マサラ上映

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

マサラ上映(マサラじょうえい)とは、日本映画館で行われるインド映画上映スタイルの一種。マサラシステムマサラスタイルライブアクション上映とも呼ばれる。映画のジャンルであるマサラムービーとは異なる用語。

内容[編集]

自由に映画を鑑賞するスタイルがマサラ上映である。日本では"映画は静かに見る"のが常識とされるが、マサラ上映では映画に合わせて踊ったり歌ったり歓声や悲鳴をあげたりクラッカーを鳴らしたり紙吹雪をまいたり風船を飛ばしたりして観客が主体的に映画に参加する。ただし録画は禁止とされることが多い。インド映画またはボリウッド映画を上映する際にマサラ上映が行われることが多く、南インドのタミル・ナードゥ州では実際にこのスタイルの上映が行われているという。

歴史[編集]

2001年6月大阪の動物園前シネ・フェスタで『バーシャ! 踊る夕陽のビッグボス』が上映された時に"バーシャ! 普及委員会"の考案によって日本で初めてマサラ上映が行われた[1]。4回のマサラ上映では通常上映を遥かに上回る観客を集め、7月8日『パダヤッパ いつでも俺はマジだぜ!』がマサラ上映でアンコール上映される[1]銀座シネパトスでは8月に『バーシャ!』が上映され初日初回と最終日最終回でマサラ上映が行われた[1]。9月には神戸アートビレッジセンター京都みなみ会館で『バーシャ!』が公開されマサラ上映が人気を集める[1]。大阪・東京を中心にして定期的にマサラ上映が行われ動物園前シネ・フェスタは「マサラの聖地」と呼ばれるまでになったが2007年に閉館している[1]

2001年以後には主に関西の映画ファンによって散発的にマサラ上映が行われていた。2013年春『恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム』が公開された際渋谷のシネマライズでは毎週金曜日にマサラ上映が行われ、マサラ上映の人気が再燃する。渋谷クラブクアトロで行われた爆音マサラ、池袋パルコ屋上で行われた屋上マサラなども話題を呼び、大阪、兵庫、埼玉、広島、京都、千葉など各地の映画館・ライブハウスなどに人気が飛び火した。

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]