ハリヤーンウィー語映画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ハリヤーンウィー語映画
Haryanvi cinema
Indian Cinema Barnstar.png
映画撮影数
合計 33

ハリヤーンウィー語映画(ハリヤーンウィーごえいが、Haryanvi cinema)は、インドの映画のうちハリヤーンウィー語で製作された映画で、ハリヤーナー州に拠点を置く映画産業を指す。「ハリウッド(Harywood)」の通称で知られている。他の州政府とは異なり、ハリヤーナー州政府英語版はハリヤーンウィー語映画産業に対して助成金制度や娯楽税英語版の免税措置などの政策は実施していない[1]

歴史[編集]

初めて製作されたハリヤーンウィー語映画は、1973年に公開された白黒映画『Beera Shera』だった。同作を監督したK・K・カンドラは翌1974年に2本目のハリヤーンウィー語カラー映画『Harphool Jaat Julani Aala』も製作したが、大衆の人気を得られなかったため、その後長らくハリヤーンウィー語映画は製作されなかった。5年後の1979年にボリウッドシャーム・ベネガル英語版が短編映画『Karishi Pandit』『Chamatkaar』の撮影のためにロータク県英語版を訪れ、1983年にJ・P・コウシク英語版が3本目のハリヤーンウィー語映画『Bahurani』を製作した。同作は興行的には大きな成功は収めなかったものの、映画製作者たちにハリヤーンウィー語映画産業の将来性への期待感を抱かせることに成功した[1]。1984年にジャヤーント・プラバカールが監督した『Chandrawal』はハリヤーンウィー語映画で初めて興行的な成功を収め、同作はハリヤーナー州の他にデリーウッタル・プラデーシュ州西部英語版ラージャスターン州北部で人気を集めた。

2000年にアシュウィニー・チョウダリーが監督、アシュトーシュ・ラーナー英語版が主演を務めた『Laado』は興行的な成功を収め、インディラ・ガンジー賞 最優秀新人監督作品賞英語版を受賞した[2]。同作は初めてナショナル・フィルム・アワードを受賞したハリヤーンウィー語映画となった。2014年公開の『Pagdi The Honour』は第62回ナショナル・フィルム・アワード英語版で最優秀助演女優賞と最優秀ハリヤーンウィー語長編映画賞を受賞している[3][4]。『Satrangi』も第63回ナショナル・フィルム・アワード英語版で最優秀ハリヤーンウィー語長編映画賞を受賞し、2017年にハリヤーナー国際映画祭で6つの賞を受賞した。

主な作品[編集]

主な人材[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b “'Haryanvi movies need govt push'”. Times of India. (2010年10月6日). http://articles.timesofindia.indiatimes.com/2010-10-06/chandigarh/28259020_1_haryanvi-entertainment-tax-hindi-movie 2011年3月17日閲覧。 
  2. ^ Press Trust of India (2000年9月16日). “President to give away national film awards on Sept 18”. Indian Express. http://www.expressindia.com/ie/daily/20000916/ina16014.html 2011年3月17日閲覧。 
  3. ^ Desk, Online (2015年3月24日). “Complete List of The 62nd National Film Awards”. The New Indian Express. 2015年8月12日閲覧。
  4. ^ President Honours Cinematic Excellence at 62nd National Film Awards - May 03,2015”. outlookindia.com (2015年8月10日). 2015年8月12日閲覧。
  5. ^ India, a reference annual. Publications Division, Indian Ministry of Information and Broadcasting. (2001). pp. 285. 
  6. ^ “Political Statement”. Indian Express. (2010年6月10日). http://www.indianexpress.com/news/Political-Statement/631719 2011年3月17日閲覧。 
  7. ^ “Chandrawal-2: After years of honour killing, again a reel story - The Times of India”. The Times Of India. http://timesofindia.indiatimes.com/india/Chandrawal-2-After-years-of-honour-killing-again-a-reel-story/articleshow/12526701.cms 2019年6月11日閲覧。 

関連項目[編集]