トゥル語映画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
トゥル語映画
Tulu Cinema
Indian Cinema Barnstar.png
スクリーン 50
映画撮影数
合計 21

トゥル語映画(トゥルごえいが、Tulu cinema)は、インドの映画のうちトゥル語で製作された映画であり、年間5本から7本ほど製作されている[1]。「コースタルウッド(Coastalwood)」の通称で知られ、1971年公開の『Enna Thangadi』が最初のトゥル語映画であり、映画は主にトゥル・ナードゥ英語版の劇場で上映されている[2]。現在ではマンガロールウドゥピ英語版ムンバイ、湾岸諸国でも上映される産業に成長した。2005年公開の『Suddha』は、アジア・アラブ映画オシアン・シネファン・フェスティバル英語版で最優秀インド映画賞を受賞している[3][4][5]。2011年公開の『Oriyardori Asal』は、トゥル語映画史上最も成功した映画とされている[6]。トゥル語映画で最も上映時間が長い作品は『Chaali Polilu』の155分であり、マンガロールのPVRシネマズ英語版では470日間上映されるなどトゥル語映画最も興行的な成功を収めた映画とされている[7]

産業構造[編集]

トゥル語映画は約200万人のトゥル語話者を顧客とした映画産業であり、ウドゥピ英語版ダクシナ・カンナダ県英語版のみで上映されており、限定的にマンガロールムンバイドバイでも上映されている[8]。このため、トゥル語映画は観客優位の産業構造となっており、映画製作者は自身の創造性よりも観客が望む内容の映画を製作することを求められている[8]。1971年から2011年にかけて製作されたトゥル語映画は45本のみだったが、2012年から2016年にかけては21本製作されている[8]。『Oriyardori Asal』が興行的な成功を収めたことでトゥル語映画産業は急成長し、2014年に8本、2015年には11本の映画が製作された[8]

2014年公開の『Madime』はマラーティー語映画でリメイクされ、多言語映画でリメイクされた最初のトゥル語映画となり[9]、『Shutterdulai』はトゥル語でリメイクされた最初の作品となった[10]。2015年公開の『Eregla Panodchi』は2度目のリメイク映画となった。2016年公開のテルグ語映画Brahmotsavam』では、ヴァマナ・ナンダーヴァラが作曲したトゥル語ヒット曲「A...lele...yereg madme」が無断使用されたとして、250万ルピーの賠償金と製作者プラサード・V・ポトルリ英語版の謝罪を求めて訴訟を起こしている[11]

アイシュウィニー・コティヤンは『Namma Kudla』を製作し、トゥル語映画初の女性監督となった[12]。2014年5月2日公開の『Brahmashree Narayana Guruswamy』は50作品目のトゥル語映画として製作され[13]、『Panoda Bodcha』は75作品目[12]、2018年11月16日公開の『Karne』は100作品目のトゥル語映画となった[14]

代表的なトゥル語映画[編集]

公開年 作品名 製作者 監督 備考
1971 Enna Thangadi 初のトゥル語映画。
Dareda Budedi K・N・テイラー英語版 2作目のトゥル語映画。
1972 Bisatti Babu 州映画賞の最優秀トゥル語映画賞を受賞した最初のトゥル語映画。
1973 Koti Chennaya ヴィシュ・クマール 初のトゥル語歴史映画。
1978 Kariyani Kattandi Kandani アルーア・ビーマラオ 初のトゥル語カラー映画。
1993 Bangar Patler リチャード・カステリーノ リチャード・カステリーノ 国内外で映画賞を受賞したトゥル語映画。
September 8 マンガロールで24時間で撮影されたトゥル語映画(世界最速記録保持)。
2005 Sudda ラームチャンドラ・P・N英語版 第8回アジア・アラブ映画オシアン・シネファン・フェスティバル英語版で最優秀インド映画賞を受賞。
2014 Nirel ショーダン・プラサード ランジート・バージペ英語版 海外(ドバイ)で製作された最初のトゥル語映画。
Chaali Polilu プラカーシュ・パンディシュワール ヴィレンドラ・シェッティ・カヴール 最も興行的に成功したトゥル語映画であり、マンガロールで511日間上映された。
Madime メギナ・マラディ、バーラクリシュナ・シェッティ ヴィジャイクマール・コディアルバイル 多言語映画でリメイクされた初のトゥル語映画[9]
2015 Dhand ショーダン・プラサード ランジート・バージペ オーストラリアイギリスで公開された初のトゥル語映画[15][16][17]
Chandi Kori シャルミラ・カピーカド、サチン・サンダール デーヴァダース・カピーカド英語版 マンガロールとウドゥピで100日間上映された。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “The rise and rise of Tulu cinema”, The Hindu, (2016-08-29), http://www.thehindu.com/features/cinema/The-rise-and-rise-of-Tulu-cinema/article15616876.ece 2016年8月30日閲覧。 
  2. ^ Ee Prapancha: Tulu Cinema at 35
  3. ^ “Quiet voices from afar | Latest News & Updates at Daily News & Analysis” (英語). dna. (2006年11月11日). http://www.dnaindia.com/report.asp?NewsID=1063429/ 2018年5月7日閲覧。 
  4. ^ “Things fall apart”. The Hindu (Chennai, India). (2006年4月29日). http://www.hindu.com/mp/2006/04/29/stories/2006042903020300.htm 
  5. ^ “Filmmaker extraordinary”. The Hindu (Chennai, India). (2006年7月21日). http://www.hindu.com/2006/07/21/stories/2006072108810200.htm 
  6. ^ ‘Good acting, secret of success behind Oriyardori Asal'”. The Hindu. 2011年9月16日閲覧。
  7. ^ Oriyardori Asal headed for 175-day run in theatres!”. Dakshintimes.com. 2011年11月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年11月7日閲覧。
  8. ^ a b c d Tulu cinema returns to centrestage” (英語). epaperbeta.timesofindia.com. The Times Group. 2018年5月7日閲覧。
  9. ^ a b Details”. www.vijaykarnatakaepaper.com. 2016年3月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年5月7日閲覧。
  10. ^ “Shutterdulai, First Remake in Tulu”. The New Indian Express. http://www.newindianexpress.com/entertainment/kannada/Shutterdulai-First-Remake-in-Tulu/2016/02/18/article3282609.ece 2018年5月7日閲覧。 
  11. ^ Telugu blockbuster Brahomotsavam film team in a fix for copying Tulu song”. News karnataka. 2019年3月10日閲覧。
  12. ^ a b 17 Tulu movies ready in Coastalwood”. Udayavani. 2019年3月10日閲覧。
  13. ^ Tulu cinema reaches a milestone”. The Hindu. 2019年3月10日閲覧。
  14. ^ 100th Tulu language film brings industry’s opportunities, challenges to the fore”. The Hindu BusinessLine. 2019年3月10日閲覧。
  15. ^ “'Dhand' becomes first Tulu movie to release in Australia, more shows planned in Mumbai”. Dubai, UAE: Daijiworld.com. (2015年8月23日). http://www.daijiworld.com/news/news_disp.asp?n_id=338233 2011年5月20日閲覧。 
  16. ^ “In a first, Tulu Movie ‘‘Dhand’’ to be released in the UK on Oct 3rd”. Dubai, UAE: Newskarnataka.com. (2015年8月23日). オリジナルの2016年8月17日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160817103129/http://www.newskarnataka.com/nri/in-a-first-tulu-movie-dhand-to-be-released-in-the-uk-on-july-3rd 2011年5月20日閲覧。 
  17. ^ ‘Dhand’ Tulu film creates history in Israel with first houseful Indian film ever”. namma.tv. 2016年7月4日閲覧。

関連項目[編集]