Telugu Not Included”. Box Office India (2017年4月25日). 2019年4月4日閲覧。
  58. ^ Hooli, Shekhar (2017年4月16日). “'Baahubali' (Bahubali) lifetime box office collection: Prabhas starrer earns Rs 302 crore for its distributors”. International Business Times. http://www.ibtimes.co.in/baahubali-bahubali-lifetime-box-office-collection-prabhas-starrer-earns-rs-302-crore-its-649645 2019年4月4日閲覧。 
  59. ^ Cain, Rob (2017年11月13日). “Aamir Khan's 'Secret Superstar' Winds Down Its Domestic Run With ₹83 Cr./$12.8M Gross”. Forbes. https://www.forbes.com/sites/robcain/2017/11/13/aamir-khans-secret-superstar-winds-down-its-domestic-run-with-%E2%82%B983-cr-12-8m-gross/ 2019年4月4日閲覧。 
  60. ^ Bahubali 2 - The Conclusion - Movie - Box Office India”. www.boxofficeindia.com. 2019年4月4日閲覧。
  61. ^ Dangal v Bahubali 2 Worldwide Update, Box Office India, 1 June 2017
  62. ^ Boxofficeindia.com” (2012年9月22日). 2012年9月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年4月4日閲覧。
  63. ^ a b Latest Update On Dangal’s Worldwide Box Office Collections”. Koimoi (2017年6月23日). 2019年4月5日閲覧。
  64. ^ a b c Sergey Kudryavtsev. “Зарубежные популярные фильмы в советском кинопрокате (Индия)”. 2019年4月5日閲覧。
  65. ^ a b c Moscow Prime Time: How the Soviet Union Built the Media Empire that Lost the Cultural Cold War, page 48, Cornell University Press, 2011

関連項目[編集]